ピクシブ百科事典

扉間小隊

とびらましょうたい

千手扉間の教え子である六名の内、複数名が一緒に描かれている作品に付けられるタグ
目次[非表示]

概要

木ノ葉隠れ二代目火影千手扉間率いる小隊であり、火影である扉間の護衛を担う。
護衛部隊とも。
六人のメンバーは全員、扉間の部下であり教え子である。
里が創設された後に当時初代火影千手柱間の弟であった扉間が設立した忍者学校に通い、扉間から教えを受けた。
また、木ノ葉創設の際に合流した忍の一族の中でも有力とされている猿飛一族、志村一族、うちは一族の出の者もいるなど名実ともにエリート揃い。
メンバーの内の一人、猿飛ヒルゼンが扉間から三代目火影に指名されて以降もチームメイトであった水戸門ホムラうたたねコハルはご意見番として、志村ダンゾウは暗部養成部門のリーダーとして二代目の政策を引き継ごうとしていたヒルゼンを補佐していた。
しかし、トリフやカガミは以後の登場がないことから恐らく戦死し、先見の明があった扉間に対して火の意志を継いだものの優しすぎるきらいのあるヒルゼン、合理性を重視し火の意志を受け継げなかったダンゾウ、そのタカ派のダンゾウの考えに同調するホムラとコハルらでは政策を同じようにすることは出来ず、様々な悲劇が幾度も木ノ葉の里を襲うこととなる。

せめて御意見番の片方がヒルゼンに付いていれば今とは違った形になったのかもしれないが
そもそも複数の御意見番が常に同じ意見になるような人選は、派閥の増長や暴走を招くため色々と不味い(実際誰もダンゾウを止められず、結局テロリストとしてサスケが武力で殺害するまで暴走を続けた。)

名前後の役職備考
猿飛ヒルゼン三代目火影
志村ダンゾウ根の長ヒルゼンのライバル。
水戸門ホムラご意見番新世代でも生存が確認される、約70代前半。
うたたねコハルご意見番紅一点、ホムラ同様新世代でも生きている。
秋道トリフ回想シーンのみとどのような関係か不明
うちはカガミ回想シーンのみうちは一族出身でシスイの祖先

関連イラスト

扉間小隊外伝成就祈願
面影を辿る路


扉間小隊
扉間小隊 友ノ段



関連タグ

木ノ葉隠れ 千手扉間
猿飛ヒルゼン 志村ダンゾウ うちはカガミ
水戸門ホムラ うたたねコハル 秋道トリフ

関連記事

親記事

千手扉間 せんじゅとびらま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「扉間小隊」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「扉間小隊」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 737591

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました