ピクシブ百科事典

五航戦いじめ

ごこうせんいじめ

加賀からの虐めにより、五航戦の子(翔鶴、瑞鶴)がかわいそうな目に遭う内容につけられるタグ。
目次[非表示]

概要

艦隊これくしょん』の二次創作において、五航戦姉妹(翔鶴瑞鶴)が一航戦加賀さんにいびられるというネタがある。
これは史実において一航戦の艦載機乗りが自身の慢心から練度の劣る五航戦に由来する五航戦の子なんかと一緒にしないでというセリフが基になったものだと思われる。(このような慢心が災いしたのか、ミッドウェー海戦で「妾の子」以下のはずだった筈の米機動部隊に無惨にも敗れて全滅。皮肉にも五航戦に一航戦の座を譲る事になるのだが…)
内容は艦載機を赤城さんに喰われるなどのギャグ要素の強いものから、まともに食事(補給)させてもらえない、唐突な暴力、が痛むようなシリアスな内容のもの、新型機を取り上げる等陰湿ないじめまで様々である。
これに対する五航戦の態度も様々なものになっており、反抗するだけならまだマシ方で本気で目の敵にし、先輩としての敬意すら捨てるというものまである。
※このネタの所為で加賀を嫌う人もいることに注意(最悪の場合は憲兵さんこっちですというタグがつけられることもある)。

現時点では加賀と翔鶴との組み合わせが多く、加賀はたいてい「いじわるな先輩」「お局」「」的な役柄で、おっとりした性格の翔鶴が嫌々ながらもそのいびりに逆らえずにいる…というキャラ付けがされている。
反対に瑞鶴の場合は、元々の性格故か言うときは相手が先輩格であろうとしっかり言う。
五航戦は共同戦果をふくむと敵空母を三隻を撃沈と加賀以上の活躍をしており、僻まれているのかもしれない。

なお史実上で五航戦に対する辛辣な発言が確認されているのは主に赤城航空隊の搭乗員のみであり、加賀航空隊やその搭乗員とはあまり関連性がない
また、ミッドウェー以降の翔鶴・瑞鶴には、ミッドウェーで生還した多くの一航戦搭乗員が合流して一緒に活躍している。

甘えた考えに対し、オブラートな言葉で諭す先輩空母の鑑な加賀さん。


加賀さんと節分


傾向としては何も悪い事をしていない五航戦に対し、加賀が一方的に理不尽な虐めを行っている作品が多く見受けられる。


※加賀さんの名誉の為に言っておくと…

無論、これらはあくまでファン(?)による二次創作上のものであり、公式には一切関係がない。
加賀が五航戦に対していじめや嫌がらせを行っている描写はゲーム内には存在しない。むしろ2014年夏のイベント限定ボイスでは明確に五航戦に対して多少なりとも評価する内容の発言をしている。

現に加賀を秘書艦に据えた際の時報では五航戦の力量を下に見るような発言を行う一方で、時報では「あの子達もなかなかやるのね」と彼女らを認めるかのような発言もしている。*ただし、技量を下に見る発言と違ってこちらは五航戦と言ってはおらず、他の軽空母の子達という可能性もある。
また、公式作品でも「ミッドウェー以降の一航戦」に対して認める節も見せている。
ノベライズの一作「鶴翼の絆」では、あくまで瑞鶴と翔鶴が「ミッドウェー海戦後に一航戦を継いだ」という史実的事実に焦点が当てられており、加賀は厳しくも「それなりに期待してるわ」というコメントを残し、どこか優しさも見えている。
五航戦とは関係ないが、ファミ通comもプレイ漫画「艦々日和」第24話でも、隼鷹相手だが後の二航戦を見守る描写がある(作者の水本正氏がその当時まだ瑞鶴と翔鶴を所有してなかった事も付け加えておく)
また、現時点では同じ一航戦の赤城については五航戦を見下している素振りは一切見せていない。

キャラソン「暁の水平線に」は赤城の藤田咲と翔鶴型の野水伊織によるデュエットであるが、その時の公式ツイッターの紹介が「一航戦旗艦二代」である事から翔鶴の事を「一航戦」であったことは公式も忘れていないようである。

即落ち加賀さん



風評被害の一因

ミッドウェー海戦で正規空母が4隻沈んだ後に一航戦を継いだのは翔鶴と瑞鶴だが、そのことを加賀が「恐怖」「憎悪」しているというイメージを持つ提督も少なくない。
その一因となる作品が4コマ吹雪、がんばります!」第4話である事は否めないだろう。

『艦これ』初のイベントとなる泊地イベントで瑞鶴と翔鶴が見つかった事に対して、加賀は後輩の無事を喜ぶどころか「加賀さんは恐怖しているッ!」状態に陥っていた。
理由は「自分と赤城、蒼龍飛龍(当時の二航戦)」が沈んだ後の一航戦を彼女達が継いだ事で4コマ特有の「トラウマスイッチ」が入るというものである。
このネタが「ミッドウェー以後の一航戦(=新一航戦)」に対して加賀さんが消極的ではないかと思われる所以の一つだろう。

