ピクシブ百科事典

キングモア

きんぐもあ

「ザ☆ウルトラマン」に登場する太古の鳥。
目次[非表示]

データ

別名:古代怪鳥
身長:77メートル
体重:4万6千トン
出身地:太平洋・ポイント3166


概要

元は小さなだった幼鳥・モアが治療で受けたX線や電気ショックの影響で巨大化した姿。
鋭いで攻撃するほか、巨大なで飛行し、これを使って大型タンカーも揺るがすほどの強烈な突風を巻き起こして敵を攻撃する。

自分に優しく接してくれたムツミを慕って彼女を探して船を襲って女性を捕まえるも、ムツミでないと知ると投げ捨てたりもしながら、ムツミを見つけると彼女を連れ去るが、悪意は全く、誤ってに落としてしまった時は彼女を襲うから助ける為に果敢に立ち向かっていくという行動をみせている(とはいえサイズがサイズなので一蹴りで追い返していたが…)。

空中での挙動はジョーニアスを上回っており、彼女を救出する為にやって来たジョーニアスを苦戦させるが、最後はムツミの頼みを聞いたジョーニアスのリトル光線で元の姿へと戻り、新たな安住の地を求めて何処かへと飛び立っていった。

モア

別名:幼鳥
身長:不明
体重:不明
出身地:太平洋・ポイント3166


極東ゾーンのポイント3166に存在していた謎の発光現象を起こしていた無人島に棲息していた絶滅したといわれるモアによく似た小さな。翼の下にもう一対小さい退化した翼を持ち、飛行の際は二次的に大きなを得て、それのみを羽ばたかせてを飛ぶことができる。

絶滅した飛べない巨大な鳥・モアが小さくなったような姿をしている為、生き延びる為に進化の過程でを縮小化させ飛行能力を持つようになったモアの末裔ではないかと科学警備隊は推測していた。

住んでいたが地殻変動で海の底へと沈み棲み処を失った為、新たな住処を求めて飛んでいた所、事故で豪華客船・サフラン丸に激突。大怪我を負って船上につらくしてしまうが、気味悪がられてそのまま放置されていたところへ、海上で起きた変異(モアが住んでいた無人島現象)の調査へ向かい途中の星川ムツミに助けられ船医に手当てを受ける事になる。

治療一環としてX線や電気ショックを施されるが、それが原因で(本作では)標準的な怪獣サイズ=キングモアへと変貌してしまった。

なお、傷の治療の為にX線や電気ショックを施されキングモアへと変貌したのは一種の先祖返りを起こしたものと推測されている。

余談

ウルトラマン超闘士激伝」ではこの回を踏まえ、第二回大会でムツミをモデルにした女性隊員がミューの世話をした城野エミがモデルの女性隊員と共に看護班として登場している(マニアックなネタがとかく目立つ本作では友里アンヌでは在り来たりなためか)。

関連項目

モア(鳥類) ウルトラ怪獣 ザ☆ウルトラマン

コメント