ピクシブ百科事典

主人公詐欺

しゅじんこうさぎ

主人公ではないキャラクターを主人公のように見せること。

概要

主人公詐欺とは、主人公ではないキャラクターを主人公のように見せることである。
現行の作品で例を挙げるなら、藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』の副主人公野比のび太は、原作者が連載後期~末期に「ドラえもんが主人公でのび太は副主人公」と明言しているのだが、作中ではのび太が視点人物になっている場合が多く、彼を主人公と勘違いする読者・視聴者は少なくない(特に大長編映画版では、主人公・ドラえもんは話の都合弱体化してしまう場合が多く、どうしてものび太達にスポットが当てられる場合が多い。もちろん、ドラえもんが中心になって活躍する作品も決して存在しない訳ではないのだが)。
また、長谷川町子原作の漫画・アニメ作品『サザエさん』の登場人物・磯野カツオも、作中では主人公・フグ田サザエを差し置いてカツオが視点人物になっていることが多く、彼を主人公と勘違いする読者・視聴者は少なくない。

尤も、主人公と視点人物が一致しない作品は決して珍しい訳ではない。上記の作品の他にも、やなせたかし原作のアニメ作品『それいけ!アンパンマン』は、主人公・アンパンマンが話の中心になることは少なく、むしろ悪役であるばいきんまんやその他のキャラクター達が視点人物になっている場合が大半である(特に映画版ではゲストキャラクターの成長が描かれる作品が大半であり、アンパンマンにスポットが当てられる映画作品は実はそれほど多くない)。

連載やアニメ放送が終了した近年の作品では、けらえいこ原作の漫画・アニメ作品『あたしンち』の登場人物・や、『じょしらく』の登場人物・蕪羅亭魔梨威が該当する(前者は原作者が「立花みかんが主人公」と明言しており、後者は公式設定で防波亭手寅が主人公とされている)。

昔の作品では『うる星やつら』の登場人物・ラムや、『GS美神極楽大作戦!!』の登場人物・横島忠夫が該当すると言えるだろう。しかし前者は原作者が主人公認定こそしていないもののメインヒロインであることは疑いようが無く、後者も同じく原作者が主人公と断言こそしていないものの、終盤は主人公・美神令子と並んでもう一人の主人公とも言える活躍をしていると考える読者もいる。

更に古い作品だと『ピーナッツ』の登場人物・スヌーピーが該当する。主人公・チャーリー・ブラウンを差し置いて作品の代表キャラクターになってしまったのは有名な話である。

関連タグ

主人公 主人公(笑)

関連記事

親記事

主人公 しゅじんこう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「主人公詐欺」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99

コメント