ピクシブ百科事典

溶解液サイマ獣ジェルーダ

ようかいえきさいまじゅうじぇるーだ

溶解液サイマ獣ジェルーダとは、『救急戦隊ゴーゴーファイブ』に登場する水のサイマ獣である。
目次[非表示]

「お側に…」
CV:石塚運昇

概要

邪霊姫ディーナスの所有するカードから召喚された水のサイマ獣
複数の青白いクラゲが寄り集まった様なゲル状の姿を持ち、頭部や胴体、四肢にクラゲの笠の意匠が見られる他、頭部には2本の触覚が生えているが、顔は鬼の様な悍ましい形相をしている。
また、身体からは不気味な液体を滴らせ、足音もべとついて不気味の一語に尽きる。

口から吐き出す溶解液は、ゴーゴーファイブアンチハザードスーツすら容易く溶かす程強力で、両目からも光線を発射して攻撃して来る。

劇中では「XXX(トリプルエックス)」と呼ばれる強い毒性と高い繁殖力を持った緑色のカビを使い、人類の抹殺を目論んだ。

活躍

空気に触れると猛烈な勢いで繁殖し、強い毒性を持つ為、廃棄が決まった緑のカビである「XXX」を狙って行動を開始。
首都消防局・航空隊本部の研究所を襲撃し、強奪を試みるもゴーゴーファイブが駆け付けた為に交戦となるも、自身はビルの外に吹き飛ばされてしまう。

だが、インプスの攻撃で「XXX」の入ったケースが破壊され、研究所内にカビがばら撒かれてしまう。
カビの増殖を食い止めるべく、1人で研究所内に残ったショウ以外の4人を追い詰めるが、グリーンの本心を知って奮起した4人のブラザーシップスマッシュを受け敗北する。

直後にピエールの放った再生カードによって巨大な死霊として復活すると、巨大戦ではグリーンのいないビクトリーロボを圧倒するも、XXXの解毒に成功したグリーンの参戦で形勢が逆転。ウィンドミルラダーを受け、怯んだ所へ止めのビクトリープロミネンスを喰らい爆散した。

余談

モチーフはクラゲ

声を演じた石塚氏は『超新星フラッシュマン』の大帝ラー・デウス以来、12年振りにスーパー戦隊シリーズの怪人の声を演じる事となった。次の出演は更に15年後の『烈車戦隊トッキュウジャー』のテーブルシャドーである。ちなみに、ナレーションの郷里大輔氏死去後に製作・発売された『魁!!男塾〜日本よ、これが男である!〜』や『Jスターズビクトリーバーサス』において郷里氏の代表作『魁!!男塾』にて郷里氏が演じた事で有名な自己紹介がとてつもない威力を持った名台詞な塾長を演じた。

関連タグ

救急戦隊ゴーゴーファイブ 災魔一族 サイマ獣 クラゲ 毒属性

氷度笠:前年に登場したクラゲモチーフの戦隊怪人

関連記事

親記事

サイマ獣 さいまじゅう

兄弟記事

コメント