ピクシブ百科事典

笑うなんて誰でもできるもん

わらうなんてだれでもできるもん

アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』23話における、島村卯月が初めて叫んだ等身大の女の子としてのセリフ。
目次[非表示]

概要

アニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』2ndseasonにおいて
ヒロインの1人島村卯月が、23話にて初めて「等身大の女の子」として発したセリフである。

親記事である本人の項目にもこの発言に関する詳細な記述があるため本記事は23話の該当発言に絞って記載する。






23話までのあらすじ(アニメのネタバレを多く含みます。閲覧注意。)


20話以降、少しづつ精神的に追い詰められていった島村卯月は大事な時期であるにも関わらず、シンデレラプロジェクトのメンバーやプロデューサーに対して引け目を感じて距離をとるようになっていた
そして22話Cパートでは小日向美穂との仕事が思うように上手くいかず、休憩中に来たプロデューサーの頭を下げる姿を見て心の中に抱えていた爆弾が爆発。
「卯月に掛かっていたシンデレラの魔法が解ける」瞬間であった。
結果23話冒頭ではプロデューサーに「養成所でやり直したい」というほど追い詰められてしまっていた。
この時プロデューサーは卯月が養成所に行くことに懐疑的ではあったが、(卯月も表面上は)台詞と表情が明るかったため断ることが出来ず(表面上わかりにくいが)渋々承諾した。
そしてニュージェネレーションズ以外のシンデレラプロジェクトのメンバーも卯月に懐疑的ではあったが「卯月を信じて待つ」スタンスを取ることに。

Aパートでは養成所で笑顔で1日中ステップの練習を行っていた。
その後渋谷凛から電話が掛かってきた際、一度目は電話に出なかったがニ度目の電話にて「また凛ちゃん達と歌えるように私頑張りますから」と返答していた。
(しかしNO MAKE23話にて小日向美穂からの電話には一切出ていなかったことが判明。)
2日目には笑顔ではなく真剣な表情でステップを踏むように。
プロデューサーが来たときに「小日向美穂との活動の代理は三村かな子が行っている」と聞いたとき、「かな子ちゃんなら大丈夫です。」と言って全く焦りを見せていなかった。
(かな子の出演するとときら学園の街頭インタビューの代理は神崎蘭子が務めていた。)

しかしそれからしばらく経って本田未央が電話を掛けて「(卯月の)顔が見たい。」と言ったときに、「(来なくて)いいです!」と強く言った後「大丈夫です」と拒絶する反応を見せたことで、二人は初めて卯月が精神的に追い詰められていることを知る。
(この時二人は卯月の様子がおかしくなったことについて「自分達が卯月を顧みずに個別活動を始めたことが原因である」と考えており、劇中で凛と未央は「卯月は意外と(ストレスを)抱え込むタイプ」と認識していた。)

卯月が前向きな理由で養成所に戻ったわけではないことに薄々気付き始めていたプロデューサーは打開策としてクリスマスライブを提案するも、卯月は「二人に迷惑がかかるから。」と22話Cパートでプロデューサーの言った『調子が悪い』を隠れ蓑に断ってしまう。
その話を聞いた凛はトライアドプリムスに集中することが出来なくなってしまったが、同じトライアドプリムスのメンバーの奈緒加蓮に背中を押され、プロデューサーに卯月に会うために養成所へ向かいたいことを伝える。
凛はプロデューサーから地図を渡され(この時凛が「こちらに任せてくださいって、言わないんだ」のセリフに対し「あの時(7話)とは違います」と返した。)、未央と共に養成所へ向かう。

そこでは卯月は鏡を見ることなく項垂れていた。
Bパートにて卯月は2人に仕事にこなくなった理由について「自信がないから」と答え、「そのときが来たら、」と、明確な期限のないセリフを返す。
さらに「もしかしたら、アイドルになるのちょっぴり早かったのかな、なんて・・・・そうです、きっと早かったんです。私にはお城の舞踏会なんてまだ・・・」とアイドルとして活動できない事と舞踏会へ参加したくない事を2人に伝えたのだった。

ついには「島村卯月、頑張りますっ!もう一度基礎からしっかり頑張って、皆からはちょっと遅れちゃうかもしれないけど、いつかきっとキラキラしたアイドルに――」と何もかも有耶無耶にし始めた卯月に対し、凛は「誤魔化さないでよ!」と叱責。
卯月は【卯月と凛の、思い出の場所】である第1話の公園に連れて行かれる。
(このシーンの間に武内P美城常務から「卯月を切り捨てろ」と命令されている。※1)
公園にて卯月は凛から「逃げないでよ!ウソの笑顔なんて見たくない!!」「トライアドに参加する時の笑顔はウソだったの!?」と怒りの感情をぶつけられ、辛い表情で「今のアンタを信じられない」と言われてしまう。
そして未央からも「何でも言ってよ、しまむー」と促され、卯月は抱えていた本当の気持ちを語り始める。(※2)

