ピクシブ百科事典

リシュリュー

りしゅりゅー

フランスの歴史上の人物、及びそこから名前を採られた戦艦。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 実在の、フランス宰相にしてカトリック教会の枢機卿。リシュリュー公爵アルマン・ジャン・デュ・プレシ。
  2. 1.の人物をモデルとした、『三銃士』及びその派生作品の登場人物。
  3. 1.の人物に端するフランスの爵位。
  4. 1.の人物から名前を採られたフランス海軍装甲艦
  5. 1.の人物から名前を採られたフランス海軍のリシュリュー級戦艦とそのネームシップ。
  6. アプリゲームモンスターストライク』に登場するモンスター。リシュリュー枢機卿→魔真卿リシュリュー→暗黒司祭リシュリューの順に進化する。
  7. アプリゲーム『戦艦少女』(戦艦少女R)に登場する、5.を擬人化したキャラクター。⇒リシュリュー(戦艦少女)
  8. ブラウザゲーム艦隊これくしょん』に登場する5.をモチーフとした艦娘。⇒リシュリュー(艦隊これくしょん)


1. リシュリュー枢機卿

私の第一の目標は国王の尊厳。第二は国家の盛大である
信賞必罰など必要無い。必罰だけが重要だ

 
(1585~1642年)
フランス国王ルイ13世の宰相を務め、中央集権体制確立と王権強化、行政組織の整備、文化政策などで絶対王政の基礎を築いた。
「フランスを服従させ、イタリアを恐怖させ、ドイツを戦々恐々たらしめ、スペインを苦悩させた男」と呼ばれ、生涯を通じ国内外に常に無数の政敵がいた。
性格的には陰気で癇癪を起こしやすく、一方でひどく塞ぎ込むこともあり、時には周囲を驚かす程に泣き出すこともあったと伝えられているが、知人への手紙で「あれは全部演技」と書き残している。
先の丸いテーブルナイフはリシュリューの発案とする逸話がある。
マイナーな存在であったボルドーワインをパリに持ち込み広めたのはリシュリューの功績と言われる。
当時の聖職者としては珍しく猫を飼い、特にルシファーと名付けた黒猫がお気に入りであった。

ペンは剣よりも強し

リットン男爵の戯曲「リシュリュー」の劇中の言葉。
今日では「暴力に屈することなきジャーナリストの矜持」のように取られがちだが、実は敵対者達に対して「俺が書類にペンで署名すればお前らの人生なんて終わる」と脅したのがその由来である。
詳細についてはペンは剣よりも強しの記事を参照。
 

2. 『三銃士』のリシュリュー

フランス王国の宰相。王妃と政治的に対立しており、王妃の味方の三銃士・ダルタニアン達と敵対する立場にある。アラミスに「赤公爵」とあだ名される。

様々な権謀術数を巡らせて王妃達を陥れようとする物語上の敵役(特に『ダルタニアン物語』において)ではあるが、同時に心からフランスの発展を願って尽力する優秀な政治家としての活躍も描かれており、フランスを脅かす敵に対しては同じ王に仕える者として三銃士達と共闘するなど、善悪二元論的な単純な価値観では割り切れない人物である。

1973年の映画『三銃士』ではチャールトン・ヘストンが、2011年の映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』ではクリストフ・ヴァルツイングロリアス・バスターズハンス・ランダ大佐役の人)が演じた。

猊下


 

アニメ三銃士』のリシュリュー:(CV:田中信夫新・三銃士』のリシュリュー:(CV:江原正士マスケティア』のリシュリュー(右の人物)
リシュリュー宰相
 
老いらくの恋
 
大人組×ダルタニアン
 

4. 装甲艦リシュリュー

フランス海軍が建造した装甲艦。
木造蒸気帆装の3檣シップに装甲帯を張り巡らしている。 同型艦はない。
1868年12月起工、1873年12月3日進水、1875年4月12日竣工。
1900年、除籍。
1910年、解体地へ曳航中にビスケー湾で沈没。

5. リシュリュー級戦艦1番艦リシュリュー

リシュリュー級戦艦の記事も参照。
 
海軍休日明けにフランス海軍が生み出した戦艦であり、フランス最後の戦艦の艦級となったリシュリュー級の一番艦。同型艦にジャン・バールがある。リシュリューの名を冠する艦は前述の装甲艦リシュリューがあり、この艦は二代目にあたる。
 

特徴

戦艦は年を追うごとに主砲塔の数は少なく、砲塔1基あたりの門数は多くなる傾向にあるが、リシュリュー級はその極致とも言える4連装2基であり(砲塔の中央に強固な隔壁があり、左右2門ずつ戦闘室が独立している。実質2連装砲塔×2×2)いくら防御力が高まるとはいえ、砲塔が一つダメになると火力が半減してしまうリスクを冒しているのはアグレッシブである。更に2基の砲塔を前部にまとめ、重要防御区画の短縮で浮いた重量分を装甲に充て、強化を図っている。主砲口径は、当時の欧州標準と言える38センチである。

速力は公試成績が31ノット。第二次世界大戦中にこれを上回った戦艦はアメリカのニュージャージーアイオワ級)の31.9ノット(1943年12月公試)と、フランスのダンケルク級の31.5ノットのみである。ちなみに本艦はマストと煙突を合体させたMACKの先駆けでもある。

艦歴

建造と就役

1935年10月22日、ブレスト海軍造船所で起工される。
1939年1月17日、進水。
1940年4月1日、フランス海軍に就役。

フランス降伏

ドイツ軍がブレストに迫り、1940年6月19日、まだ艤装工事中だったが、急遽フランス植民地・セネガルダカール港へ向け脱出した。
6月22日、フランスがドイツに降伏。
7月7日、セネガルの総督がヴィシー政権側についたためダカール沖に航空母艦ハーミーズイギリス海軍)が現れ最後通牒を突きつけたが、フランス艦隊は拒否した。
7月8日、ダカール港に停泊中のリシュリューは、ハーミーズから発艦したソードフィッシュ隊による雷撃を受け、魚雷1本が命中し右舷のスクリューが破損。艦尾部の浸水により着底したが、数日後には浮揚された。

ダカール沖海戦

自由フランス軍のド・ゴール将軍とイギリス首相ウィンストン・チャーチルの思惑が一致し、ダカール占領のための自由フランス軍兵員輸送船団と、ジョン・カニンガム提督(アンドリュー・カニンガム提督ではない)率いるイギリス艦隊が送り込まれた。
9月23日、ダカール港のフランス艦隊は降伏勧告を拒否し、イギリス艦隊との戦闘が始まった。自由フランス軍は上陸できなかった。
9月24日、航空母艦アークロイヤル(イギリス海軍)の艦載機により爆撃を受けたが、至近弾のみだった。兵士が作業を誤ったことから2番砲塔の主砲2門が破損した。戦艦バーラム(イギリス海軍)の15.2cm副砲弾2発が直撃した。リシュリューの主砲弾1発、副砲弾2発がバーラムに命中し中破させた。自由フランス軍は上陸できなかった。
9月25日、アーク・ロイヤルの艦載機により爆撃を受けたが、被害はなかった。戦艦レゾリューション(イギリス海軍)が潜水艦ベヴェジエ(フランス海軍)の雷撃で大破し、イギリス艦隊はシエラネシオフリータウン港に退避した。
ヴィシー政権との全面戦争に発展しかねないため、ダカール上陸作戦は中止となった。

連合国側への参加

1942年11月、アフリカ植民地のフランス軍は自由フランス軍側についた。
1943年2月、リシュリューはニューヨーク港に到着し、ブルックリン海軍工廠(アメリカ)で完工工事と修理を受けた。工事は10月10日に完了した。
1943年11月からイギリス本国艦隊に所属。
1944年3月からイギリス東洋艦隊に所属。日本軍基地への艦砲射撃などを行う。
1945年5月、重巡洋艦羽黒の迎撃に参加するが、羽黒は5月16日のペナン沖海戦駆逐艦隊に撃沈された。
8月15日、ダーバン(南アフリカ)で修理中、日本が無条件降伏。一度も枢軸国の軍艦と戦わないまま第二次世界大戦を生き延びた。

戦後

1945年9月、第一次インドシナ戦争に向かうフランス軍の兵員輸送船を護衛。艦砲射撃などを行う。
1946年2月11日、トゥーロン港に帰還。
1958年、予備役となる。
1968年、ジェノバで解体された。ブレスト港にはリシュリューの主砲1門が展示されている。

性能諸元(1944年)

全長247.9m
全幅33.0m
基準排水量35,000t
満載排水量47,548t
武装
  • Mle1935 45口径38cm四連装主砲塔2基
  • Mle1935 55口径15.2cm三連装副砲塔3基
  • Mle1930 50口径10cm連装高角砲塔6基
  • ボフォース 56口径40mm四連装機関砲16基
  •      〃     単装機関砲9基
  • エリコン 70口径20mm単装機関砲41基
艦載機ロワール・ニューポール130飛行艇3機
装甲
  • 水線部330mm
  • 甲板170mm+40mm
  • 主砲塔前盾430mm
出力150,000馬力
速力31ノット
航続距離1,000浬/12ノット
乗員1,620名


関連動画


関連タグ

フランス海軍 戦艦 高速戦艦
ダンケルク級(前級)

外部リンク

wikipedia:リシュリュー_(戦艦)

pixivに投稿された作品 pixivで「リシュリュー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2231657

コメント