ピクシブ百科事典

イカタマギン

いかたまぎん

『地球戦隊ファイブマン』に登場する怪人・合身銀河闘士の一体。
目次[非表示]

「イカタマギン!イカタマゴ!」

「これイカに!どうだ、タマげたか!?」

CV:依田英助
登場話:第30話「黒ゴルリン」

概要

銀帝軍ゾーン合身銀河闘士の一体で、シュバリエがイカギンとタマゴギンの合身により創り出した。爆発するたびに2個→4個→8個…と倍ずつ増加していく卵型の爆弾を放ち、負傷しても「イカ再生」で即座に回復・再生し、口から爆発性の煙幕・イカスミ爆弾を吐く。

活躍

東京を火の海にすべくシュバリエの命で出撃し、自身の能力を駆使してファイブマンを圧倒。後に自身の能力をシュバリエに強化され、身体能力が4倍、さらに爆弾は爆発する度に4倍に増えるようになり、しかもそれが最大10回、つまり1個の爆弾が最終的に104万8576個に増えるようになった。

再度出撃して地上を破壊するも、ファイブマンが新たに開発したスーパーファイブボールに敗北。

その後ゴルリン25号によって巨大化。鎖付き鉄球を振るう黒ゴルリンと共にスターファイブを追い詰めるも、アーサーの操縦するファイブロボと共に繰り広げられた2対2の鉄球ドッジボール戦で黒ゴルリンが転倒すると劣勢に追い込まれ、最期は自身も鉄球を身に受け爆散した。

関連タグ

地球戦隊ファイブマン 銀帝軍ゾーン 合身銀河闘士

関連記事

親記事

合身銀河闘士 がっしんぎんがとうし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イカタマギン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5

コメント