ピクシブ百科事典

ディオと奇妙なジョジョたち

でぃおときみょうなじょじょたち

ディオと奇妙なジョジョたちとは、ジョジョの奇妙な冒険を題材としたうたの氏作のギャグ漫画である。
目次[非表示]

概要

ディオと奇妙なジョジョたちとは、ジョジョの奇妙な冒険第一部パロディ化した、うたの氏によるギャグ漫画である。
全17話。

特徴は細かい原作ネタや巧みな伏線回収、本編の展開とかけ離れているようで、実は大筋は殆ど同じということ、原作では絶対にありえないジョナサンとディオの仲の良さであり、
ギャグ作品でありながら「ディオが善人だった場合のジョジョ」が真面目に描かれている。

登場人物

ディオ・ブランドー

ジョースター家の養子になるが、初っ端からキャラの濃すぎるジョースター父子に圧倒されて考えるのをやめた
本家のように野心があるわけではなく、ジョナサンに巻き込まれて大概悲惨な目に遭っている苦労人。ちなみに犬好き。
ツェペリのしつこい勧誘に「おれは人間をやめたくはないぞ」と泣きながら宣言したが、不慮の事故で哀れ吸血鬼に。
吸血鬼になってさえもジョナサンの理不尽な強さを恐れており、ジョナサンを怒らせた時は恐怖で震えていた。
首を失ったジョナサンを庇おうと肉体を失う覚悟で波紋を使いタルカスを倒すが、その後のある行為が元でひと悶着起きることに…。
怪しいものを見ると「せずにはいられない」癖があり、それがもとで酷い目にあったが百年後も治らなかった

ジョナサン・ジョースター

ジョースター家の長男。初登場時点でディオと同い年であったにも関わらず、ディオの倍の身長を持つガチムキマッチョであった。
少々傍若無人で案外根に持つタイプ。ちなみにあんまり紳士じゃない。徐々に原作DIO化している…?
波紋を完全マスターしており、吸血鬼のディオに「やっぱお前人間じゃないわ…」とまで言わしめる人間離れしたチート。
うっかり首の骨を折っても平気だったり、波紋が練れない状態ですら翌日には傷が完全回復したとか…。
「首を吹っ飛ばされた後もしばらくは大丈夫」と言った通り、首だけになっても元気にいじけ続けていた。
自分が知っている知識を語り始めると止まらない傾向がある。
百年後も健在で、むしろ化物っぷりが進化している。

ジョージ・ジョースター

ジョナサンの父親。言動こそまっとうな紳士なのだが、女装癖や露出狂変態
ジョナサンの時計を下着代わりにしてジョナサンに刺殺された。以来ジョナサンに死ぬほど嫌われている。

ダニー

ジョナサンの愛犬。なぜか炎に包まれており、口から炎を吐くこともできる。
只の犬ではない所が、流石はジョナサンの愛犬と言ったところか。
ディオもダニーの事が好きで、よく一緒に遊んでいるようだ。

エリナ・ペンドルトン

ジョナサンのガールフレンド。やはり彼女もジョナサンの彼女だけあってか、
いきなり初対面のディオにファーストキスをしてジョナサンを怒らせてみたりとアレ。
2話ではジョナサンとディオの3倍の身長を持つ巨人に成長した。遠近感ブレイカー。
それ以外は原作同様の心優しい美女で、ディオとジョナサンの一番の理解者。

ロバート・E・O・スピードワゴン

ジョナサンの…友人…?
初対面のディオに「ゲロ以下の臭いがプンプンする」という理由で燭台を蹴りつけ顔に大火傷を負わせるが、一応ディオに続く常識人。
ジョナサンを慕っているのはもちろん、ディオのことも友人として認識している様子。

ウィル・A・ツェペリ

ジョナサンの波紋の師匠。
常人には「パウパウ」としか聞こえない波紋語しか喋れない。
ディオに波紋の素晴らしさを伝えるため、骨折した腕の治療を実演しようとした。
しかしディオが骨折していなかったため、無理矢理骨折させて治そうとするが、うっかりディオの腹を突き破った。
その後も諦めず、契約書を手にディオが泣き出すまで勧誘が続けられた。
私と契約して波紋使いになってよ!

タルカス

ジョナサンに殴られたディオの血しぶきが死体に飛び散り、ゾンビとして復活した。
基本的に原作と同じ。

黒騎士ブラフォード

タルカスと同じく、ディオの血でゾンビとして復活した。
しかし刎ねられた首を見て生前のメアリーの記憶を思い出し、高潔な魂を蘇らせた。
その後はただ感動するだけで何もしてこなかった。

第一話

ディオと奇妙なジョジョたち



関連タグ

二次創作漫画
ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド
ジョジョの奇妙な夏休み・・・本作の続編。第3部「スターダストクルセイダース」を元にしたギャグ漫画。

pixivに投稿された作品 pixivで「ディオと奇妙なジョジョたち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2218001

コメント