ピクシブ百科事典

ストリウムギャラクシー

すとりうむぎゃらくしー

ストリウムギャラクシーとは、ウルトラマンオーブのフュージョンアップ形態の一つ。本編に登場しないゲームオリジナル形態。
目次[非表示]

「宇宙の悪に立ち向かう光」

データ

身長50m ()
体重5万トン ()


ウルトラマンフュージョンファイト!カプセルユーゴー1弾のカードの裏面の記載で初めて判明(これまでフュージョンファイト!公式サイトでもストリウムギャラクシーの情報は載っていたが身長と体重までは記載されていなかった)。

概要

ウルトラマンタロウウルトラマンマックスの力でフュージョンアップした形態。属性は「猛」。
名前の由来は、ストリウム光線+マックスのアイテム・マックスギャラクシー

玩具『DXオーブリング』で当初から存在が判明していたが、『ウルトラマンフュージョンファイト!』第6弾にてようやく登場。
ストリウムギャラクシーは一番最後に公開されたフュージョンアップであり、フュージョンファイト無印弾のトリを飾った。

昭和平成におけるウルトラマンNo.6、第2期ウルトラマン、21世紀ウルトラマンの3番目、両方ともバラエティ豊かでコミカルな話も多かったという繋がり、ギンガストリウムをひっくり返したネーミングが元ネタだと思われる。
また、両方ともレッド族(セブンタイプ)かつ「最強がコンセプト」のウルトラマンであり、意外と共通点が多い事もあるだろう。
ちなみにタロウはパワー重視、マックスはスピード重視であり、色は同じでもギャップのあるバランスの良い組み合わせである。実際ゲーム中でも、組み合わせるカードによるがタイリョクとハヤサに優れ、実装当初は作れる最大ステータスの合計値が全フュージョンアップ中トップとまさに最強・最速にふさわしいフュージョンアップであった。

登場する際はマックスのぐんぐんカットのように、腕を突き上げずに現れる。

容姿

全体的にタロウに近いが、額回りの形状や体の模様はマックスに準じており、肩にはマックスのものに似たプロテクターがある。
また、他のセブンタイプ同士のフュージョンアップと異なり、目の形状は変わっていないため、顔は同じタロウを使ったフュージョンアップであるバーンマイトに近い印象を与える。
体色は赤が大半を占め、フュージョンアップ形態としては珍しく黒部分が首回りにしかない。

額のランプの色は紫。

必殺技

  • ストキシウムカノン

名前の由来はストリウム光線+マクシウムカノン。
マクシウムカノンと全く同じ方法で放つ光線だが、エネルギーを溜める際はストリウム光線と同じように体が虹色に輝く。

  • ストキシウムダイナマイト
  • ストキシウムタイフーン
完全超全集にて名前のみ判明している技。

関連タグ

ウルトラマンオーブ ウルトラマンフュージョンファイト! フュージョンアップ 
ウルトラマンタロウ ウルトラマンマックス
ウルトラマンギンガストリウム

pixivに投稿された作品 pixivで「ストリウムギャラクシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1659

コメント