ピクシブ百科事典

佐渡(列車)

さど

旧国鉄が1985年(昭和60年)まで上野駅~新潟駅間で運行していた急行列車の名称。165系電車が最初に使われた列車の一つでもある。
目次[非表示]

概要

上野駅から、高崎線上越線信越本線の3線にわたり運転されていた急行列車の名称。
「佐渡」の列車名は、1956年11月19日のダイヤ改正で初めて登場。
当初は客車列車だったが、1962年6月に信越本線の長岡~新潟間が電化されると、
翌1963年3月から急行型電車165系での運用を開始する。
折しも、下り「弥彦」と上り「佐渡」が165系のデビューを飾った列車だった

1965年以降は「ゆきぐに」「弥彦」「越路」が統合され、最盛期には1日8往復となっていたが、
1968年10月の「ヨンサントオ」改正以後は急行の特急格上げや快速格下げなどが大幅に実施され、
1970年には1往復が「とき」に格上げとなり、1往復が上野~長岡~直江津間に経路変更のうえで「よねやま」に改称される。
この時点で「佐渡」は5往復であった。

しかし、「とき」などに乗客が奪われる格好で利用率はその後次第に伸び悩むようになる。
1973年にはビュッフェの営業休止、1978年にはビュッフェ車・サハシ165形の連結が中止される。
さらに1982年11月15日の上越新幹線部分開業によってグリーン車・サロ165形も1両のみの連結になり、
運行本数も3往復にまで減ってしまう。

そして1985年3月14日、上越新幹線が上野駅に乗り入れるようになると「佐渡」はついに力尽き、
全廃されてしまったのであった。

「懐かしの急行佐渡」

JR化後の2003年6月21・22日に運転された臨時急行列車。
上沼垂運転区(当時)に在籍していた165系2編成を使用して運転されたが、
リバイバル列車ということで湘南色に塗り替えたうえで運転された。
普通座席車のみの6両編成。

関連タグ

国鉄
とき:同じく上越線を走った特急列車。およびその後身である上越新幹線の列車。
高崎線 上越線 信越本線:運行線区。
165系:使用車両。1963年3月~廃止時まで使用された。

この記事のカテゴリ

列車 鉄道 急行 列車愛称

pixivに投稿された作品 pixivで「佐渡(列車)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 457

コメント