ピクシブ百科事典

ギルガザムネ

ぎるがざむね

アニメ『機甲戦記ドラグナー』に登場した「究極のメタルアーマー」。
目次[非表示]

スペック


  • 形式番号:YGMA-14
  • 頭頂高:28.3m
  • 運行自重:176.8t
  • 最大発進重量:299.7t
  • 重量比:0.801(ドライ)、1.698(CMP+A/B)
  • 動力:JTF-7M型 超小型核融合炉×2
  • 出力:50万ポンド(ドライ)、78ポンド(CMP)、アフターバーナー時28万ポイントプラス
  • 最大速度:1475ノーチカルマイル(2732Km)
  • CMP時間: MAX時47秒、回復時間CMP≦5、5秒~CMP=47~19秒
  • 武装:100連装デュアルミサイルポッド(右肩アーマー裏)、2連装デュアルミサイルポッド(左腕籠手)、75mm自動砲KDA44型(胸部に16基内装)、SIM-96型MLCミサイル「対艦ミサイル」(股間)、白兵戦用ハイブリッドブロードサーベル
  • 装甲:シモールB型パッシブ装甲(厚さMAX375mm)
  • 探知装置:イメージセンサーASV2M型、重力場感知システム GLV4型
  • 開発者:ギガノス軍秘密工場
  • 所属:統一帝国ギガノス軍
  • 搭乗者:グン・ジェム、ハイデルネッケン、ドルチェノフ

本来はギルガザムネの標準武装ではなかったが、グン・ジェムが搭乗する際に専用サイズの青竜刀を要望し、その後正式採用された模様。なおドルチェノフ機は青竜刀ではなく長刀を装備。


概要

ギガノス軍が中国の秘密工場で完成させた巨大メタルアーマー(MA)。
それまでのMAとは全く異なるイメージの機体で、外見は鎧武者を思わせるもので、そして単機で部隊を殲滅させることが可能なほどの火器を満載している。
機体そのものも28mというMAとしては巨大な体躯で、フォルグユニット(飛行ユニット)も申し訳程度に背部にへばりついているように見えるが、機体各所に備えられたスラスターと思考コントロールシステムにより見かけによらず素早い動きをする。
思考コントロールシステムは機体と人間を直接リンクさせるシステムで、操縦者の思考をダイレクトに機体に伝え、機体の操作はメタルアーマー自身に行わせるという、ある意味「人機融合」ともいえるものである。しかしこのシステムは未完成であり、操縦者の脳波に強い負担を掛けてしまい、最悪の場合精神崩壊に至ってしまう。
また、搭載しているセンサーには致命的な欠陥があり、重なった目標を認識できない。

劇中での活躍

ドラグナーとの戦いでゴルとガナンを失い、復讐に燃えるグン・ジェム大佐が秘密工場で試作された機体に強引に乗り込み発進させる。しかし思考コントロールシステムの欠陥によって狂乱状態に陥ってしまい、味方であるはずのジンが乗るスタークダウツェンを斬り付け爆死させてしまう。そして本来の性能を発揮することが出来ないまま、青竜刀を見切ったドラグナー隊によって撃破される。

その直後、増加生産された機体にハイデルネッケン少佐が搭乗してドラグナーに戦いを挑む。思考コントロールシステムの欠陥は5分間の制御システムを組み込むことで解決しているが、インターバルタイム中は性能が落ち、まともに戦闘を行うことも不可能になる。そしてセンサーの欠陥をドラグナー隊に突かれ、こちらもあえなく撃破される。

ギガノス機動要塞での最終決戦ではドルチェノフが搭乗し、マイヨ達を追い詰めるが、困ったことにセンサーの欠点は改修されておらず、母親の解放によってリベンジを果たしに来たケーンにその弱点を突かれ、ケーンとマイヨの合体攻撃によって撃破される。ドルチェノフはその場から逃げ出すも脱出装置が作動せず、機動要塞と運命を共にすることとなった。

また量産型も少数が生産されたようだが、実戦投入されることはなかった。

スーパーロボット大戦での活躍

スーパーロボット大戦A』『スーパーロボット大戦MX』『スーパーロボット大戦GC』『スーパーロボット大戦XO』に登場。

特に『MX』では、終盤になんとあの三輪防人が乗り込んでプレイヤー部隊に殴り込みをかけてくる(但し操縦は捕虜となったギガノス兵)。しかしその頃には自軍部隊の戦力はフルに整っており、はっきりいってただの雑魚でしかない。そして倒すとパイロットが死亡したため三輪も脱出できずに爆死する。ざまぁ

余談

想像がつくと思うが、ネーミングの由来は清酒「菊正宗」である。
また、『ドラグナー』の放映期間は、一大ブームを巻き起こしたNHK大河ドラマ独眼竜政宗』と被ってもいた。

関連タグ

機甲戦記ドラグナー メタルアーマー
ギガノス帝国 グン・ジェム ドルチェノフ
グレイズ・アイン:後世に登場した、ギルガザムネ同様「人機融合により巨体にも拘らず俊敏な機動力を誇る」「搭乗者の精神に異常をきたす」機体。ただしこちらはギルガザムネとは異なり、人間を「生体ユニット」として機体に直接組み込んだという非人道的なものである。

pixivに投稿された作品 pixivで「ギルガザムネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7441

コメント