ピクシブ百科事典

ユメノカタマリ

ゆめのかたまり

特撮番組『ウルトラマンダイナ』に登場する怪獣。
目次[非表示]

“先生”「あの塊は、ゴミの反逆だ!捨てられ、燃やされ、埋められ続けてきたゴミたちが、ついに一斉蜂起して……人間どもに牙を剥いたのだ」

概要

別名:ゴミ塊物(かいぶつ)
身長:58m
体重:6万t
出身地:アララギ市のゴミ処理場


第37話「ユメノカタマリ」に登場。

アララギ市の各地に捨てられたゴミが、なぜかエントロピーの法則を無視して集結・合体したもの。名前は20世紀、東京湾のゴミ処理用埋立地を「夢の島」と呼んだことにちなんでフカミ総監に名付けられた。
ゴミが合体した理由は不明だが、アララギ市のゴミ処理場の管理人でもあるゴミマニアの“先生”(演:寺田農)は「人間に捨てられてしまった恨み」、ナカジマ隊員は「エントロピーの法則に反して乱雑になっていく自然を整理しようとしている」と推測している。

最初は単なるゴミの塊に過ぎなかったが、落ちているゴミを自力で吸引して自身の体の一部にしてしまうため、人々が平気でゴミをポイ捨てするようになり、やがて四足歩行の怪獣に変形し暴れ出した。
質量の増大に伴い、体を構成するゴミの圧縮率が高まったことで、草木を枯らしてしまうほどのダイオキシンを含んだ高熱の蒸気を放つ他、体からゴミの塊を撃ち出して攻撃を行う。
また、時間経過によって圧縮率がどんどん高まっていくため、常に爆発の危険を孕む。

一切の光線攻撃を受け付けない体質でウルトラマンダイナの光線技を無効化し、ダイナを取り込もうとするも、ストロングタイプの体当たり攻撃「ストロングクラッシャー」で粉々に粉砕された。

粉砕された後、アララギ市には一週間もの間、ゴミの雨が降り続いたという。

余談

  • 脚本では手足の描写はなかった。デザインは池谷仙克が担当し、手足あり・なしの2パターンのデザイン画が描かれている。
  • この回は当初は実相寺昭雄監督予定で脚本が書かれ、実相寺作品と縁の深い寺田農がゲスト出演している。しかしスケジュールが合わず、実相寺が代表を務めていた映像制作集団「コダイ」所属の北浦嗣巳が監督した。
  • ちなみに、劇中冒頭に貼り出された「スーパーGUTS・ゴミ減量作戦」10ヶ条は以下の通り。
    コピー用紙は必ず表裏使うこと電池は必ず再充電
    書類は必ずクリップを外して捨てること新聞、雑誌はまわし読みで十分 同じものを何度も買うな
    紙コップはなるべく使わないことかさばる捨て方はご法度!つぶして捨てろ
    購買部での過剰包装は断ることα号はなるべく落とさないように アスカ、お前だ!
    食堂に行く時はハシ持参分別しない者は人間に非ず



関連タグ

ウルトラマンダイナ ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

ウルトラマンダイナ うるとらまんだいな

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユメノカタマリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1125

コメント