ピクシブ百科事典

はぐれハイネス・ラクシャーサ

はぐれはいねすらくしゃーさ

はぐれハイネス・ラクシャーサとは、『百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:飯塚昭三
「この世界に邪悪な衝動が渦巻いている限り、俺が死ぬことはない!」

概要

巨大な一本角を持つハイネスデュークの一人。
自身の体内にため込んでいた邪気の力があまりにも巨大すぎるため、自身の角を傷つけ永い眠りへとついていた。
フサフサとした長い触手で捕らえた相手を幻想世界へ引きずり込んで絶望を味わわせ、相手の持つ「戦士の魂」を吸収することでパワーアップすることができる。またオルグシードなしで自力で巨大化したり、邪気をデュークオルグオルゲットに分け与えられるなど超常的な力を持つ。この他、手持ち武器として三又槍を駆使する。

活躍

ツエツエヤバイバコンビとガオレンジャーが戦っている最中に突如復活し、二人とオルゲットに邪気の力を与えて金色の角の姿へと変えるとガオレンジャーを圧倒。
触手でガオレッド以外のガオレンジャーをとらえ、レッドに助けられたガオホワイトを除くメンバーの戦士の魂を奪って腰抜けに変えると、ガオレッドの戦士の魂を食らうべく幻想世界へと引きずり込んだ。
そこで再生オルグ魔人の総攻撃を受けても絶望しないガオレッドをとらえ、処刑を試みるが処刑を行おうとしたツエツエとヤバイバは番場壮吉大河冴の変装だったため脱出を許し、さらにはドリーム戦隊との出会いで戦士の魂を取り戻したほかのメンバーたちが合流。

新たに5体のオルグ魔人を再生させたが、ドリーム戦隊の攻撃で全滅。自身はツエツエ、ヤバイバとともにガオレンジャーと交戦するもガオブラックガオイエローガオブルーの怒涛の反撃にひるみ、ガオメインバスターファイナルモードと破邪百獣剣を受け敗北する。

直後に自力で巨大化し、上記の台詞と共にガオマッスルを合体解除に追い込むほど圧倒したが、ガオライオンの呼びかけでバリブルーンからブイレックスまでの歴代戦隊メカが駆けつける。
繰り出される攻撃にも耐えきり、マックスブリザードを放ったブイレックスに反撃するがそのすきに再合体したガオキングの歴代1号ロボの信じる心を受け継いだ天地轟鳴スーパーアニマルハートを受け再び爆散する。

しかし逃げようとしたツエツエとヤバイバから保険として与えていた力を奪い取って三度復活。
ガオレンジャーとドリーム戦隊を苦しめたが、レッドファルコンが呼び寄せたアカレンジャーからタイムレッドまでの歴代レッドに奮起したガオレンジャーが放った最終技「邪気浄散・ガオレンジャーストーム」を受け「馬鹿なあああああ!!」という断末魔の声とともに爆発。今度こそ消滅した。

余談

モチーフは

スーツは本編に登場した百鬼丸に改造された。

声を担当した飯塚昭三氏は本作と同じく動物スーパー戦隊である『星獣戦隊ギンガマン』にてモルグモルグの声を担当しており、スーパー戦隊シリーズへの出演は3年ぶりとなる。また、5年後の『轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス』にて、究極生命体ハイド・ジーン/巨大龍型宇宙船ストリングロスの声を担当しており、そのデザインは奇しくもそれぞれ本作のガオイカロス/ガオケンタウロスをモチーフとしている。加えて、飯塚氏は『電子戦隊デンジマン』にてベーダー怪物の声を多数担当しており、45話ではラクシャーサと同じく鬼モチーフのオニラーの声を担当した。

関連項目

百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊 ハイネスデューク

戦隊VSシリーズ敵キャラリンク

殺人ボクサー・ボリバル/合成災魔ボリピエール→はぐれハイネス・ラクシャーサ→チュウボウズ

関連記事

親記事

百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊 ひゃくじゅうせんたいがおれんじゃーたいすーぱーせんたい

pixivに投稿された作品 pixivで「はぐれハイネス・ラクシャーサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84

コメント