ピクシブ百科事典

プロ野球選手名鑑

ぷろやきゅうせんしゅめいかん

プロ野球選手名鑑(ぷろやきゅうせんしゅめいかん)とは、その年度ごとにプロ野球選手の12球団に所属するプロ野球選手の顔写真や年俸などが掲載された名簿のような書籍である。
目次[非表示]

概要

毎年、2月中旬〜下旬にさまざまなスポーツ新聞社から発行される。

プロ野球だけでなくメジャーリーグ、他のスポーツではバスケットボールラグビー大相撲などの名鑑も発刊されている。

同じ出版社からポケットサイズのものと大判サイズのものが2種類発行されるケースが多い。書いてあることは変わらないが、大判サイズの方が写真が大きく、データ量も豊富である。前者は500円、後者は1000円前後で販売される。昔のものはメルカリヤフオクなどのインターネットショッピングで高値で取引されることがあるが、戦後のものは印刷が粗く顔写真が見えないことが多い。

掲載順として、前年のペナントレースの成績順(日本シリーズを制したリーグが先頭)に並び、各球団の項目は一軍監督→一軍コーチ二軍監督→二軍コーチ→投手捕手内野手外野手(近年のものは出版社によって最後に育成選手)の順番に掲載されている。また投手から外野手までは、ポジション別に背番号順に並んでいる。

各所詳細には上部に背番号、登録名、出身地年齢年数生年月日利き手、右端、もしくは左端に選手の顔写真、中部には経歴年俸血液型愛車、理想のタイプ、趣味特技、下部には番記者寸評や今年の成績やプロでの通算成績が掲載される。

出版社によっては主力選手や黄金ルーキーの選手の写真だけが大きかったり、首脳陣や育成選手の顔写真が割愛されたものもある。

目印として、ドラフトで指名されたルーキーや初めて来日した外国人選手は「◯」、他球団からの移籍で入団した選手は「△」、MLBや独立リーグなどを経て入団した選手は「◻︎」の記号が使われることが多い(引退して監督やコーチになった元選手も同様)。

昔のものはモノクロだったが、東北楽天ゴールデンイーグルスが参入した2005年ごろからは、カラーとなっていった。また、選手の奥さん子供名前と年齢(未婚者は好きな芸人か理想のタイプ)や、自宅住所まで掲載されていたことがある。前者は1990年、後者は2005年に掲載が完全に廃止された。

現在では、過去のものが動画としてYouTubeにもアップロードされている。(関連動画を参照)

選手名鑑を発行している主な出版社

週刊ベースボール
ベースボールマガジン
slugger
ニッカンスポーツ
毎日新聞
宝島書店
コズミック出版

ほか

関連動画

1959年(読売ジャイアンツ長嶋茂雄天覧試合ホームラン馬場正平が在籍している。)

1989年(福岡ダイエーホークス。福岡移転元年。)

2000年(オリックス・ブルーウェーブイチロー所属最終年。)

関連タグ

プロ野球 名簿

関連記事

親記事

プロ野球 ぷろやきゅう

兄弟記事

コメント