ピクシブ百科事典

ハニープリズン

はにーぷりずん

『トリコ』に登場する国際グルメ機構「IGO」管轄の世界三大グルメ刑務所の一つ。
目次[非表示]

概要

己の欲の為にグルメ八法を破り、人々を苦しめた犯罪者が送られる「グルメ刑務所」。その中でも、人間界では死刑もしくは完全終身刑(最低懲役100年以上)が確定したA級食犯のみが収められる、世界三大グルメ刑務所と呼ばれる監獄がある。
一つは竜巻が頻繁に発生する上空1万mに浮かび、周囲には人肉が好物の怪鳥が飛び回るの刑務所「スカイプリズン」。
一つは400気圧の水圧がかかり、凶暴な肉食魚が泳ぐ深海2000mに息をひそめるの刑務所「プリズンサブマリーン」。
そしての刑務所が、この「ハニープリズン」である。

ハニープリズンはその名の通り、蜂の巣のような形状をした刑務所である。
内部には1億人を収監可能であるが、やっていることは遠回しな死刑に他ならず、人の「食」を踏みにじった外道どもには「食」を奪う罰が与えられる。階層は上から順にフルコースのメニューの名がつけられており、下に行くにつれて罰は激化していき、最後は物言わぬ死体となり果て、埋葬すらされずに捨てられる
もちろん、これだけ凶悪な施設である以上、裁判は徹底的に行われ、送られてくるのは完全に物証が上がり冤罪の余地など欠片も無いような明白な犯罪者のみである。

美食屋四天王であるゼブラは26種類もの生物を絶滅させたことで収監されたが、IGOの計らいで恩赦が下り、「100種の新種発見」「500名の賞金首捕獲」を命じられた(すぐにクリアした)。恩赦が下ったのは、ゼブラのコネとメロウコーラの捕獲、世界に迫る危機の為の緊急措置というだけではなく、26種の生物がいずれも生態系を破壊しかねない危険生物だったというのもあるらしい(トリコ曰く「だからって絶滅させるのはやり過ぎだと思うがな」)。
ちなみに出所祝いの景気づけに陰口を叩いた囚人にO☆RE☆Iをしてあげた結果、200名ほど行方不明者が出た(『グルメハンティングブック』)が、特にお咎めは無かった。まあ、ゼブラと同じ階層にいたという事はどのみち死刑囚だし。

地理

ハニープリズンに入るには、「黄泉への門」と呼ばれる高さ数百mにも及ぶ巨大な鉄門をくぐる必要がある。ここから監獄までは数十㎞に及ぶ断崖の道が続いており、ここを通る際にも猛獣が出没する。故に、移動できるのは捕獲レベル61にも及ぶコンボイザウルスのみであり、囚人はコンボイザウルスの背に詰め込まれて運ばれてくる。
しかも、道には長さ1㎞に及ぶ開閉橋が全部で12個かかっており、看守の許可なく下ろすことはできない。
こうして辿り着いた絶壁からエレベーターを通り、崖からぶら下がっているハニープリズンに入ることができるようになる。
なお、ハニープリズンの具体的な大きさは不明であるが、内部には全長750mのグローサウルスが走り回っても十分なスペースがあるので、かなり巨大であることが伺える。(あまりマジになって大きさを算出しようとすると、死期の森がロシアくらいの広さになってしまうので、その辺は漫画的表現と捉えるのが吉)

監獄の周囲には死期の森と呼ばれる地獄のような環境が広がっている。ここは3か月ごとに下記のような季節が訪れるので、人間界で唯一グルメ界並みの過酷な修行を行うことができる。

名称期間特色
獣期(モンスターシーズン)平均捕獲レベル60の猛獣が数百万頭に渡って出現する。
溶期(マグマシーズン)マグマが一面に吹き出し、気温が70℃を超える。
霧期(ミストシーズン)1m先も見えないほどの引火性の毒霧が広がり、吸えば1呼吸で呼吸困難、2呼吸で意識障害、3呼吸で心停止に陥る。
凍期(ブリザードシーズン)マイナス200℃のブリザードが吹き荒れる。アイスヘルよりひどい。アニメでは数年に一度吹雪が止む休寒日がある。

