ピクシブ百科事典

メルラン・プリズムリバー

めるらんぷりずむりばー

メルラン・プリズムリバー(Merlin Prismriver)は東方projectのキャラクター。騒霊(ポルターガイスト)の姉妹であるプリズムリバー三姉妹の次女。
目次[非表示]

登場作品は東方妖々夢(4面ボス)、東方花映塚(隠し自機)、東方文花帖(書籍のみ)、東方求聞史紀グリモワールオブマリサ、など。
テーマ曲は幽霊楽団~Phantom Ensemble

フルネームだと登録タグとしては長い為にそのままでタグが付く事はやや少なく、ファーストネームであるメルランでタグの付く事が多い。あだ名且つ持ちネタであるめるぽや、その顔文字であるξ・∀・)といった愛称のタグが付く事もある。

概要

メルラン



騒霊の姉妹であるプリズムリバー三姉妹次女であり、姉にルナサ・プリズムリバー、妹にリリカ・プリズムリバーがいる。
三人で演奏隊をやっているが、演奏隊としてのライブにおいては中央にいる事が多いライブの花形である。それに加えてその明るく目立つ性格もあり、彼女が楽団のリーダーだと勘違いする者もいるようだ。
楽器演奏においては管楽器が得意で、主にトランペットを愛用する。三姉妹でのライブ以外にも、リーダーであるルナサの指示で墓場等でソロライブを行ったりとソロ活動も行っている様子。
持っているトランペットは「多くのジャズペッターの生き血を吸ってきた、恐怖のトランペットの幽霊」だそうだ(ライブ前口上より、真偽不明)。
妖々夢の設定によると「魔法の力は最強」。しかしその使い道を誤るらしい。「使い方」ではなく「使い道」を誤るという事なので、進んでおかしい使い方をするのかもしれない。

紅魔館のある霧の湖の近くに建つ廃洋館に姉と妹と共に三人で住んでいるという。
尚この廃洋館、普段は足を踏み入れても三人の演奏の音しか聞こえず姿は見えないという幽霊屋敷状態らしい。

二つ名

騒霊トランペッター

種族

幽霊騒霊ポルターガイスト
求聞史記では、厳密には騒霊は幽霊とは違う、とした上で分類上幽霊とされている。
人や動物といった生物が死んで成ったものではなく、後述のレイラによって作り出された存在。
概念的には魔法生物や精霊といったものが妥当かもしれない。

容姿

積極的なようで
落下中の眺め


髪は薄い水色で、阿求曰く「明るい」色。全体的に強いウェーブがかかった、軽そうなふんわりした感じの髪質。
髪型は、原作絵では右半分は特に手を加えず肩くらいまで下ろし、左半分は左後頭部辺りでアップにしてまとめる、といった左右非対称の特徴的な髪型のようである。
ξ・∀・)の顔文字の「ξ」がこちらから見て左側だけにあるのは、この左右非対称な髪形を元にした為であろう。
軽く見ただけではそうと解り難いかもしれない髪型故か、二次での再現率はかなり低め。二次創作として描かれる絵においては、単なるウェーブのかかったセミロングである事が多い。場合によっては左右の毛の長さが異なっているという場合もあるが。
また、瞳の色は青で、少し垂れ目気味。

三姉妹の中では一番身長が高いらしく、姉であるルナサよりも高身長。だが、10代前半の少女としては「やや低い」身長でもあるようだ。

服装は、薄いピンクのシャツの上にこれまた薄ピンクのベストのようなものを着て、上同様薄ピンクのフレアスカートを履いている。
ベストは前面ボタン閉じタイプのもの。二つあるボタンは青で、ベストやスカートの裾には、視力検査記号(ランドルト環)を二つ並べて棒で繋いだような形の、青い模様があしらってある。襟の淵にはフリル付き。
ベストの裾、スカートの端、襟の淵フリル手前、帽子の返しの淵フリル手前には黒いライン付き。
基本色は薄水色、薄桃色。ワンポイントで青。幻想郷を見渡してもかなり明るいカラー。彼女の性格そのままとも言える。

円錐状で返しのあるピンクの帽子を被っている。返しの淵には、ここにもフリルが付いている。また、返しは一箇所に切れ目アリ。
帽子の頂点にある飾りは、青い球体に青い円柱状の棒が何本か突き立っている物体。
見た目的には太陽・・・らしき何か。ウニにも見える。太陽だとしたら、これも彼女の太陽のような明るい性格を表しているのかもしれない。

ルナサの赤い三日月、リリカの緑の星との対比でもあるか。太陽、月、星という組み合わせは光の三妖精でも用いられている。

なお花映塚での2Pカラーは、シャツ・ベスト・スカートの薄ピンクだった生地が蛍光色っぽい薄い青緑色、黒かったライン等が紫色となっており、金色だったトランペットも銀色に。なんだか暗闇で光りそうな配色となっている。

性格

「ちょっと変わったタイプ」。性格としては「余裕たっぷりの明るい性格」との事。また、躁病の気があるらしい。
求聞史紀によると人間に対しても妖怪に対しても非常に友好的で、人間友好度は「高」となっている。

「余裕たっぷり」を示す描写としてか、妖々夢では矢継ぎ早に質問をした咲夜に「質問は一つずつにして」と普通に諌めたりと姉妹の中でもまともな対応をしていたりする。

また書籍文花帖ではに「頭がぐるぐる」などと言われようとも、ほぼ意に介さず流したりポジティブに捉えたりと、終始楽しげに話を進めている。
「三姉妹の普段の生活では一番騒がしくした人が勝ち」という話に於いて、文が姉のルナサを「大人しそうだし一番負けている?」と推測した事に対し「騒音レベルはかなり高い」と返したり、自分の墓場演奏の説明をした後でそれがルナサの指示である事を明かしたりと、リーダーであり姉であるルナサの事を肯定的に語っている。
リリカに対しては魔理沙に自分達をけしかけて楽をしようとするリリカに、その前までの会話で出たリリカと魔理沙の冗談半分の友達宣言を逆手に取り「お友達なんだからたまにはソロでやりなさいよ」とちょっと厳しくしたりもするが、花映塚では単独行動をするリリカを心配したり、閻魔様からかばう様子を見せたりと、妹を大切にしているようである。

花映塚においては、鈴仙がマッチモードにて「波長を見れば性格が大体判る、短い人は気性が荒く、長い人は暢気」と話しているが、メルランに勝利した時のセリフでは「(メルランの)波長はかなり長くて、心地の良い揺らぎ」という評価が下っている。
喋り方は普通の女性口調で、普段はやや間延びするおっとり気味なしゃべり方である。

ただ、「躁病の気がある」為かこのような比較的落ち着いている状態と比べてテンションが非常に高くなっているように見える場面がある。それが最も顕著なのが花映塚マッチモード勝利時であり、この時のメルランは非常にノリが良くハイテンションで、過激な発言が多い(例:「新聞なんて、空中にばらまいてしまいましょう!配るのが楽よー。」 「ハッピーになるだってあるのよね!さあさあどんどん使っちゃって。」etc...)。
また、グリモワールオブマリサによると、管霊「ヒノファンタズム」について「誰もいないのに使ってる事もある」らしい。
そのせいか、求聞史紀には、「異常に陽気で、落ち込む事を知らない」「たまに理解不能な言葉を口走る」、「メルラン単体では会話が成立しづらい」と書かれている。

しかし、テンションは上がっていても、相手を楽しい気分にさせようという前向きでポジティブな性格は変わらないようだ。

座右の銘(?)は、「どんな時も、ハッピーの魂を忘れちゃいけないわ!」(花映塚・マッチモード勝利時)

躁病
躁病とは気分が異常に高揚し支離滅裂な言動を発したり、他者へ過剰に積極的に干渉するようになったり、多弁になったりする精神疾患の一つ。

  • 感情障害(気分の異常な高揚・自己への過大評価・他者への過剰な干渉)
  • 思考障害(観念奔逸(思考の散逸・瞬時の移り変わり)・錯乱・妄想)
  • 欲動障害(多弁・多動・行為/作業切迫)
  • その他 ―― 睡眠障害、食欲・性欲の亢進、(幻覚の無い)錯覚、集中力の欠如

