ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:中山さら、スーツアクター:神尾直子

データ

  • 登場話:Episode.12「ベビーシッター・シンドローム」
  • 身長:47m(縮小化時:215cm)
  • 体重:2t(縮小化時:90kg)
  • 出身地:オカーナ星


概要

アヒルのような嘴を持つ怪獣のような風貌をしたオカーナ星人の雌の赤ん坊。

見た目は2mと赤ん坊の割に巨大だが、それはいつも咥えている特殊なおしゃぶり(後述)のおかげであり、これでも出来る限り小さくしたほうらしい。

オカーナ星人の鳴き声には単体でも凄まじい破壊力を持っており、その破壊力に目を付けたエージェント・アブレラによって誘拐され宇宙空間でも移動できるバリアのついた揺り篭に乗せられ移送されていたが、宇宙船が事故に遭って放り出され地球に漂着した。
後に捜索依頼が出ていない迷子として地球署に届けられ、その泣き声で地球署に大打撃を加えた。

ウメコをいたく気に入り、一緒にいると落ち着く為彼女が世話をすることになった。
最初は悪戯好きな性格とパワーと体重でウメコを苦労させたが、徐々に愛情を覚えエイミーを育てることにする。

しかしその泣き声の悪用を企んだエージェント・アブレラ率いるイーガロイドに襲われ、デカレッドデカピンクに守られ車で逃走したものの途中でおしゃぶりを落としてしまい、巨大化。
倒されていなかったイーガロイドの操縦する怪重機デビルキャプチャー3」に捕獲されそうになる。ウメコがキレて通常の数倍の威力を発揮したデカレンジャーロボにデビルキャプチャー3は破壊されたが、おしゃぶりを探そうとするウメコを追いかけようとして転んだため大泣きしてしまう。
周囲に凄まじい被害を出したが、ウメコの歌によって落ち着き眠りにつく。

その後はバンがおしゃぶりを見つけて咥えさせられ2mの大きさに戻る。その後ようやく連絡がついた両親に無事引き取られ故郷に帰って行った。

元々、オカーナ星人は非常に巨大な宇宙人であり、大人の平均身長は180m、赤ん坊の彼女も身長50mに達し、そのパワーはすでに怪重機レベル。そのため他所の惑星では体を縮小させる何らかの形をした器具を備え付けている(エイミーも食事で一旦外した後自分から咥え直しており、赤ん坊ですら必需品と心得ている様子)。

ちなみにオカーナ星には喧嘩(特に夫婦喧嘩)は存在しないのだが、その理由は他でもなく爆弾並みの破壊力を持つオカーナ星人の鳴き声が非常に危険なためらしい。まさに『破壊と暴力からは何も生まれない』という言葉を地でいく種族である。

更にオカーナ星における『赤ちゃんに飲ませるミルク』は地球における豆乳にとても似ているようで、作中でも空腹からエイミーが泣きだした際はウメコは豆腐店のお世話になった。

余談

作中ではこれが初のアブレラ主犯の事件であるが、この時点でデカレンジャーは真犯人である彼にたどり着けてはいないまま物語は完結した。

名前と出身星の由来は「可愛いベイビー」で有名な中尾ミエから。

声を担当した中山さら氏は本作がスーパー戦隊シリーズ初出演である。

関連項目

特捜戦隊デカレンジャー エイリアン(デカレンジャー)

ゲルマー星人バイズ・ゴア…平均身長5.8cmというオカーナ星人とは真逆の性質を持つ小型アリエナイザー

サイラギン教師兄妹の世界の小学生の宇宙人

バラベイビー9年前の世界の赤ちゃんの泣き声を武器にする怪人

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「オカーナ星人エイミー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 132

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました