ピクシブ百科事典

ドドリアンボム

どどりあんぼむ

島袋光年の漫画『トリコ』に登場する特殊調理食材。
目次[非表示]

概要

 『トリコ』に登場する、世界一臭い食材とされる植物。その名の通りドリアンに似た形の果実の先端に一本だけつける。おそらく世界に1本しかが生えていないと思われるが、あまりの臭さにより兵器として使用された事もあるため、IGOが生息地(正確には鉄平が変な気を起こすまで絶滅していたためその残り香の残る地域)を立ち入り禁止にしている。
 なお、画像はドドリアンボムから数㎞離れた地点にいる観測者のである。

特徴

 臭い
 この一言に尽きる。ドドリアンボムの臭さは異常であり、300年前に絶滅した生息域ですらその残り香が肥溜め並に臭いという信じがたい特性を持つ。熟した果実が落下した際にはその臭いは爆裂して四方八方に飛び散り、100㎞以内のが一瞬で枯れ冬眠していたが飛び起き周囲のが浮いたとされる。
 これを採取に向かったトリコ小松は死にそうなで生息域に向かい、発見した際には持ってきた保存食腐敗、さらにまで朽ち果てた
 「そんなんなら防護服着ればいいじゃないか」と思うかもしれないが、ドドリアンボムは特殊調理食材であり、丸腰の生物でしか捕獲できず、過去に宇宙服を着用して取りに行ったら実が萎れてしまったという記述が存在するため、このような無謀な挑戦を行わなければならなかったのである。
 結果、なすすべもなく実は落下して地面に激突し、トリコと小松は一瞬で気絶。臭いは人間界全体に飛散し一瞬だけ全世界の人々がをしかめたという(サニーにおいてはその匂いで泡を吹いて気絶した。しかしゾンゲにおいては全く気付かずにゲームをしていた)。その後もトリコと小松は「あまりの臭さに跳ね起きる→臭いをモロに嗅いで気絶」を繰り返した挙句ようやく臭いに慣れ、捕獲に成功した。(しかし、捕獲後その匂いが体に染み付いてしまい、周りの人々から遠ざけられてしまい、危うく「一生臭いキャラ」として生きていく羽目になりそうになった。なお、匂いはドドリアンボムを食うことによって解決した。)
 その後、占い料理人モンチーの調理により恵方巻きの具にされ、トリコとリン結婚式では「デザート虹の実ゼリーの具材として使用された。

関連項目

顔芸 再生屋 鉄平 モンチー

pixivに投稿された作品 pixivで「ドドリアンボム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 400

コメント