ピクシブ百科事典

目々連

もくもくれん

障子にたくさんの目が張り付いたような姿の妖怪の一種。
目次[非表示]

概要

目々連は目目連とも表記される妖怪で、初出は鳥山石燕の画集『今昔百鬼拾遺』。
障子にびっしりとが映るという妖怪で、人を驚かせる以外に特に悪さはしない。
妖怪探訪家を名乗る村上健司は、石燕の創作妖怪とする説を唱えている。一方、水木しげるの娘が修学旅行先で目撃し、結果的にスランプだった父を立ち直らせたという逸話が知られている。


登場作品

上記の概要と違った恐ろしい妖怪で、空家の障子に潜み、泊まったものの布団に憑りついて絞め殺してしまう。正体が発覚するまでは鬼太郎の攻撃が一切効かない強敵であった。

凸凹珍ゲーマー


※イラスト左
第1話「忍者でござる」第5話「凸凹珍ゲーマー」第6話「目玉の王子様!」にまたがり妖怪軍団モクモクレンとして登場。ヌリカベの弟分で、幻覚を見せる能力を使い人間を迷路に閉じ込めたり、気に入った鶴姫と結婚しようとした。コートを着た怪しい男がモチーフである。なおパワーレンジャーで見たアメリカ人からも悪趣味な怪人として認識されている。

Chinomanako


伝承の元となったという設定の外道衆チノマナコとして登場。異世界から乱入してきた者たちのためにシンケンジャーの世界初のある存在になってしまう。

妖怪メダル34


忍びの37「手裏剣伝説~ラストニンジャへの道~」で牙鬼軍団妖怪モクモクレンとして登場。キーボードを素体に生み出されたためコンピューターに強く、ゲーム世界に子供達を閉じ込めて恐れを集めようとする。


関連項目

百目 一目連 百目鬼

pixivに投稿された作品 pixivで「目々連」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14381

コメント