ピクシブ百科事典

山童

やまわろもしくはやまわらわ

日本の妖怪一種。および他作品のキャラクターの名。
目次[非表示]

妖怪の山童

山童


九州を始めとした西日本一帯に伝わる妖怪。十歳前後の童子ほどの背丈で、柿褐色の長い髪を生やしている。川の妖怪である河童が山に移り住んだ姿だとされており、秋になると山に入って山童に、春になると川に戻って河童になるのだという。
悪戯好きな性格で、河童と同じく相撲好き。お礼をちゃんと渡せば樵仕事を手伝ってくれるなど、義理堅い面もある。
鹿児島県の伝承では「ワロドン」と呼ばれ、どのような方法で殺しても肉を切り取って食わない限り、物の数日で蘇る特性を持っている。

地獄少女の山童

姫とわろわろ


CV:椎名へきる
『地獄少女三鼎』から新たに登場する閻魔あいの使い魔。藁人形の色は黄色で、頭に葉を乗せて変身する。通常態は長袖のシャツと短パンを身に付けた大人しい少年。風を操る能力を持つらしく、枯れた桜の木を満開にさせたこともある。

第1話にて銭湯で働いていた一目連の前に突如現れた。
素直で礼儀正しい性格であり、誰に対しても敬語で話す。きくりを「姫」と呼び、常に彼女の傍にいる。当のきくりからも気に入られており、他の3人は「ハゲ」「エロ目玉」「おばさん」などという呼ばれ方なのに対し、「わろわろ」と呼ばれ家来扱いされていた。
基本的にきくりに逆らう事は無いのだが、『宵伽』で仕事の邪魔をするきくりを骨女がつまみ上げ、「このゴミ捨てとくね」と聞いた際には嬉しそうに、

「助かります!」

と返答するなど、多少なりともフラストレーションが溜まっていたような場面もあった。

元々は山で生まれた精霊のような妖怪。かつてあいにスカウトされていたが、 その時は一人でいることに疑問を持たなかったため、断っている。しかし、山の麓に住む芦谷夫婦の元で息子として一時期暮らし、夫人と別離したことがきっかけで孤独を知り、あいの使い魔になった(この夫婦は『三鼎』に登場し、夫人が夫を地獄に流している)。

『宵伽』では、寒河江ミチルのことを気にかけ、彼女が最終話で2人目の地獄少女になったことであいの元を離れ、ミチルの使い魔となった。
藤商事より発売されているパチンコCR地獄少女シリーズの第四作目『P地獄少女 四』にてミチルについた理由が明かされ、あいとは違い理不尽な依頼は断ったり、依頼者に対して再考を促す姿勢に興味を持ち彼女の使い魔になる道を選んだとの事。
また同作では、あいの使い魔が三人に対してミチルの使い魔は自分一人しか居ない為労力が今まで以上である事を強く嘆く姿もみられ、今まで見せなかった嘆きの姿に三藁一同が驚いていた。


漫画版ではミチルが登場しないため、あいの使い魔であり続け、『R』では「山田」という偽名で小学校に潜入捜査をしたこともある。こちらでもあいや三藁のことを「家族」として大切に思っている。
しかし、オマケでは腹黒キャラクターと化しており、特に一目連への扱いがぞんざい。また、藁人形の色が黄色であること、冬虫夏草を寄生させていることからカレー・納豆好きと決めつけられていた。


東方Projectの山童

10ポイントちゃん



書籍作品『東方茨歌仙』で登場するモブキャラ。
上の画像のキャラ以外に何人かいるが、東方Projectなので全員少女。
藍色もしくは水色の髪と瞳で迷彩模様の服と帽子を身に着けている。初登場は十三話。
前話で水鬼鬼神長が河童の住処である玄武の沢に数日間にわたって高圧水流を発生させたため、河から離れてしまった河童達である。
水分不足を解消するために他の山童たちと刀や手裏剣などを使ったチャンバラごっこで水の奪い合いをしている。


ウルトラマンコスモスの山童

詳しくは童心妖怪ヤマワラワを参考に。


陰陽師(ゲーム)の山童

緑姉さんがもう何日も来てない。彼女のおにぎりが食いたいな。
まさか、なんか怒らせちまったか?
うぅむ よし、明日こっそり会いに行ってみようと!

あの悪党ども! 緑姉さんをさらったなんて!!!
あいつらを叩き潰してやる!くそ!!
(伝記一より

式神合集3


CV:石田彰
よく山に出入りしている妖怪。
目が一つだけで、岩でできた巨大な槌を持っている。
好物はおにぎりで、おにぎりを持って山に行けば簡単に会えるという。

関連タグ

妖怪 河童
地獄少女 きくり 閻魔あい
東方Project 東方茨歌仙 モブ河童
陰陽師(ゲーム)

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「山童」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 192729

コメント