ピクシブ百科事典

カメハメハ大王

かめはめはだいおう

カメハメハ1世(1758年?~1819年)。ハワイ諸島を統一し、ハワイ王国を建国した初代国王(在位:1795~1819年)。一般に「カメハメハ大王」と尊称され、近代ハワイの祖として現在も島民の尊崇を集めている。
目次[非表示]

生涯

ハワイ語で「メハ」は「孤独な、寂しい」などの意味があり、カ・メハメハKamehameha)で「孤高の人」「静かなる人」などと訳される。

彼の生まれについては文献が乏しく、1758年頃と言われるが諸説ある。
ハワイ島に生まれ、島内を掌握すると、1795年にハワイ王国を建国。1810年には全ハワイ諸島を統一した。

イギリスから火器を導入して軍備の近代化に努めるとともに、太平洋に勢力を伸ばす欧米列強に対しても優れた外交感覚でハワイの独立を維持した。

銅像

一般にカメハメハ大王の姿としてイメージされる黄金のマントをまとった銅像は、実はカメハメハ1世自身をモデルとしたものではない(写真もない時代なのでしょうがない)。
1878年、7代国王カラカウアの時代に建立されたもので、王宮に仕える男性の中から、大王の威厳を表現できる美男子を選んでモデルとしたものである。ホノルルのハワイ州最高裁判所前ほか、ハワイ島に2か所の計3つの像が立っている。
ミニチュアはハワイ土産としてもたくさん売られている。

カメハメハ大王をモチーフとしたもの


関連タグ

ハワイ 大王

関連記事

親記事

ハワイ はわい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カメハメハ大王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました