ピクシブ百科事典

因幡影狼佐

いなばかげろうざ

アニメ「BLEACH」に登場するオリジナルキャラクターである。
目次[非表示]

CV:古川登志夫

概要

アニメ『BLEACH』の『護廷十三隊侵軍篇』に登場するオリジナルキャラクター。
『護廷十三隊侵軍篇』は『破面篇』と『死神代行消失篇』の間の繋ぎの物語で、オリジナルストーリーである。

人物

護廷十三隊十二番隊第七席の技術開発局断界研究科課長である。
普段は腰の低い人物だが本性は慇懃無礼で、涅マユリを尊敬すると言いながらも能力は自分が上と豪語するなど傲岸な性格をしている。第七席でありながらその実力は隊長格をも凌駕しており、不安定な状態とはいえ虚化状態の一護の月牙天衝を打ち消すほどの高い実力を併せ持っている。恐らく七席という席次としては史上最強の人物。

護廷十三隊隊長格の霊骸を率いて謀反を起こした。
改造魂魄(モッドソウル)の開発者で、尖兵(スピアヘッド)計画が廃止になった際に改造魂魄に関する情報を特殊な霊圧に封じ込め、断界に放り込んだ。
過去に由嶌欧許であった頃は、体の脆弱さから自分の実力を認められず他人に劣等感を抱いており、このことから「仲間」という存在を否定し、孤独こそが強さの証という概念を持つに至った。
自分を認めなかった尸魂界を破壊することが目的であった。

関連イラスト

護廷十三隊侵軍篇
「影狼佐がかまってくれない」



関連タグ

BLEACH アニブリ
由嶌欧許 護廷十三隊 涅マユリ

pixivに投稿された作品 pixivで「因幡影狼佐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12523

コメント