ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

目々連

目々連は目目連とも表記される妖怪で、初出は鳥山石燕の画集『今昔百鬼拾遺』。

障子にびっしりとが映るという妖怪で、人を驚かせる以外に特に悪さはしない。

妖怪探訪家を名乗る村上健司は、石燕の創作妖怪とする説を唱えている。一方、水木しげるの娘が修学旅行先で目撃し、結果的にスランプだった父を立ち直らせたという逸話が知られている。


一説には障子を囲碁盤に喩え、棋士の念が障子に宿ったという説もある。

また、山田野理夫の『東北怪談の旅』では空き家で商人がこれに遭遇し、江戸に持ち帰って眼科医に売り捌いたという話が語られており、水木しげるの妖怪えほんにも取り上げられた。

集合体恐怖症の方は苦手かもしれない妖怪である。


登場作品

上記の概要と違った恐ろしい妖怪で、空家の障子に潜み、泊まったものの布団に憑りついて絞め殺してしまう正体が発覚するまでは鬼太郎の攻撃が一切効かない強敵であった。

5期ではドイツの古城に移り住み、鬼太郎達を苦しめたが、バックベアードに用済みと見做されてコップの中に閉じ込められて退場した。

現代のモクモクレン

第1話「忍者でござる」第5話「凸凹珍ゲーマー」第6話「目玉の王子様!」にまたがり妖怪軍団モクモクレンとして登場。ヌリカベの弟分で、幻覚を見せる能力を使い人間を迷路に閉じ込めたり、気に入った鶴姫と結婚しようとした。コートを着た怪しい男がモチーフである。なおパワーレンジャーで見たアメリカ人からも悪趣味な怪人として認識されている。

Chinomanako

伝承の元となったという設定の外道衆チノマナコとして登場。異世界から乱入してきた者達のためにシンケンジャーの世界初のある存在になってしまう。

妖怪メダル34

忍びの37「手裏剣伝説~ラストニンジャへの道~」で牙鬼軍団妖怪モクモクレンとして登場。キーボードを素体に生み出されたためコンピューターに強く、ゲーム世界に子供達を閉じ込めて恐れを集めようとする。



関連タグ

百目 一目連 百目鬼

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29457

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました