ピクシブ百科事典

キハ31

きはさんじゅういち

キハ31形とは、国鉄→JR九州に在籍する一般形気動車。

概要

1987年国鉄民営化直前に、九州地区の老朽車両の取替えを促進し、経営基盤の整備を図る目的で、JR九州になった後の製造分も含めて両運転台車が23両製造された。
ワンマン運転対応の17m車で、軽量ステンレス車体を採用。
車内はクロスシートで、一部は新幹線0系から流用。
後に大分所属車の5両がロングシートに改造されている。
人吉所属のキハ31 14は運用開始間もない頃のいさぶろう・しんぺい用として座席の一部が畳敷きに改造されていた。この車両はいさぶろう・しんぺいの車輌置き換えにより快速「九千坊号」として運用されたが現在は一般運用に戻っている。
なお、トイレは設置されていない。

キハ31 20は2004年くま川鉄道に移籍してKT311形として運用されたが、2013年に運用離脱して廃車となった。本形式の初の廃車でもある。

現在は筑豊本線福北ゆたか線以外)・後藤寺線日田彦山線日豊本線)・三角線肥薩線で運行されている。

関連タグ

鉄道 気動車 JR九州 くま川鉄道
キハ32 キハ33 キハ54

pixivに投稿された作品 pixivで「キハ31」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2062

コメント