ピクシブ百科事典

ジャイアントトード

じゃいあんととーど

ライトノベル、及びテレビアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』に登場するカエル型モンスター

概要

始まりの街アクセル周辺に生息するカエル型モンスター。
見た目はカエルそのままだが山羊一頭丸のみにできる大きさで、春頃になると卵を産むために家畜の牛を襲い、農家の人や子どもが毎年行方不明になる!という…
カズマアクアが冒険者として最初に挑んだクエストが「3日以内にジャイアントトード5匹を退治する 討伐報酬 10万エリス」というものだったが、冒険初心者のカズマは逃げ惑うばかり、それを見てバカ笑いしていたアクアが丸飲みにされたところでようやく1匹目を倒した。粘液まみれでヌルヌルになったアクアは女神の怒りと悲しみを乗せた技「ゴッドブロー」でジャイアントトードに挑むが…
(ジャイアントトードには打撃技が効かないとギルドで言われていたにもかかわらず)

…再び食われ、カズマに救出される羽目になった。

ジャイアントトードの肉は多少の硬さはあるが淡白でさっぱりしていて食材として喜ばれ、カズマとアクアのその晩の食事となったが、1匹分の肉の買取金額 = 5000エリス=一日の土木作業のバイト代、「命がけなのに土木作業のバイトと変わらない」とカズマには嘆かれた。

このあとめぐみんが仲間に加わり、めぐみんのエクスプロージョンで3匹目が倒されたが、その余波でやってきたジャイアントトードにめぐみんが食われ、別の場所でアクアが食われた所をカズマが倒してようやくクエスト達成となった。

この後ダクネスが話を聞きつけてカズマ達の仲間に加わったが、ジャイアントトードは金属を嫌うので鎧を身に着けたダクネスが食われることはないだろう。(ダクネスが喜びそうな案件だが)

2回戦目

アルダーブ亭爆破の件で投獄されたカズマを脱獄させるためにめぐみんが囮のつもり(無駄な行為だった)でエクスプロージョンを放ったことで、冬眠中のジャイアントトードが目覚めてしまったため、セナの監視の元、ダクネス抜きのカズマ達が後始末をすることになったが…。
エクスプロージョンで何匹か倒したものの再びめぐみんが食われ、セナを含めた3人で逃げ惑う羽目に。冬にも拘らず動きはまるで落ちていなかった。
(原作では逃げるだけだったがアニメではアクアとセナは食われる。しかもセナの場面はやたらエロく描かれていた)
いよいよ追い詰められる、というところでゆんゆんが加勢し、冬眠から覚めたジャイアントトードは全滅した。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャイアントトード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 279597

コメント