ピクシブ百科事典

蛇口仮面

じゃぐちかめん

蛇口仮面とは、『秘密戦隊ゴレンジャー』に登場する仮面怪人。
目次[非表示]

「俺は一人でヨンレンジャーを片付けた。残りはただ一人、アカレンジャーだけだ!」
CV:大宮悌二

概要

黒十字軍仮面怪人の一人で、ゴールデン仮面大将軍配下・アフリカ軍団所属。
頭頂部にバルブが付いた赤い消火栓のような姿をしており、自身もまた消火栓に変身することができる。

黒十字軍きっての暗殺のプロで、頭のバルブを回すことで左右の二本の蛇口からマシンガン、毒ガス、ガソリンを発射し、これによって相手を直接ないし事故に見せかけて殺害することが得意。
また接近戦では先端に爆弾にもなるトゲの生えた鉄球が付いたトンファーを暗器として使用する。
体も非常に頑丈で、アオレンジャーのウルトラブルーチェリも寄せ付けない。

イーグル機関からもマークされている危険な怪人だが、うぬぼれが強く「暗殺は孤独な仕事」として上司であるゴールデン仮面大将軍の命令を無視し一人で作戦を遂行させようとする。それゆえ、ゴールデン仮面大将軍からは煙たがられている。

弱点はダイヤモンドで、これで攻撃されると弱い。

活躍

世界平和会議に出席する科学者たちを暗殺するために送り込まれると、手始めに邪魔ものとなるゴレンジャーを始末するべく伊豆で休暇中のゴレンジャーを急襲。
岩を投げ入れたりナイフを投げ込んだり、飲み物に毒薬を混入させたり寝込みを狙って毒ガスを散布するなど様々な策を講じるも、いずれも寸前で失敗。
ゴールデン仮面大将軍からのゾルダーを連れていけという命令を無視して一人でゴレンジャー暗殺を遂行させようとし、翌日海で遊んでいたゴレンジャーを襲うが、ゴレンジャーは遊んでいるふりをしただけで逆に5対1の戦いに追い込まれてしまい、実力行使に出るもモモ爆弾を受け海に転落。暗殺はあえなく失敗する。

しかし痺れを切らしたゴールデン仮面大将軍が偽電話で呼び出した諜報員007と太郎少年を人質にしたことで作戦を続行。命令無視をゴールデン仮面大将軍と黒十字総統に叱責され、今度は命令通りに作戦を続行する。

アカレンジャーモモレンジャーの囮作戦で007を助け出されてしまうが、ウルトラブルーチェリを体で跳ね返し、逆に蛇口マシンガンで圧倒。爆弾でゴレンジャーが逃げ込んだ洞窟の入り口をふさいで生き埋めにし、殺害成功を判断して世界平和会議会場へ向かう。
しかしモモ爆弾で塞いでいる岩を破壊したことで脱出されてしまい、蛇口マシンガンで応戦したものの、007からもらった弱点のダイヤモンドを装備したウルトラブルーチェリで体を貫かれてしまい、ゴレンジャーハリケーン・火の玉作戦で火炎ボールを投げつけられてしまい、トンファーで跳ね返そうとしたものの炎が体に引火してしまい、そのまま大爆発した。

関連項目

仮面怪人

ジャグチジゲン:蛇口モチーフの戦隊怪人繋がり。

関連記事

親記事

アフリカ軍団 あふりかぐんだん

兄弟記事

コメント