ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「我が幻術、よくぞ見破ったな」
CV:野本礼三
登場話:第36話「恨み節6千年…」

概要

万華鏡がモデルのゴーマ怪人で、幻術を得意としている。

頭部が万華鏡になっており、スカーフとコートに身を包んだ瀟洒な姿を持つ。
幻術以外にも、離れた場所の出来事を万華鏡に映す能力の持ち主であり、劇中では「聖なる孔雀の涙」を探すクジャクの妨害工作を行った。
因みにOPの「燃やし尽すぜ真っ赤な炎」のフレーズの際に流れる映像は、彼が炎の前で呪文を唱えるシーンである。

活躍

燃え盛る炎の前で幻術を使う為の呪文を唱える最中、クジャクが「聖なる孔雀の涙」を探しに現れた事に気付き、その事をガラ中佐に報告。
森では槍の様に飛んで来る枝、岩場では落石の幻術をそれぞれ仕掛けてダイレンジャーとクジャクを迎え撃つのが、道士嘉挧には既にそれが自身の幻術と見破られており、ダイレンジャーにもその事が伝わってしまう。

涙を見つけて喜ぶクジャクの前に大五が駆け付けた事で、それが幻術で毒蛇の入った頭蓋骨を涙に見せた偽物だとバレた上、大五以外のダイレンジャーも現れた為にとうとう姿を現し、交戦となる。
ダイレンジャーを幻術で苦しめようとするも、集中された気力によって失敗に終わってしまう。その後の戦闘は終始劣勢を強いられ、シシレンジャーの「大輪剣・気力シュート」と「天幻星・霧隠れ」の猛攻に怯んだ所へスーパー気力バズーカを撃ち込まれ敗北。

直後に巨大化爆弾によって巨大化し、巨大戦では大連王と戦った末、止めの大王剣・疾風怒濤を喰らい爆散した。

余談

モチーフは言うまでも無く万華鏡

デザイン画の段階では扇子を持っていたが、実際の造形では剣に変更されている。代わりに羽織っているコートの方は、デザイン画の指示通りにオーロラフィルムが使用された。

声を演じた野本氏は紐男爵及び新紐男爵の声を兼任しており、今作がスーパー戦隊シリーズ初出演となったが、2006年7月に亡くなった為、最初で最後の出演になってしまった。

関連項目

五星戦隊ダイレンジャー ゴーマ族 ゴーマ怪人 万華鏡

関連記事

親記事

ゴーマ怪人 ごーまかいじん

兄弟記事

コメント