等の症状があるという。

メルランの場合はあくまで躁病「の気」程度なので、前述のテンションの変化がこの「躁病の気」によるものだとしてもこれらの症状が深刻に表れている訳ではないようだが、このテンションの変化及びその時の様子は感情障害の症状と似通っているとも感じられる部分が見られる。

能力

手足を使わずに楽器を演奏する程度の能力

れんしゅう


その名の通りの能力。ポルターガイストとしての能力を用いたものであろう。また、楽器演奏はレイラの死後後天的に習得したものなので、元々は「手足を使わずに物を動かす程度の能力」、又は「手足を使わずに音を奏でる程度の能力(≒所謂ラップ音)」、といった内容の能力であったと考えられる。
この能力により、一人で金管楽器のアンサンブルが可能らしい。稗田阿求によると、楽器はあくまでも象徴で音自体も音の幽霊なので、音はその辺から湧いて出てるのではないかと推測している。ただ、ポルターガイスト現象的には実物の楽器を手足を使わず演奏する事も可能だと思われる。

躁の音を演奏する程度の能力


躁の音とは、聞く者の気持ちを高揚させる音の事。彼女の演奏を聞いて影響を受け過ぎると気分が異常に良くなり、まともに会話が出来なくなったり、突然踊り出したい気分になるとの事。
加えてトランペットは遠くに響く音の為、遠くから聞こえてきた場合でも真剣に耳を傾け過ぎると精神に影響を及ぼす事もあると言う。

この能力故か、花映塚のマッチモードにおいてメルランが勝利すると、通常なら泣き顔になる筈の相手の立ち絵が、強制的に笑顔になる、という演出がある。
その効果は三姉妹以外の全キャラに及び、死神だろうと天狗だろうとお構いなしに効く。閻魔である四季映姫様ですら強制的にニッコリ。ちなみにルナサにも(笑顔かウンザリ顔かの違いはあるが)同様の演出がある。
騒霊の音の幽霊操作能力というのは中々強力なのかもしれない。

登場作品

東方妖々夢
三姉妹揃って、西行寺のお屋敷に演奏に呼ばれて冥界に向かう途中で、冥界の結界前で自機達に出会い弾幕ごっこを繰り広げる。
メルランは咲夜選択時に最初に出てきて、第一・第二通常弾幕を展開する。噂のへにょりレーザーはこの第一通常弾幕である。
また、第一合同スペカ発動中に最もダメージを多く受ければ、その後の第三通常弾幕と個別スペルカードも展開する。
そして最後に二つの合同スペカに参加する。なお最後のスペカでメルランにのみバグ発生の可能性がある。詳しくは後述。


東方花映塚
ストーリーは無く、条件(全キャラでストーリークリア後に、小町映姫でEXをクリアする)を満たした後にマッチモードでのみ使用可能。
その他、リリカストーリーにおいて最終戦四季映姫戦でルナサと共に登場、そのままEDまで参加する(ストーリー中での自機参戦は無し)。

東方文花帖(書籍)
墓場で自縛霊に相手にソロライブ、という記事にて文々。新聞に載り、三人の音の性質についてインタビューされこれに答えた内容が掲載された。そして記事外での会話では、感情を動かす為の楽器の基準や、三姉妹の日常についてと話す。

その他
東方求聞史紀グリモワールオブマリサにも登場。
また、東方儚月抄東方鈴奈庵東方茨歌仙ではそれぞれ背景にモブとして1コマずつ登場している。

スペルカード

東方妖々夢

・単体スペルカード

管霊「ヒノファンタズム」EN
冥管「ゴーストクリフォード」HL

・三姉妹の合同スペルカード
騒符「ファントムディニング」EN
騒符「ライブポルターガイスト」HL
合葬「プリズムコンチェルト」EN
騒葬「スティジャンリバーサイド」HL
大合葬「霊車コンチェルトグロッソ」EN
大合葬「霊車コンチェルトグロッソ改」H
大合葬「霊車コンチェルトグロッソ怪」L

東方花映塚

リバーサイドソングチャージショット
トランペットソウルEX攻撃
騒符「ソウルゴーハッピー」チャージ2、3
騒符「メルラン・ハッピーライブ」ボスアタック


ゲームにおける性能

敵時(東方妖々夢

ぶいっ!


凶悪さで知られた「へにょりレーザー」が有名。これは、咲夜選択時の第一弾幕においてメルランが放つもので、まずメルランが二本の曲がる追尾式レーザーを放ち、次いでそのレーザーから何発か円状に丸弾が放たれ、最後にメルランから3Wayの楔弾が放たれる、というものである。
これが余り間を置かず放たれる為、レーザーをかわそうと大きく動いた結果丸弾や楔弾に当たったり、そちらをかわそうとして追尾してきたレーザーに貫かれたり、といったプレイヤーが後を絶たないらしい。
ちなみにそれ以外の通常弾幕は、真っ直ぐな何本ものレーザーの合間に速度のそれぞれ異なる丸弾が撃たれるもので、余り凶悪ではない。ただ、速度が遅い丸弾は画面に長く残る為に次のレーザーが来た時に回避の邪魔になりかねないので注意。
スペルカードは、E~N、H~Lのどちらも画面を特定の軌道で動き回るへにょりレーザーが弾幕をバラ撒いて行く、というもの。これは密度が高く、特にE~Nでは難しいと感じる人が多い模様。

自機時(東方花映塚

虹川有情破顔曲


自機性能はショットが真っ直ぐ正面には飛ばず、2列の♪弾による斜めクロスショットとなるという特徴的過ぎるもの。また吸霊もチャージショットも横方向限定にしか発生しないので、ボスとリリーを撃破するのが大変難しい。更に移動速度もチャージも遅め。

だがチャージアタックの騒符「ソウルゴーハッピー」が比較的優秀な性能を持つ。
これは連なったへにょり弾壁を一列長時間発生させるというもの。連続してこれを相手の両側に発生させれば、上手くいけば相手を弾壁に一定時間閉じ込める事が出来、そこに通常の弾やEXアタック、ボスアタックを重ねれば相手は回避が難しいであろう。
ボスアタックも三種類の弾幕の内1種類が密度がかなり高く、上手く操れば対人性能は高くなるだろう。
・・・自機性能がアレなのでスコア管理や敵弾回避に忙しい為攻撃配分の調節が難しいので性能を活かせない事が多いかもしれないが。
またCPU相手だとソウルゴーハッピーの弾列を抜けられたりするので対CPU性能は高くなかったりする。

まあ全体的に玄人向け。でもちゃんと使えば弱くはない・・・と思う。
自機側の守りがかなり甘く敵側への圧力が高い、というこの性能は「魔法の力は最強だが使い道を誤る」「どんな時も余裕たっぷり」という設定を反映したものだろうか。

二次創作など

基本的には、明るく陽気な性格として描かれる。多くの場合、その明るい性格や音の性質によって、場を盛り上げる盛り上げ役、場を引っ掻き回すお騒がせ役として活躍する。
「躁病の気がある」設定やゲーム内のバグの影響もあってか、常に躁状態で暴走するハイテンションなキャラとして表現される事も多く、特にギャグ作品では多くがボケ役である。そのような扱い故か、三人の中ではツッコミ役を任される事は少ない。
ある意味一番騒霊らしい扱いをされているとも言える訳だが、普段の穏やかで余裕のあるように見える性格や、姉妹想いなところは、お騒がせキャラとしての描写と比べると少ないと言えるかもしれない。

なお、姉や妹との対比の為か、性格的な印象故か、二人よりも巨乳に描かれる場合が多い。

虹川三姉妹の戯れ


ある程度の知名度がある二次ネタとしては、ぬるぽ→ガッ を元ネタとしためるぽ or ξ・∀・)→ガッ がある。
それ以外にある程度以上浸透した二次ネタはほぼ皆無な状態。

二次創作で登場する場合、殆どが三姉妹単位で行動している事もあり、姉妹の外でのカップリング等は殆どない。姉妹内でもカップリング自体殆ど無いが。
ちなみに、東方輝針城でも楽器の付喪神が多数登場した為管楽器の付喪神の登場とそのキャラとの絡みが期待されたが、弦楽器2人打楽器のみで管楽器の付喪神はいなかった。今後の登場が待たれる。

その他

東方妖々夢の合同スペカ時のバクで有名。二つ目の合同スペカにおける動作を最後のスペカにおいても継続してしまう為、姉妹から離れ一人でレーザーを振り回すバグ。暴走ネタは、これと「躁病の気」という設定文星が主な原因であろう。
なお、その他にも個別スペカにおいて体力が勝手に減っていくバグもあるらしい。

花映塚においては、ボスアタックが三姉妹の中で唯一「~・ソロライブ」ではなく「~・ハッピーライブ」である。またスペルカードカットイン時の文句も三姉妹で唯一「光彩陸離」でなく「高山流水」である。

妖々夢では、合同カットインに於いて一人だけ何故か真顔である。負け立ち絵も、何故か頬を赤らめた満面の笑みである。
また、花映塚の負け立ち絵に於いて何故かトランペットに絆創膏が貼ってある。

楽器はぐるぐる度が基準らしい。彼女によると良い音とは精神に影響がある音で、心を動かせない音に興味はないと言う。ぐるぐるは感情の増幅器との事。
メルラン曰く「トランペットのぐるぐる度と比べて、トロンボーンは少なめ、チューバは多め、ホルンはかなり多め」との事。また、「他色々」も使ってるとの事なのでかなりバリエーションも豊かな様子。

ちなみに余り認識されていない事であるが、メルランは東方キャラで現在唯一の「妹であり姉でもある」「姉も妹も持つ」キャラである(厳密に言えば、リリカも過去にそうであったが)。

作中人気とキャラ人気

楽団のセンターで花形である故か、はたまたその明るく余裕に溢れる性格や操る音の性質故か、楽団の中ではファンが多いらしい。
多くのファンがいるという楽団の中で花形、という事は幻想郷における人気は非常に高いのだろう。東方project作品キャラクターの中でも設定上の作中人気は上位だと思われる。

・・・現実では、三姉妹の中ではルナサに人気では大きく水を空けられているが。
メルランは、「いらない子」ネタのあるリリカと共に人気投票等でも紅魔郷以降のゲーム出演キャラ中でワースト手前で順位安定な程度の人気。というか初登場からこっちワースト2か3しか取った事が無い
最新の人気投票では、新作最下位の八橋や、書籍の名無しキャラである名無しの本読み妖怪、初登場書籍で余り目立てず現在余り人気が奮っていない豊姫などよりも低順位になってしまった・・・
その上此処Pixivにおいても今の所紅魔郷以降の、ゲームが初出の全キャラ中で登録タグ数が、輝針城キャラを除いた中で最下位という状態。雲山より少ない。

みんなもっとメルラン描こうぜ!


レイラ

設定上では「妹」としてレイラ・プリズムリバーがいる。三姉妹はレイラが生き別れになった姉達を模して生み出した騒霊であり、生み出された当初は幻聴や幻影に過ぎなかったが次第に実体を持つようになった。レイラの死亡時に消える筈だったが何故か消えず、やがて三姉妹は楽器演奏を習得し、幻想郷で音楽活動を始めるようになった。彼女たちの存在の拠り所であるレイラが居ない為、三姉妹は存在が不安定で曖昧であるという。

参考までに、騒霊の三姉妹と、レイラの三人の姉達(人間)は全く別の存在である。実際には騒霊三姉妹にとってレイラは妹というより母に近い存在なのかもしれない。

関連イラスト

〔幻想萃遊記〕メルラン
メルランちゃん


ヒノファンタズム
わんどろまとめ4



関連タグ

東方project 東方 東方妖々夢 東方花映塚 東方文花帖(書籍) 東方求聞史紀 グリモワールオブマリサ

メルラン 騒霊トランペッター めるぽ ξ・∀・) めるぱい
ポルターガイスト 騒霊 トランペット 管楽器 ぐるぐる
管霊「ヒノファンタズム」 冥管「ゴーストクリフォード」
幽霊楽団~Phantom Ensemble
毎週日曜日はメルランの日

手足を使わずに楽器を演奏する程度の能力 躁の音を演奏する程度の能力
プリズムリバー三姉妹 プリズムリバー プリズムリバー四姉妹 虹川 虹川三姉妹 虹川四姉妹
ルナサ・プリズムリバー リリカ・プリズムリバー レイラ・プリズムリバー
ルナサ リリカ レイラ

pixivに投稿された作品 pixivで「メルラン・プリズムリバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3527930

コメント