卯月はここで自分が「嘘の笑顔」をしていたことに気付く。
自分は舞踏会へむけて「キラキラ」したいと願っていたが、他の皆と違い自分だけ一向に「キラキラした何かを見つけられない」事への恐怖があることをはっきりと口にした。そして…

「プロデューサーさんは、私の良いところは『笑顔』だ、って…。だけど、だけど……」

「『笑顔』なんて、『笑う』なんて、誰でも出来るもん…!」

「何にもない…私には何にも…。」

卯月の心の奥底にあったものは、「何の取り柄も持っていない自分への焦り」「可能性を見つけられずに迎える未来への恐怖」だった。
精神に変調をきたした直接の原因は卯月自身の心の中にあったシンデレラプロジェクトの皆への劣等感であり、凛と未央が個別活動を始めたことは単なる引き金の1つに過ぎなかったのである。

その言葉を口にして大粒の涙を流す卯月に対して凛は
「誰でも出来るなんて言わないでよ…踏み出したんだよ?自分も輝けるかもって。あの時の卯月の笑顔がキラキラで眩しかったから…あの笑顔があったから…私…」
と1話の「笑顔」を思い浮かべながらアイドルになるきっかけを与えられた事に感謝していることを告げる。
未央からは
「しまむー、前にさ、私が逃げちゃった時も、ずっと待っててくれたじゃん?なんかね、安心してた。しまむーどんな時も笑って、頑張りますって言ってくれるって。そんなわけないよね…ごめんね。気づけなくて」
と7話でアイドルを辞めると宣言した時、それでも戻ってくるまで待っていてくれたことに感謝の気持ちを告げ、そんな卯月に根拠のない安心感を抱いていたことに謝罪をした。
そして卯月の本心を知ったうえで「私たちさ、もう一度友達になろうよ…今から!」と提案するのだった。

NG
心もよう



その後(午後6時頃だと思われる)に未央は卯月に「帰るね」と告げ、凛は「待ってるから」と涙ぐみながら卯月へ告げてその場を後にするのだった。
それから数日たった12月23日に卯月は再び自分の足でプロダクションへ訪れ、プロダクションホール内にある時計を見つめていた。その時刻は……12時を指していた(※3)。

そして、24話では……


そこまではとてもいいお話だったのだが、何もないと嘆く卯月も隣の芝は青いもの、客観的に見ると恵まれた環境であり、さらに放送後に開催された第5回シンデレラガール総選挙で卯月が優勝したために「シンデレラガールなんて誰でもなれるもん」という凄まじい煽りネタが誕生してしまったのであった。ちなみにこの時にはガチャブーストの恩恵も受けており、「何もない」状況でもなかった。

たぶん上記のくだりのどっかで言った(シンデレラとして自分だけなにもないまま0時の鐘が鳴ったら)「怖いよぉ……」というセリフは某掲示板でネタにされており、現在では「憎いよぉ……」と改変されて広まっている。スーパーロボット大戦OGコラボ『奏鳴の銀河へ』ではサイバスターに登場した卯月が撃墜時に「強いよぉ… で、でも!」と言っているのは……

余談だがアニメの二年前である2013年に発売されたCD「Cute jewelries! 001」のドラマパートにおいても、杏やみくとの会話の中で「何もない自分」に気が付き落ち込むといったシーンがある。

関連画像

笑うことなんて誰でもできるもん……
「私、頑張ったんです・・・」


私には
笑顔なんて


デレマス23話ハイライト


※タグはついていないが内容が完全に一致しているため記載。

関連タグ

本人

島村卯月 満点スマイル ガンバリマスロボ
お姫様に憧れる。普通の女の子

関連楽曲・キャラクター

渋谷凛 本田未央 武内P ニュージェネレーションズ 心もよう Shine!!


※印の解説

1…この後、プロデューサーは「(島村卯月は)シンデレラプロジェクトにとって必要なメンバーです」と返答している。
2…凛は卯月の笑顔を心から信じていて、その暖かさに触れていたからこその叱咤の言葉。
未央はNGsリーダーとしてではなく同じCPの仲間として、「なんでも言ってよ」となったのだと思われる。
解説の余談としてデレラジA37回でこのシーンは一発録りである事が明かされている。
3…今まではどこかでアナログ時計が登場するたびに時計の針が1分進んでいたが、今回は卯月のスマホを除き、全ての時計が分針を12時を指したまま止まっていた。

関連記事

親記事

島村卯月 しまむらうづき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「笑うなんて誰でもできるもん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 420990

コメント