ピクシブ百科事典

マナさん歌音痴

まなさんうたおんち

『ドキドキ! プリキュア』第8話で明かされた相田マナのほぼ唯一の欠点
目次[非表示]

概要

事の発端は上記8話にて、アイちゃんが突如泣き出したことであった。
お腹が空いたのでもなくお漏らししたのでもなかったので、マナが子守唄を歌おうと提案。その言葉を聞いた六花ありすは即座に耳をふさいで退避。マナが歌うと木々に泊まっていた鳥たちが逃げ出し、真琴は戦慄し、ダビィは目を回し、アイちゃんはさらに泣き出した。どうやら六花とありすはこのことを昔から知っていたようだ。
ありす曰く「本人は自覚がないようで…」。

その後

24話では、アイドルを引退しようとする真琴にもう一度歌わせようと思いアイちゃんに子守唄を歌うが、そのアイちゃんはまた泣き出してしまう始末。

40話では、亜久里の前で歌っていたがその亜久里はパートナーのアイちゃんやマナ自身のパートナーであるシャルルとともにげんなりしていた(他のメンバーはパートナー妖精とともに退避していた)。

ちなみに

ボーカルアルバムではマナ役の生天目仁美が歌っているキャラソンがいくつか収録されているが、音程を外していないちゃんとしたものとなっている。
地獄絵図と呼ばれるほどの音痴はどういうものかを期待していた大きなお友達には残念かもしれないが、本来の客層である子供達に向けた楽しい音楽集で聞くに耐えない歌を聞かせるわけにもいきませんので……(まぁそもそもドキプリのキャラソンはアイちゃんが喋り出す時点で本編との辻褄合わせとか野暮なのだが)

なお『プリキュアまんがえほん 映画版デラックス』(ロッピーでの映画前売り券購入者特典)に収録の「わたしも プロの かしゅになれるかなの まき」では、真琴、ピアニスト・、歌姫・エレンハミィの特訓を受け、からオケ(原文ママ)でなんと81点を獲得するまでに成長している。
特訓すれば上手くなる辺り、素質は充分あるということだろうか。

まさかの・・・・・

2015年度のプリキュアオールスターズ春のカーニバル♪では
「プリキュアによる歌とダンス」が告知された。
その時、マナさんを知る視聴者からは戦慄が走った

ここから始まる大特訓!



そして、映画本編では、オドレンウタエンに「もう一曲歌ってはどうですか?」と勧められたマナが歌を唄うことになってしまった(その時マナの仲間たちは素早く耳をふさいだ)。1フレーズ唄ったところで六花に止められたもののその歌声の破壊力はすさまじく、オドレンやウタエンは目を回し、スイートプリキュアの面々と観客の妖精たちは顔面蒼白になり、同作で映画初登場となるGoプリメンバーもマナの歌が終わるなり溜息をつくほどである(近くにいた北条響曰く、「こ、コレって音楽なの?」)。
つまり視聴者が危惧したことが起こったのである。

さらにミュージカル的路線は2016年の『プリキュアオールスターズみんなで歌う♪奇跡の魔法!』でも継承され、「史上最大の44人によるバトルミュージカル」と銘打たれている。果たしてマナさんの活躍や如何に?

オールスターズ間もなく


まあ流石にメインで歌うことはなかったのですが。

そして2016年4月も終わる頃にプリティストアが新たなグッズシリーズ「アイドルシリーズ」の展開を開始、その中にラブ・マナ・めぐみの名前に「愛」を冠した「トリプルハート」が。
案の定一部で驚愕と動揺が広がったのは言うまでも無い。

さらに2016年12月にリリースされるEDテーマコレクションCD。そのジャケットイラストが明らかになったのだが、通常版に描かれたのはSDキャラのピンクチーム。よくよく見るとその中にマイクを持ったキュアハートが……
これも案の定ツッコミと驚愕が入ったのは言うまでもない。

関連タグ

ドキドキ!プリキュア 相田マナ キュアハート
Heart style 夏の流星群 たからもの 一番星
ジャイアン ジャイアンリサイタル 剛田マナ

夢原のぞみ:「ドジでおっちょこちょいだし、音程やリズムくらい外すだろう、むしろ歌がうまかったらのぞみらしくない」という理由で実は音痴設定されている先輩。事実キャラソン「もん!太陽ドリーム」では三瓶由布子が歌った際のNGテイクをつなぎ合わせて完成させたというエピソードがある。
野乃はな:こちらは音楽のテスト対策で歌の練習をしたときに音程を外して歌っていた後輩。

pixivに投稿された作品 pixivで「マナさん歌音痴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100042

コメント