刑のフルコース

上から順に以下のような楽しい刑罰のフルコースが待っている。
囚人は任意で下の階に進めるが、上へは上がれない。

  1. 『前菜』(懲役100~150年用):味覚を操作され、大好物を奪われる。
  2. 『スープ』(懲役150~200年用):とんでもなくマズい食材や、毒入り(アニメ版)の苦痛食を食わされ続ける。オーバン曰く「これでも食べれるだけマシ」
  3. 『魚料理』(懲役200~250年用):食事抜き。
  4. 『肉料理』(懲役250~300年用):水分抜き。つまり死ねと言っているようなもの。
  5. 『メイン』:処刑場並びに独房。ここから下は、処刑獣と呼ばれる捕獲レベル60越えの怪物によるあらゆる拷問虐殺が解禁される。ゼブラも当初はここにいたが、刑罰を失効され続けてもタフすぎてまるで効き目が無かった
  6. 『サラダ』(懲役300~500年用):切り刻まれる。
  7. 『デザート』(懲役500~1000年用):煮られる。
  8. 『ドリンク』(完全無期刑用):焼かれる。

ドリンクでも生きている囚人は最終的に死季の森に落とされる。

職員

そんなの嘘だ!


ハニープリズンの署長。子供のような外見の女性だが、自称「ババア」。
無色無臭のフェロモンを自在に操ることで、処刑獣たちを従える。フェロモンの影響により、男性には豊満な肢体の美女に見える(正気を取り戻すと、本来の小柄な姿に見える)。

オーバンさん詰め


副所長。フランケンシュタインの怪物のような外見の大男だが、真面目な性格。ラブとの漫才を繰り広げる。

  • プリコム
顔が怖すぎる看守長。囚人の護送を行う。

  • チュパリー
同じく顔が怖すぎる受付。鉄漿をしたおじさん。

  • ヘドロマン
29.5巻より。ゼブラの件が世間に漏れてる事を伝えた。残り35年あるローンのせいで退職できない。

囚人

  • ノリ介

高級料理店(ホテルグルメも)で行った無銭飲食の総額が2兆円を超えた第一級グルメ詐欺師で、食い逃げのノリ介として名が知れている。
大の甘党なので甘味を感じる味覚を遮断された。

  • リック
一匹で一国を滅ぼす隔離生物「ドラッグまいまい」を始めとする麻薬食材の密売、養殖、使用を行ったため麻薬の快感を得られなくなり、禁断症状に苦しみ続けており、周囲の囚人から煙たがられている。

  • バイダン
20人の美食家を殺害し、食料を略奪したグルメ山賊のリーダー。ちなみにアニメでの声優は与作と同じ銀河万丈だったりする。

  • ジョイマル
今までに17種1600頭もの保護動物を乱獲したグルメ食材密猟グループのヘッド。

上記の通り、26種類もの生物を絶滅させたことでメインに収監された。

猛獣

  • 鉱鎧キバブタ

捕獲レベル45の哺乳獣類で、Bランク処刑獣。ダイヤモンド並の表皮に覆われたブタ。

  • グローサウルス
非読者募集の捕獲レベル57の哺乳獣類で、Aランク処刑獣。ゼブラの四肢を引っ張っていた猛獣の一体で、竜脚類のような姿をしている。

  • 溶岩大亀(通称マグマトータス)
死季の森に住む捕獲レベル70の爬虫獣類。背中の甲羅からマグマが吹き出す。
森の猛獣では一番強いらしいがゼブラに瞬殺される。
アニメでは更に下記のソードホーンという天敵がいるとされる。

  • ソードホーン
アニメオリジナル。凍季に活動する捕獲レベル70の哺乳獣類。マグマトータスすら避けて通る森の魔獣。剣のように鋭い角を持つ白いトナカイで、角からエネルギー弾を放ち口から冷気を吐く。

関連項目

トリコ トリコ地名一覧 IGO
食林寺:ロストフォレストに存在する本部は食義を叩き直す刑務所とされる。

インペルダウン30分後にやってた番組の海底監獄。内部における過酷さでは引けを取らないレベルだが、監獄最下層の刑罰は真逆と言ってもよい。

関連記事

親記事

トリコ地名一覧 とりこちめいいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハニープリズン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95

コメント