ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:河合義雄

概要

ドンゴロスが自ら生み出した合身銀河闘士。

腹部にテレビが埋め込まれたプテラノドンの姿をしているが、どういった素体が合わさったかは不明(銀河闘士同士ではなく、プテラノドン型の銀河闘士とTVを合体させたタイプとも思われる)。

とさかの部分のパラボラアンテナから発する「テラノ電波」でテレビを悪魔テレビに変える能力を有し、胸部のブラウン管に映し出される「スーパースペシャル番組」は銀帝軍ゾーンの幹部の攻撃を実体化させる他、黒ゴルリンを召喚する事ができる。

活躍

上記のテラノ電波でテレビばかり見ている人間の家のテレビを悪魔テレビに変え、強制的にゾーンの活躍を視聴させる事によってファンを増やそうと目論む。

戦闘ではスーパースペシャル番組でビリオンドルドラザザの攻撃を実体化させる事でファイブマンを攻撃し、更に特別出演としてシュバリエの攻撃を実体化させるが、ファイブブラックのファイブテクターによる特攻を受け敗北。

その直後、ドンゴロスに呼び出されたゴルリン35号に吸収されて巨大化する。
スターファイブを黒ゴルリンで苦戦させ、バイカン星人の銃撃でスーパーファイブロボを攻撃するが、妨害電波で映し出されたスーダラ節を歌うドンゴロスに自分も踊り出し、その隙にジェットナックルでブラウン管を破壊され、最期はスーパーベクトルパンチを受け爆散した。

悪魔テレビ

悪魔テレビさん(の中の人)


画像以外にもピエロ姿やタキシード姿の個体もいる。ゾーンの映像を映し、テレビばかり見ている人間を追いかけて見せ続ける。

ブラックの友人、テレビっ子・良夫という少年にも付くが、友達とのチームワークで破壊に成功する。

余談

モチーフはテレビプテラノドン
プテラノドンモチーフの怪人は『大戦隊ゴーグルファイブ』のテラノモズー以来、8年振りの登場となった。尚、これ以降プテラノドンはスーパー戦隊シリーズにおいて怪人モチーフには起用されず、専ら恐竜スーパー戦隊の戦隊ヒーロー及びその巨大戦力のモチーフに使われる様になる。

当初の名称案はプテレビギンだった。

関連タグ

地球戦隊ファイブマン 銀帝軍ゾーン 銀河闘士

バイオ次元獣:モチーフ構成はむしろ次作のこちらに近い。
ムカデンパンジー:こちらもテレビの電波を利用して人々を洗脳した特撮怪人。

メカザウルス恐竜戦車:恐竜+機械モチーフ繋がり。

関連記事

親記事

合身銀河闘士 がっしんぎんがとうし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「テラノTVギン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 840

コメント