ちなみに前述のノベライズ「鶴翼の絆」では、加賀さんは「私と赤城さんの一航戦」が最強の機動部隊であった矜持はあれど「ミッドウェー以後の一航戦」の存在そのものは否定しておらず、むしろ気にかけている。
そもそも真珠湾攻撃以前は鳳翔さんや龍驤と一航戦を組んでた事もある。

また、この事が尾を引いているのか、新一航戦の一人である大鳳の登場回での赤城・加賀は彼女との交流が殆どなかった(大鳳を一航戦として認める事は当時の一航戦空母=瑞鶴と翔鶴を認める事になるため、前述の「ミッドウェー以後の一航戦に恐怖する加賀」というネタに相反する)。
しかし瑞鶴達よりさらに後の新一航戦である天城の登場回において、新一航戦としての活躍を望む天城と雲龍を悲しげに見守る赤城と加賀の姿が描かれており、「あの子達が一航戦だった時の事を考えると…」と艦載機も燃料もない状態で一航戦を継いでしまった天城達の境遇を憂う発言もしている。
これにより「吹雪、がんばります!」においても「ミッドウェー以後の一航戦に恐怖する加賀」というネタが否定される事になった

なお、似たような理由で空母護衛部隊の第四駆逐隊に所属していた「舞風」がきたときも史実で赤城を雷撃処分した経験から「恐怖しているッ!」状態に陥っていた。
(舞風の名誉の為に言っておくが、雷撃処分は爆撃の炎上によるもので、舞風が赤城を裏切ったりしたわけではない。実際、史実の第四駆逐隊の乗員の手記からは赤城を雷撃処分する事への辛さが書き記されており、舞風のケッコンカッコカリ時のボイスから見ても「赤城を雷撃処分して辛かったのは他ならぬ舞風自身」である事も忘れないでもらいたい)
舞風に対してもただ恐怖するだけではなく、トラウマを克服すべく積極的に努力していたことものちに語られている。
ちなみにその後、巻雲(飛龍の雷撃処分を担当)の登場に当たっては、トラウマの発動を避ける為かから遠征に連れ出されている
飛龍曰く「嫌な仕事させちゃってごめんね」との事。
また、舞風の相棒で舞風と共に赤城の雷撃に関わった野分が登場した際には舞風協力の元、事前に野分を歓迎するための準備を行っていた。…尤も、方法が抱き枕「仮想野分ちゃん」を使ったイメトレというブッ飛んでいたものだった上に異様にハイテンションになっていたため内情は吹雪達の言う通り「既に取り乱している」だったようだが。また、舞風、野分と同じ第四駆逐隊で同様に雷撃に関わった萩風が登場したときも「仮想嵐ちゃん&萩風ちゃん」でイメトレしていた模様(余談だが、舞風自身も後にアイオワ着任を聞いた際、香取共々同様に「仮想アイオワさん」を使ったイメトレで事前対策をしており、それ以前に夕張がアイオワの主砲を拾ってきたときには絶叫しながらビビッて飛び上がった直後硬直していた香取の陰に隠れ、大規模作戦の救出対象と知って立ったまま気絶する香取の横で休暇願を出した後だった)。

いずれにせよ、少なくとも『艦これ』においては、同じ公式作品でも媒体によってキャラクター性格付けや立ち位置が変わり得るという事を肝に銘じておきたいところ。
特に「吹雪、がんばります!」では、加賀が赤城のことを呼び捨てにしている基本ギャグ寄りの作品であるので、小説のような他媒体とのブレが大きい所も否定出来ない。
とはいえ本作でも以後の空母寮の回などを見る限り、落ち着いた後の加賀さんと翔鶴・瑞鶴の仲が悪いわけではなさそうな事も付け加えておきたい。一緒に食事もすれば炬燵にも入っているし。そもそも、実の所、第4話以降加賀が明確に五航戦へのネガティブな発言を行ったのは現状第5話と第85話の2回だけで、第85話は五航戦に対して直接言ったわけではなく、自分の負傷を皮肉った発言となっている
また、上記の天城達への態度から、ミッドウェーや舞風、野分らへのトラウマを乗り越えて新一航戦に対しても冷静に見る事が出来るようになったとも受け取れる。

また、ノベライズ「鶴翼の絆」では瑞鶴自身も一航戦を継いだ事に矜持を抱いている上で、加賀と折り合いをつけており「ミッドウェー以後の新一航戦」に対して史実での事実として認識しているなど4コマの受け取り方もある。

なおアニメ版では、丁寧な言葉ながら一歩も退く気のない加賀とこれまた正面からぶつかる瑞鶴という構図であり、最終的には和解の糸口も掴めたようなので、この展開にはならないとみられる。

関連項目・タグ

艦隊これくしょん(二次創作) 一航戦 五航戦 新一航戦
加賀(艦隊これくしょん) 翔鶴(艦隊これくしょん) 瑞鶴(艦隊これくしょん) 
今日も鎮守府は修羅場です ア艦これ いじめ 銀髪の子かわいそう

pixivに投稿された作品 pixivで「五航戦いじめ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4300818

コメント