2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ストーカー団

すとーかーだん

主にアニポケにて、ストーカー行為を行ったキャラクターやポケモンにつけられる。
目次[非表示]

少年サトシの被害報告例

世界各地を旅するポケモン大好き少年に対して15年以上ストーカーを続けている団体。
しかも、国内4地方だけでなく、本部任務で海外出張した米国、本部の命令もなく(むしろ進んで)勝手に仏蘭西まで付け回している。世界を駆け巡った筋金入りのストーカーである。
そんなベテラン中のベテランだが近年とあるポケモンに目を付けられているもよう

初代ヒロイン。サトシに自転車を弁償させる為にストーカーしていたが、指摘されるまで忘れている事が多かった。ポケモン海外進出により暴行被害は少なくなったという。
たまにサトシが(弁償のことかはさておき)忘れてないかで再会することはある。

過去にサトシ一行を付け回したポケモン。歌うで眠らせて顔に落書きを行う嫌がらせを行っていた無印編ストーカー。その後もちょくちょく登場している模様。

5代目ヒロインの一人。最近サトシを付け回しているカロス地方の有力新人ストーカー。かつては旅仲間になってサトシに同行していた。現在はサトシと別れホウエン地方でポケモンパフォーマーとして修行の旅へ……のはずがこのタグのついたイラストでは新しい地方の女主人公の姿を装ったりスクールメイトの少女らとサトシの絡みをまじまじと見張っていたり等(違う方向への)パフォーマーとしての腕を磨いているようだ。そんな彼女もある男にアプローチされている。

ピカチュウ声を出すサトシのライバルの一人。OPでサトシに付きまとうシーンがある。

ニャースの被害報告例

過去にニャースを付け回していたポケモン。ニャースはたびたびしっぽを噛みつかれるという被害を受けた。ブルーが進化した事でニャースの命に危機が訪れたが、飼い主のカネヨが現れ進化したブルーを連れ返った為、ニャースのしっぽは守られた。

少女ハルカやヒカリやセレナ達の被害報告例

歴代ヒロインのハルカヒカリ、そしてセレナも軽度のストーカー被害に遭っていた模様。

  • ハーリー・・・嫌がらせの為にハルカを付け回すが、シュウに阻止される。
  • コウヘイ・・・ヒカリを付け回していたが、一時的にターゲットをムサシに変更。
  • ティエルノ・・・セレナに一目惚れし会うたびにアプローチしている。二次創作ではそれがエスカレートしている模様。

ムコニャの被害報告例

面識がある訳でもない彼らを自らの住処に連れていくが、ムコニャが住処を抜け出そうなら、たとえ海上だろうが、街中だろうが、猛スピードで現れ連れ戻す。ある意味彼ら以上のストーカーである。
被害もなにもわざわざムコニャ達を回収する理由が不明な上、ニャースにして通訳が不可能という予断を許さない回収方法に尽きる。
縄張りに入ったサトシを大木を倒しながら追いかける、海中にいたムコニャ達の乗った潜水艦を剛腕でこじ開ける等本来の種族らしい行動もあるが、水面を走る、キテルグマバイクで自走する、ビルぐらいなら助走無しで飛び移る等ピカチュウ(90)より素早さが遅いとは到底考えにくい。またこのキテルグマは特別身体能力が優れてるだけでなく、ぶっ飛ばされたムコニャの落下地点先や会ったことすらないはずのポケモンのテレポート先へ当然のごとく待ってたりと、もはや剛腕だけでは説明がつかない事態に発展している。

彼らの食糧を目当てに付きまとい、食糧がなくなったら、腹癒せに彼らに暴行し、いざという時にも役に立たない穀潰しなストーカー。
もちろん、彼らも黙って見ている訳でなく、遂には緑を切ろうとするに至った。

関連タグ

アニポケ ストーカー
ロケット団 ムコニャ
アリー姫:なりそうでならなかったキャラ

関連記事

親記事

サトシの旅シリーズ さとしのたびしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1213368

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました