ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

お奉行(鬼滅の刃)

おぶぎょう

漫画『鬼滅の刃』に登場するキャラクター。本項では、半天狗の過去に登場した「禿頭の男性」についても(簡単に)解説する。
目次 [非表示]

「貴様のしたことは」

「他の誰でもない貴様が責任を取れ」


概要

CV:江川大輔


人間だった頃の半天狗を裁いた町奉行

それ以外の情報は一切不明で、しかも作中に登場したのは半天狗の走馬灯による「見開き2ページの継ぎ接ぎ過去回想」の中のみ。

ちなみにこの回想シーンは11コマあるが、お奉行の出番はその内の5コマ(半天狗の裁きで3コマで、襲撃された直後の2コマ)。

 

当然ながら本編には未登場のモブとすら言えないようなキャラクターだが、そのほんの僅かな描写だけでも忘れがたい印象を残し、精神力だけならに匹敵する逸般人と高い評価を得た。


彼もまた鬼滅の刃を代表する名脇役の一人である。


活躍

自身を盲人だと偽って、盲人たちに色々と世話を焼いていた長者の屋敷で盗みを働き、その恩知らずな行為を告発しようとした仲間を口封じに殺害した罪で、白州に送られてきた人間時代の半天狗と対峙。別の町でも盗みと殺しを繰り返していた彼に「同情の余地もなし」と厳しく断罪する。

「滅相もない、儂には無理でございます」

「このように目も………」

弱者の素振りで嘘を並べ立てて無罪を主張する半天狗に


「貴様は目が見えているだろう」


「以前この白洲の場へ来た按摩(あんま)は私が話し始めるまで塀の方を向いていたぞ」


奉行として確かな観察力で瞬時に嘘を見抜き、証拠を述べ

「儂が悪いのではない!この手が悪いのだ!」

更に見苦しく言い逃れするのを見るや、

「手が悪いと申すか!! ならばその両腕を切り落とす!!」

追及を緩めず容赦なく糾弾、全く反省の色を見せない彼に情状酌量の余地なしとしてそのまま打ち首を言い渡した。


これを逆恨みされ、鬼舞辻無惨の手によって鬼と化した彼(の分身)に復讐として寝込みを襲われてしまう。

だが殺される瞬間も決して臆する事なく、鬼となった半天狗に対しても


「貴様が何と言い逃れようと事実は変わらぬ 口封じしたところで無駄だ」

「その薄汚い命をもって罪を償う時が必ずくる」


瀕死の重傷を負いながら尚も毅然とした態度で言い放った、いかなる窮地にあろうとも心の折れない芯の強さを持った人物である事が窺える気高き最期を遂げた。

 

そして時は大正。

己の責任から逃げ続けてきた卑劣な悪鬼は(後に、かつてない大金星を挙げる)一人の鬼狩りの少年の振るう刃によってようやく斬首され、その罪の報いを受けることとなった。


お奉行もこれで少しは浮かばれただろうか。


人気

こんな具合でシリアスながらもネタ的な人気を獲得した名脇役、お奉行。

もちろん彼自身もそうだが、それ以上に半天狗の走馬灯である「つぎはぎ状態のコマ割り」や、彼の「台詞の汎用性の高さ」が(コラ素材としても)大人気になり、時には作品の壁すら越えてコラが作られたほど。

そして第2回人気投票では「半天狗を裁いた奉行」として199票を獲得して38位に輝いた。

順位が近いのは36位・恋雪の212票、37位・鱗滝左近次の201票、39位・真菰の193票、40位・堕姫の180票(妓夫太郎は158票で42位。41位は茶々丸・179票)。いずれも重要キャラ達ばかりである。

 

本作が誇るネタモブキャラの最高峰・サイコロステーキ先輩こと「に刻まれた隊士」が、223票獲得の35位である事を考えると大健闘だったと言え、ファンの間でもここはある意味非常に注目度の高い戦いだったようだ。ちなみに累は236票で33位。32位には本作の作者がランクインしている。

 

なお半天狗自身は僅か28票の62位であり、彼の分身体は哀絶が8票、それ以外連中は全員ランク圏外という体たらくだった。

言っておくが半天狗はしっかりとした出番があって多彩な分身体も披露した為に、たった5コマしか出てないお奉行に比べれば遥かに恵まれていた。

にも拘らず半天狗自身は7倍以上、哀絶は約25倍もの差があり、こいつらを足して36票にしてもなお5倍以上の票差をつけられている。

この結果からは半天狗の不人気さと、わずかな出番でこれ程の人気を誇るお奉行の愛されぶりが窺える。やはり両者の人間性の差が出たのだろうか。


アニメでは10話で先んじて一言だけフラッシュバックで初登場。目つきの鋭さや指摘の仕草、何より半天狗の視点であることから、原作未読者には「弱者を責め立てる悪代官」と受け止められる感想も散見された。翌11話では回想シーンもより明確になり、死に際に断言した上述のシーンが視聴者に響き、「炭治郎が斬ったことで報われて良かった」「鬼殺隊で柱の一人になってもおかしくなかった」と好反応なツイートが多数を占めた。


禿頭の男性

「なんでお前さんは人から盗むんだ…。しかもあれほど目の見えぬ私たちに優しくしてくれた方から…。旦那様は知らぬふりをしてくださっているが、私が許せぬ。これから、奉行所へ行く。」CV:(不明)


半天狗の過去に登場した禿頭の男性。お奉行と同じく本名は不明。生まれながら盲目のようで、人間時代の半天狗が、自分をはじめとした多くの盲目の人々に親切にしてくれた旦那様に盗みを働いたことが許せず、奉行所へ(半天狗を連れて)行こうとしたが、その後半天狗に刃物で殺害された。


彼に旦那様と言われていた男性がどういう人物かも同じく不明だが、上記の発言を聞く限り、周りから慕われている人物と思われる。


余談

後に半天狗と同じ上弦の鬼である猗窩座の回想で、人間の少年だった頃に奉行所で裁きを受ける描写があるが、もしも彼らがほぼ同時代かつ同地域に住んでいたとしたら、この時の奉行も彼と同一人物の可能性がある。


江戸時代には盲人しか就けない官職の「検校」があり、創作作品ではこの地位を目当てに盲人のふりをする「偽検校」が登場することがある。


アニメでも声付きで登場したものの担当声優が公表されなかったため、現在はクレジットに登場している役柄不明の10話11話出演声優たちの中からファンが推測している状態になっている(ちなみに声質から江川大輔との推測が多い)。

ちなみにサイコロステーキ先輩は登場回はノンクレジットながら役名が記されていないのは坂泰斗氏のみであるため、CVは彼だと容易に断定できる。



関連イラスト

お奉行


共通の関連タグ

鬼滅の刃 半天狗

 


お奉行についての関連タグ

奉行


鋼のメンタル黄金の精神:正にこの通り。


サイコロステーキ先輩:同じく、少ない出番で忘れがたい印象を残した名脇役繋がり。ただしこちらは職務に強い信念や高い志を持っていたとはあまり言い難い。


禿頭の男性についての関連タグ

禿頭 盲目


悲鳴嶼行冥:同作に登場した盲目キャラ繋がり。但しこちらはある程度の感覚は把握できる為、作中最強キャラである。

関連記事

親記事

半天狗 はんてんぐ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213106

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました