ピクシブ百科事典

リリカ・プリズムリバー

りりかぷりずむりばー

リリカ・プリズムリバーとは、東方projectのキャラクターであり、騒霊の姉妹であるプリズムリバー三姉妹の三女。 また、姉妹でやっている楽団のキーボード・パーカッション担当。
目次[非表示]

リリカ・プリズムリバー(Lyrica Prismriver)は東方Projectのキャラクターである。
フルネームでタグが付く事は少なく、略名であるリリカでタグが付くのが一般的である。
登場作品は東方妖々夢(4面ボス)、東方花映塚(敵兼自機)、等。テーマ曲は幽霊楽団 〜 Phantom Ensemble

概要

シンプルリリカ


騒霊の姉妹であるプリズムリバー三姉妹三女であり、ルナサメルランがいる。
主にキーボードを愛用し、楽団では鍵盤楽器かパーカッションを担当するが、実際は全ての楽器が得意
持っているキーボードは「某有名アーティストが使っていたが、音が独特に過ぎて売れなくて幻と消えた、不遇のシンセサイザーの幽霊」との事(ライブ前口上より、真偽不明)。何故か羽根が付いており、ドット絵ではパタパタ羽ばたいている。

ちなみにソロライブは行っていないようであり、求聞史紀でも「悪巧みの時や姉と喧嘩したような時以外は殆ど単独で行動しない」などと書かれている。
だが、花映塚のストーリーモードで姉達に黙って新曲の為の新しい音探しには出ていた。

紅魔館が建つ霧の湖の近くにある廃洋館に住んでいる。館中に入っても姿は見えず練習の音しか聞こえないらしい。


二つ名

騒霊キーボーディスト

種族

幽霊(騒霊ポルターガイスト
求聞史記では、厳密には騒霊は幽霊とは違う、とした上で分類上幽霊とされている。
人や動物といった生物が死んで成ったものではなく、後述のレイラ(とマジックアイテム)によって作り出された存在。
概念的には魔法生物や精霊といったものが妥当かもしれない。


容姿

リリカ
三女と待ち合わせ


妖々夢の時の髪の影の色のせいか濃い茶色で描かれる事が多いが、花映塚での髪色と併せて考えるに、髪色は銀色亜麻色(?)、若しくはかなり薄い茶色
毛先に行くに従って強い内巻きの癖がついている、少しふわっとした毛質のショートヘアである。
瞳の色は薄茶色。

服装は、白のシャツに赤のベストのようなものを着て、下は姉達と違い赤いキュロットを着用している(東方花映塚の立ち絵が分かりやすい)。二つあるボタンは緑。三人の中では唯一、胸元を第一ボタン上まで開けている。おませさん。
ベストやキュロットの裾には白い模様があるが、妖々夢の時は谷側に点のあるジグザグ模様、花映塚の時には横向きの∫のような模様、となっている。なお、姉妹で唯一これらの模様がベストの肩フリル部にもある。
そして返しのある赤い円錐状の帽子を被っている。帽子の飾りは緑の星(流れ星)。ルナサの赤い三日月、メルランの青い太陽との対比か。
ちなみに、頭と帽子のサイズを三姉妹間で比べて見ると、リリカだけ明らかに姉二人より帽子のサイズが一回り大きい。

三姉妹の中で一番身長が低い。東方キャラ全体の身長区分でも小さい方であり、ルーミアチルノレミリアらと同じ「低い」に分類されている。ライブではダイナミックな動きをするらしいが、背が小さく楽器が大きい事により周りの楽器に隠れてしまい殆ど姿が見えないらしい。求聞史紀でも、やたら小さい小さい言われている。頑張れ。

なお、花映塚での2Pカラーは、ラインやフリルなどの黒かった部分が白になり、そして何よりもイメージカラーであった筈の赤い部分が全て黄色になっている。なんだかカレーが好きそうな配色である。ちなみに帽子の飾りの流れ星も、少なくとも立ち絵では緑から青になったりしている。

性格


お調子者で狡猾。普段は姉達をけしかけ自分は戦おうとせず、最小限の力で最大限の利益を得る事しか考えていないらしい。その態度や行動は三枚先まで計算されているという。狡猾で世渡り上手。
ただ三姉妹の中では最も人間らしい性格で、話がしやすい。人間や妖怪に対しても友好的である為、意思の疎通がしやすく、余り危険はない。

鈴仙がマッチモードにて「波長を見れば性格が大体判る、短い人は気性が荒く、長い人は暢気」と話しているが、リリカに勝利した時のセリフでは「(リリカは)音に合わせて波長が変わっている?それとも波長に合わせた音が出ている?」と言われている。
「世渡り上手」と言われるリリカの事、奏でる音や、ともすれば周囲の状況に合わせて気性を変えられるのかもしれない。

「お調子者」な部分としては、妖々夢において魔理沙に適当に合わせて姉達に魔理沙と友達宣言した挙句、一番に魔理沙と会ったのは自分だったのに最終的には「姉さん、やっちゃいな!」と姉達に丸投げしようとしたりしている。尚メルランに「お友達なんだからたまにはソロでやりなさい」と言い返されて失敗している。
また、冥界での宴会に関してルナサの冗談半分での咲夜への食糧役扱いに便乗し「いぬにく、いぬにく~」などとからかってもいる。

割と自分に自信があり自賛する癖があるようで、文花帖では後述の幻想の音を操れる自分の事をやたらと「偉いでしょ~」「偉いの」「偉いのよ」「偉いでしょ?」と褒めまくっている。
ただ実際にやっている事の内実を見ると、確かに偉いと主張しても問題が無いくらいのかなり凄い事はやっているだが。

一人でいる時は割と無邪気。花映塚では基本的に楽しそうに迷子やったり「幻想の音」の音ネタ探しを楽しんだりしている。
ただ、狡猾キャラによくある悪戯っ子な側面はあまり見られず、寧ろ「世渡り上手」と求聞史紀阿求に言われたように人への対応はかなり常識的である。

能力


手足を使わずに楽器を演奏する程度の能力(三姉妹共通)

東方/リリカ


ポルターガイストとしての能力と思われる。楽器演奏はレイラの死後に習得したものである為、元は「手足を使わず物を動かす程度の能力」や「手足を使わず音を奏でる程度の能力(≒ラップ音)」であったのだろう。
阿求曰く、「楽器はあくまで象徴で、楽器からではなく霊体から音がでているのではないか」と推測されている。ただ、ポルターガイスト的には音の幽霊を操る事の他にもホンモノの楽器やそこらへんの物体を用いて普通の音を鳴らす事自体も可能だと思われる。

幻想の音を演奏する程度の能力

不協和音!


幻想の音とは自然界に存在しない音であり、外の世界で「死んだ」音だという。「鬱」と「躁」の音をまとめて聴きやすくする効果がある。三姉妹の演奏が耳障りの良く付加効果が無い安心して聴けるものになるのは彼女のおかげ。偉いでしょー。
キーボードは幻想のようなもので、外の世界で無(亡)くなった音を奏でる楽器の象徴であるらしい。
精神に影響は無いが精神に直接響く性質のものでない為か、魔理沙によると彼女の演奏は技術はあるが心に響くものがなくつまらないらしい。
また、そのような性質の音なせいで、花映塚で勝利しても姉達のような特殊演出は無い。残念。

尚、東方文花帖(書籍)での文のリリカへのインタビューによると、ルナサは「鬱」・メルランは「躁」の「感情の起伏」を、リリカは「残った想い」を曲にしている、とリリカが語っている。
リリカの曲は中身が無い訳ではなく、感情の起伏の音である姉達の音を中和する為の「感情抜きの想いのみの音」である為に「感情には訴えない」という事かもしれない。
また、姉達の「感情の起伏のみが乗っている音」に「想いのみが乗っている曲」を合わせて中和しているとすると、姉達の音に乗っている別々の感情の強さや質に合わせた想いの乗った音を、演奏中リアルタイムで調整しつつ鳴らしている事になる。物凄く器用である。

ちなみに、楽器演奏はレイラの死後に取得したものであるそうだが、リリカは前述のように全ての楽器が「出来る」などというレベルを通り越し「得意」という習熟度に達している。楽器演奏自体、もしくは何かの技能を習得する事に関して天才的な才能があるのかもしれない。

登場作品

東方妖々夢
三姉妹揃って、西行寺のお屋敷に演奏に呼ばれていたところで、冥界の結界前で自機達に出会い弾幕ごっこを繰り広げる。リリカは魔理沙選択時に最初に出てきて、第一・第二通常弾幕を展開する。
また、第一合同スペカ時にリリカが最も多くダメージを受けた場合は更に第三通常弾幕と個別スペカも展開する。その後、第二・最終合同スペカに参加する。

東方花映塚
ストーリーにおいては、姉達に内緒で音ネタ集めに出ていた。最終戦四季映姫戦でルナサとメルランに尾行されていた事が明らかになるが、最終戦は結局リリカ一人で戦う。
また、EDでは「二度目の風葬」というリリカ作曲の新曲が三姉妹の向日葵畑ライブで演奏された模様。いつか正式に曲として発表される機会が待たれる。

東方文花帖(書籍)
リリカがライブで奏でる不思議な音について、という記事にて文々。新聞に載り、その幻想の音の概要やそんな音を操れる自分の「偉さ」、心を動かす音楽などについてと話す。


その他
東方求聞史紀グリモワールオブマリサにも登場。
また、東方儚月抄では背景にモブとして2コマ、東方鈴奈庵東方茨歌仙ではそれぞれ1コマずつ登場している。


スペルカード

東方妖々夢

・単体スペルカード

冥鍵「ファツィオーリ冥奏」EN
鍵霊「ベーゼンドルファー神奏」HL
・三姉妹の合同スペルカード
騒符「ファントムディニング」EN
騒符「ライブポルターガイスト」HL
合葬「プリズムコンチェルト」EN
騒葬「スティジャンリバーサイド」HL
大合葬「霊車コンチェルトグロッソ」EN
大合葬「霊車コンチェルトグロッソ改」H
大合葬「霊車コンチェルトグロッソ怪」L

東方花映塚

キーボード霊チャージショット
ファントムノイズEX攻撃
騒符「ソウルノイズフロー」チャージ2、3
騒符「リリカ・ソロライブ」ボスアタック



二次設定など

余り浸透した二次ネタはないが、強いて言うなら「いらない子」ネタが比較的多く使われる。・・・まあ、読んで字の如くの二次設定。人気が無い・・・と言うイジリの他に、姉二人は躁/鬱という精神に効果大の音を操るのにリリカは単体では特に効果の無い音(想いも棒読みじゃ届かない)を操る為に「リリカいらなくね?」といったイジられ方をされたりする(前述の通り、三姉妹のまともなライブにはリリカの存在は必要不可欠ではあるのだが)。

「いらない子」ネタが生まれた背景としては、花映塚発売後間も無くの人気投票において、直前に発売された花映塚でストーリーが用意され自機になったにも関わらず紅魔郷以降のゲームキャラ中ワーストの順位であった、という事が大きいと思われる。
ちなみにこの「いらない子」ネタへの反発か「いる子」ネタのようなものも。いらない子ネタを柔らかくした二次設定である傷つき易い性格をしたリリカもたまに見られる。
どちらにせよ所謂不人気イジりネタである為、いらない子ネタを好ましく思わない人もいるのでよく考えて使用する事。

基本的には原作での世渡り上手な面は余り見られず、狡猾であると同時に悪戯っ子な描写をされる事が多く、悪巧みをしたりルナサらをイジる事も多い。その反面、最も人間らしい性格である設定からか、姉達に対するツッコミ役になる事もしばしばある。


その他

東方妖々夢で、会話の流れで魔理沙と互いに友達だと言った時、メルランは「それは良かったわ。ようやくリリカにもお友達が出来て」と発言していた。
つまり、メルランの話を素直に信じるならリリカには少なくとも妖々夢時点まで友達がいなかったらしい。
なお、魔理沙とリリカがその後本当に友達になったのかや、その後友達が増えたか否か等は不明。

リリカのキーボードの側面には文字が書いてあり、妖々夢では読みにくいが筆記体のアルファベットと思われる文字で「L P」らしき文字が見える。リリカのイニシャル(Lyrica=Prismriver)だろうか?
また、花映塚では「PRISM:」と書かれている。

EXリリカ


幻想の音に限った事ではないが三姉妹の音は「音の幽霊」を操っているものらしいので、三人が担当している音はあくまで音の幽霊操作の応用で、三人ともその気になれば他の音も扱える可能性自体はある。そうなると楽器演奏の取得に関して高い技能を見せたリリカは音の幽霊操作に関しても高い技能を持つ可能性がある。
更に、姉二人はそれぞれ弦楽器/管楽器が得意だがそれ以外に扱える楽器の有無については言及されておらず、ライブにおいて弦楽器や管楽器以外の楽器が必要となると全てリリカが担当・演奏している可能性がある。
これらの事を考えると、「いらない子」どころか「必要不可欠な子」かもしれない。

姉妹で身長が唯一「低い」(レミリアやチルノと同じランク)である為か、姉妹の中では安定して貧乳である事が多い。

姉のルナサが糸目キャラでやや有名だが、実はリリカの方が糸目表情多めなキャラだったりする。特に、花映塚では10種近い立ち絵の中で目を細めていない表情が一枚だけ(逆にルナサは糸目な表情が8種類程の中で三枚だけ)だったりする。

二次創作において登場する際は殆どの場合三姉妹単位である為かカップリング等は殆ど存在しないが、一応上記の「ともだち~」発言から魔理沙とのカップリングが極々僅かだけ存在する。他にも、同じく妹キャラでノリがパッと見似ている八橋とのカプも最近ごく少数だが出来てきた様子(あちらは義理の姉妹だが)。

ちなみに三姉妹で唯一個別のファン倶楽部の存在が確認されている(求聞史紀より)。確認されたのは会員No.1の会員のみだが。

「いらない子」ネタ発生の経緯とは裏腹に、実際の人気はWIN版最下位安定、という程ではない。寧ろ姉であるメルランより順位が上な事も多かったり。
ただ二人とも常に順位はどっこいどっこいであり紅魔郷以降のゲームキャラ中ワースト近くが定位置ではあるが・・・。リリカは要る子だよ!みんなもっと描こうよ!



レイラ

設定上では末妹(四女)にレイラがおり、騒霊三姉妹はレイラがある理由で離れ離れになった姉達を模して生み出した。当初は幻聴や幻影と同じだったが、やがて実体を持った。レイラの死亡時に消える筈だったが何故か消えず、その後三姉妹は楽器演奏を習得しちんどん屋を始めたらしい。
生み親のレイラが既にいない為か、四季映姫曰く、三姉妹は存在が不安定との事。

ちなみに、騒霊の三姉妹と、レイラの本当の三人の姉達(人間)は全く別の存在である。
余談だがレイラは公式にフルネームで表記された事が無い。


なお、ZUN氏のファンへのメール返信のプリズムリバー三姉妹の過去などに関するものにおいて、レイラの死後演奏を取得し楽団を結成した上で「とある理由」で冥界に行って徐々に有名になったという話の最後に

――って、そもそも最初は何で冥界へ行ったんだっけー?(リリカ談

という一文がある。レイラの死後の三姉妹に生じうる冥界に行く理由の一つとして可能性が高いのが死んだレイラについての事であるが、それについてわざわざリリカの言葉として「忘れた」と言わせている事には何か意味があると思われるが・・・
それに加えて、文花帖でも「私達を生んだ音楽の霊、曲霊ね」などとレイラの事が無かった事になったようなセリフを言っていたり、花映塚でも映姫様の「貴方達を生んだ、拠り所となっていた人間が既にいないので貴方達は不安定。その為自身の存在意義を考え直せ」という説教についてED後含む所があるようだった姉二人と違い「怖い目だった」という印象しか持たず、映姫様ストーリーの会話でも説教内容を完全に忘れたような反応をしていた(他のキャラで説教された事を忘れていたのは鳥頭のミスティアのみ)。
これらの描写から、リリカは姉妹の中で一人だけレイラの事を何らかの理由で忘れている可能性があるという考察もあるようだ。実際にどうなのか、本当にそうだとしたら何があったのか、色々な事が想像される。

関連イラスト

リリカちゃんぺろぺろ


想いがまっすぐで何が悪い!!
雲上ステージ


【東方幻想麻雀4】リリカ・プリズムリバー
おひさしぶリリカ



関連タグ

東方project 東方 東方妖々夢 東方花映塚 東方文花帖(書籍) 東方求聞史紀 グリモワールオブマリサ
リリカ 騒霊キーボーディスト キーボード 鍵盤 シンセサイザー りりかぱい リリカード
手足を使わずに楽器を演奏する程度の能力 幻想の音を演奏する程度の能力
ポルターガイスト 騒霊

プリズムリバー三姉妹 プリズムリバー プリズムリバー四姉妹 虹川 虹川三姉妹 虹川四姉妹
ルナサ・プリズムリバー メルラン・プリズムリバー レイラ・プリズムリバー
ルナサ メルラン レイラ
幽霊楽団~Phantom Ensemble

pixivに投稿された作品 pixivで「リリカ・プリズムリバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5059096

コメント