ピクシブ百科事典

ヒューゴ・メディオ

ひゅーごめでぃお

ヒューゴ・メディオとは、『スーパーロボット大戦MX』における主人公である。また、『第2次スーパーロボット大戦OG』にも参戦が決定している。
目次[非表示]

「多少の無茶は、承知の上だ!」

基本概要

年齢は20歳。階級は少尉。声優は高橋広樹
スパロボシリーズの主人公の中では比較的高齢(といってもまだ20代だが)ということもあり、冷静で落ち着いた様子を見せることが多いが、根は熱血漢。
生きることに対する執着心が強く、そのためならどんな過酷な状況に置かれても決して諦めない強い精神力を持つ。これは、自身が幼い頃から貧困と向き合ってきた事や、かつて所属していた部隊の隊長であり、人生の師でもあるアルベロ・エストの教えによるものである。
また、アルベロから精神統一のために座禅をさせられた経験があり、その影響で日本文化にも精通している。

スーパーロボット大戦MXでのヒューゴ

かつては連邦軍特殊部隊『クライ・ウルブズ』に所属していたが、デビルガンダムとの戦闘で部隊が壊滅。部隊長のアルベロは行方不明となり、自身も瀕死の重傷を負う。そこをミタール・ザパト博士に助けられ一命を取り留めるが、その際に身体の約半分を機械化され、拒絶反応を抑えるための薬物を定期的に投与しなければ生きていけない体となってしまう
その後、薬物投与と引き換えに、連邦軍の特殊プロジェクト『ツェントル・プロジェクト』に参加することをザパト博士から引き受けたヒューゴは、オペレーターのアクア・ケントルムと共に試作機のテストパイロットを務めることになる。
その最中に試作5号機メディウス・ロクスが強奪される事件が発生。追撃任務が下され、メディウスを追っていた途中でネェル・アーガマと合流。
以後、メディウスを追いながらマグネイト・テンの一員として各敵勢力と戦っていくこととなった。

最初は自身の力量と経験から、アクアの助言を無視することが多かった。しかし、メディウスを強奪した犯人がアルベロと判明した際に意気消沈したところをアクアに叱責され立ち直ったことをきっかけに、互いをパートナーとして認め合い、信頼するようになる。

本作のラストで完全に不都合の無い元の体に戻り、パーソナルトルーパー操縦の教官としての道を選ぶ。

ちなみに、『MXポータブル』では後継機登場イベントを中心に、一部シナリオの追加がされており、初期主人公機が破壊された際に、一時期に消息を絶つ(複座式コクピットの前部をメディウスに破壊されている)が、その後ザパト博士が極秘裏に機体を回収し、ヒューゴに後継機を与えるという展開になっている。

専用BGMは『Burning Red』(『MX』初期、『OG外伝』)、『The Watchdog of Hell』(サーベラス・イグナイト)、『Let's Ignition!』(ガルムレイド・ブレイズ)。

スーパーロボット大戦OGシリーズでのヒューゴ

スーパーロボット大戦OG外伝』から登場。本作では事前告知なしの「サプライズ参戦」ともいえる形で登場した。
本作では『クライ・ウルブス』壊滅より以前の物語をモチーフとした展開になっており、その一隊員としてアインストレジセイアの捕獲、ホワイトスターでのホーンドマンツヴァイザーゲイン)の鹵獲(この作戦はホワイトスターが時空転移を開始したため、ソウルゲインの残骸を回収しただけに終わる)等の任務をこなして行く。
『ツェントル・プロジェクト』の研究施設「トーチカ」の護衛中、アインストレジセイアが変質したイェッツトレジセイアの暴走事故が発生し、その撃破をザパト博士より命じられる。
本作では量産型ゲシュペンストMk-Ⅱに搭乗するが、『MX』においても回想シーンで『クライ・ウルブズ』時代に赤い量産型ゲシュペンストMk-Ⅱに搭乗していたことが確認できる。
アニメ『スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター』においても、最終話でアルベロ機と共に一瞬だけ登場している。

第2次スーパーロボット大戦OGにおいても引き続き登場。『MX』のストーリーに沿った内容が展開されたが、彼の機械化された身体の骨格部分にはラズムナニウムが使われており、彼が服用する薬はその活動を鈍化させる目的もあるという設定が追加された。
なお、搭乗機はガルムレイド、サーベラスのどちらかをプレイヤーが任意で乗り換えさせて使う仕様になっている。

中盤でMXポータブル同様、乗機を破壊されて一時的に離脱するが、その理由がAI1によってメディウス・ロクスに取り込まれるというとんでもないものである。
作中、誰もがヒューゴは死んだと思っていたが、アクアが危機に陥った際、それに反応した形でメディウスのラズムナニウムの暴走を引き起こし、自分の体が露わになった事でアクアに引き上げてもらい復帰した。

原作とは違い、肉体に不都合を抱えたままだがエリック・ワンらの協力を得られたため火急の危機と言う程でもなく、最終的にはツェントルプロジェクト自体が消滅した事もありアクアと共に特殊教導隊預かりとなる。


搭乗機


関連イラスト

MX組
ウルフ8&ウルフ9らくがき


ヒューゴとアクア



関連タグ

スーパーロボット大戦 スパロボ
アクア・ケントルム フォリア・エスト
アルベロ・エスト ミタール・ザパト エルデ・ミッテ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒューゴ・メディオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115818

コメント