2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

バラソーサー

ばらそーさー

バラソーサーとは、特撮テレビドラマ『超力戦隊オーレンジャー』に登場する敵怪人の一体。
目次[非表示]

登場話数:第2話「集結!!超力戦隊」、第33話「5大ロボ大暴れ」

概要

バラノイアが開発したマシン獣の一体。
頭部と一体になった円盤状の胴体に、伸縮自在の触腕と複数の脚を備えており、この他にも円盤の端には触手めいた装飾も複数施されている。胴体には左右に一基ずつ赤いセンサーらしき部位も備わっており、全体としてあたかも巨大な顔のように見えるのも特徴である。
先行して投入されたバラドリルと同様に、言語能力はないにせよある程度の自律行動が可能となっているが、一方でこの時点でバラノイアはマシン獣を巨大化させる術を持っていなかったため、最初から巨大な姿で建造されている。

デザインは大畑晃一が担当。企画初期の段階で描かれたラフスケッチの中から選ばれた一体であり、クラゲがデザインモチーフとなっている。大畑は後年のインタビューにおいて、この手の多足の怪人が往々にして、中の人の足の周りに他の足がブラブラしがちになると前置きしつつ、バラソーサーに関してはそうした多足や、巨大感の表現が結構上手く行っていたと評価している。

作中での動向

バラノイアの執事であるアチャコチャが、バッカスフンドからの宣戦布告を代読するため東京に降り立った際、湾岸地帯より現れタコンパスと共に市街地のへの攻撃を開始。破壊したビルや、幼稚園バスを積み上げバラノイアの強大さを人々に誇示してみせた。
この様子を月面より観察していたバッカスフンドも、バラノイアによる地球征服開始を記念した素晴らしいモニュメントが出来た、と満足げな様子を示している。

無論人類もただこの暴虐を座視するつもりはなく、超力を得て5人揃ったオーレンジャーが応戦。この時点でレッド以外の4人は初の超力変身を遂げた状態である上、巨大戦力も未完成であったため、バーロ兵の一団こそ蹴散らしはしたもののバラソーサー相手には、その体格差から苦戦を強いられてしまう。
加えて積み上げられた幼稚園バスの中には園児たちもまだ取り残されており、いつ火の手が回るかも分からぬ状態であったため、レッドとグリーンがバラソーサーの注意を引きつけ、その間に残りの面々が園児たちの救出を敢行。
園児たちの救出後も、5人のレンジャーアイテムによる集中攻撃をものともせずにいたバラソーサーであったが、合体武器であるビッグバンバスターの連射には耐えきれず爆散。この人類からの思わぬ反攻を前に、バラノイアは全軍団の一時撤退を決定し、物量攻勢による制圧からマシン獣の投入による人間社会の内部崩壊へと、その戦略を転換させる結果となった。

物語後半では、バッカスフンドの最終作戦の一環で「超マシン獣」の1体として再生され、同じく超マシン獣として蘇ったバラドリルに続いて夜の市街地上空を威圧するかのように飛行。人々にさらなる恐怖を与えた。
しかしブロッカーロボの奇襲作戦によってアジトは崩壊、バラミサイラーなどの生き残りとともに脱出したバラソーサーは、ブルーブロッカーと空中戦を繰り広げるが、キングスマッシャーの射撃を受け再び敗北を喫した。

関連タグ

超力戦隊オーレンジャー マシン帝国バラノイア マシン獣

UFOのザルワック - 『天装戦隊ゴセイジャー』に登場する敵怪人の一体。第2話に登場したUFOモチーフの怪人、という共通項を有する

関連記事

親記事

マシン獣 ましんじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バラソーサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 277

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました