ピクシブ百科事典

呉善花

おそんふぁ

呉善花とは、日本の作家・評論家・大学教授である。韓国系帰化人で、親日・知日派として有名。
目次[非表示]

概要

韓国済州島出身の作家で、評論家教員
韓国人で、後に日本帰化した韓国系帰化人。親日家・知日派として有名。

東京大東文化大学英語学専攻を卒業後、東京外国語大学の地域研究研究科修士課程における北米地域研究を修了しており、拓殖大学の国際学部教授でもある。

作家として有名であり、大学院進学後に執筆活動を始めた、日本で働く韓国人ホステスを題材としている代表作『スカートの風』ベストセラーとなり、シリーズ化している。
著述書では、『攘夷の韓国 開国の日本』が山本七平賞を受賞し、日韓併合について究明した『韓国併合への道』はロングセラーとなり、後に加筆を加えた増補版が改めて出版された。
『なぜ「反日韓国に未来はない」のか』は英訳もされ、海外でも出版されている。

人物

幼少時代は済州島で過ごし、戦前日本在住経験のあった母の影響から、片言の日本語を披露しては、済州島民に喜ばれていたという。
後に反日教育によって一時は反日主義に傾倒していたが、1983年に留学生として訪日した際に、日本の歴史文化伝統に触れていくうちに日本に惹かれていき、それにより祖国の教育に不信感を抱き、隠蔽されていた日韓の本当の関係を調べ上げ、さまざまな葛藤を経た末に親日・知日派となった。

韓国併合を評価しており、戦後日本自虐史観が改善されることを求めており、古代から続く日本の素晴らしさを語っている。
逆に祖国である韓国については、民族の間で古代から続く黒歴史や、現代韓国の実態を暴露している。もはや祖国に対する愛はない。

交友関係

自身と同じく帰化人である元中国人の評論家石平氏や、台湾出身の文明史家の黄文雄氏、日本保守言論界の重鎮である渡部昇一氏や、旧皇族宮家の竹田宮家出身の作家である竹田恒泰氏、保守派ジャーナリスト櫻井よしこ氏など、多くの親日保守派と呼ばれる言論人と交友があり、インターネット上の動画番組や、著述書においてよく対談しており、共著の作品が数多くある

関連タグ

作家 評論家 教授 親日家
日本 親日 帰化 日本人
韓国 韓国人 反逆者

放送法遵守を求める視聴者の会…賛同者の1人。

外部リンク

コメント