ピクシブ百科事典

お奉行(鬼滅の刃)

おぶぎょう

お奉行とは、漫画『鬼滅の刃』に登場する上弦の鬼、半天狗の過去に関わるキャラクター。(メイン画中央のちょんまげの人)
目次[非表示]

貴様のしたことは
他の誰でもない貴様が責任を取れ

概要

かつて半天狗が人間時代に働いていた屋敷で盗みを働き、その事を告発しようとした仲間を殺害した罪で送られた町奉行の人間。

自分は盲人だからそんなことはできないと無罪を主張する半天狗に対し、

「お前は私が喋りだす前から私を見ていただろう」

と彼が盲人だというのが嘘であることをすぐに見抜き、そのまま死刑を言い渡した。しかしこれを逆恨みされ、鬼舞辻無惨の手によって鬼と化した彼に復讐として襲われてしまう。

しかしお奉行は殺される瞬間まで決して臆することなく、半天狗に対して

「私を殺しても無駄だ」
「いつか必ずお前にもその報いが来る」

と毅然とした態度で言い放ち、いかなる窮地にあろうとも心の折れない芯の強さを持った人物であることが伺える。

これまで過去回想のあった鬼は、そうなってしまった何らかの理由や悲しい過去があり、半天狗にもそういう過去があるのかと期待した読者もいたが、実際はそんな事などいっさい無く、彼は人間だった頃から救いようもない悪党に過ぎなかったことが明かされた。

その過去回想もたった2ページの見開きだけだったが、それだけでもこのお奉行が有能過ぎると印象に残った読者も多かった。

半天狗コラ

そしてお奉行がさらにネット上で有名になった理由はその見開き2ページがコラ素材として使いやすく、作中言ってない名言をコラで生み出してしまったことも一因。

桐須真冬に対して
「いずれその心が氷解して」「結ばれる時が必ずくる」

中野四葉に対して
「その儚い仮面を剥され」「報われる時が必ずくる」

関連タグ

鬼滅の刃 半天狗
コラ 鋼メンタル 奉行

関連記事

親記事

半天狗 はんてんぐ

pixivに投稿された作品 pixivで「お奉行(鬼滅の刃)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9691

コメント