ピクシブ百科事典

ピンクダークの少年

ぴんくだーくのしょうねん

ピンクダークの少年とは岸辺露伴が少年ジャンプにて連載中の架空の漫画のことである。
目次[非表示]

概要

『ピンクダークの少年』とは、『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する岸辺露伴が16歳の時から連載しているデビュー作であり、少年ジャンプの架空の漫画である。

連載開始は1995年で、そこから2012年3月現在(6部時点)まで約17年以上に渡って連載(脚注1)されており、厳密な公式ではないが、『Thebook』によると2000年(4部から半年後の冬)の時点で3部完結。また、スピンオフノベライズの『JORGE JOESTAR』の記載によると、2012年の段階で『ピンク・ダークの少年』Part8連載中・既刊112巻とある。また、2020年に実写化されたドラマ版でも露伴の発言によると現在8部連載中らしい。

作中でも、広瀬康一間田敏和小林玉美などがファンであることを明言している。実は武装錬金武藤カズキもファンらしい。国外でも台湾やヨーロッパでは出版されているが、英訳版は未刊行。このことに対して本人は「アメリカ人はセンスがダサイから僕の漫画を理解できない」とのこと。また、2012年に開催されたジョジョ展で配布された杜王新報によると、『ピンクダークの少年 岸辺露伴の追憶展』と題して、もりおうメディアテークにてピンクダークの少年も含めた初の原画展を開催した。なお、ヨーロッパでの個展にも意欲的らしい(開催時期としては1面の記事の内容を見る限り4部の決着がついた直後の1999年夏頃と思われる)。

内容


原作及びスピンオフの内容描写

原作における肝心の内容の描写は台詞なしの数コマと休載の告知ページのみでほぼ皆無に等しい。また、生原稿の描写があるが台詞が抜き取られた虹村形兆虹村億泰戦の時のコマになっており詳細がわからない。扉絵のファンレターの紹介ページでは絵柄など好みがはっきり別れるような作品であることが示唆されている。原作の康一の説明によると、「いわゆるサスペンス・ホラー的な作品であり、生理的に気持ち悪い(グロテスクな)シーンもあるが、迫ってくるようなスリルと、本当に居るような登場人物が魅力的な漫画」であるという。

よってジョジョ荒木飛呂彦作品初期の魔少年ビーティーに近い作風であることが予想される。

また、『TheBook』の記述によると、特徴的な擬音、コミック表紙に描かれた登場人物のカッコいいポーズという特徴や露伴曰く、9部までのストーリーや台詞は脳内で全て完成しており、後は描くだけであるとも述べており、よりジョジョに近い印象を受ける。(9部まで構想があるという点に関しては実際のジョジョと同じである)実際にアニメ版のedやドラマではその特徴をより意識して製作していることがわかる。

ただ、後述の2016年に開催されたウルトラコミック大賞の応募条件の際、内容について特に指定はなかったので、実際のところ公式サイドでもピンクダークの少年の漫画の内容に関する設定が定まっていない可能性がある。

また、『岸辺露伴は動かない』の懺悔室では、露伴がストーリー新展開のためにイタリアに取材旅行に行ったので、もしかしたらイタリアに関するエピソードが存在するのかもしれない。(脚注2)

アニメ版及びドラマ版などの内容描写

2016年に放映された『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』では、コマ数の描写がさらに増え、EDでも少年ジャンプで巻頭カラーを飾るピンクダークの少年などを見ることができる。また、ピンクダークの少年の漫画が一般的な漫画に比べて大きい(上段の辞書や図鑑と同じくらい分厚い)ことから既にジョジョニウムのような愛蔵版が出ていることも示唆されている。(ついでに言うと前述の『魔少年ビーティー』や『ゴージャス★アイリン』なども)

2020年に放映された『岸辺露伴は動かない』の実写版では、製作したのがNHKであるためなのか、掲載している雑誌の名称が“集社の週刊少年ジャン”という架空のものへと変わっており、前述の通り8部連載中としている。
また、作中には『ピンクダークの少年』の原稿と単行本が登場するが、これらのイラストはイラストレーターの蒼木雅彦氏が手掛けており、コマ割りのあるページについては、実際に荒木飛呂彦氏がネームを切ってくれたとのこと。


スタンドとの関連

露伴のスタンドであるヘブンズ・ドアーは、『ピンクダークの少年』の主人公(名称不明)と同じ姿をしている。ただ、『岸辺露伴は動かない』の六壁坂で再登場した際はロボットに近いデザインに変わっており、ピンクダークの少年で連載されている主人公の姿やデザインとリンクしているのかもしれない。

岸辺露伴は動かない実写化らしいっすね
岸辺露伴



余談

あしたのヤングジャンプにおいて、ウルトラコミック大賞のピンクダークの少年部門と題して、「原作でも明らかになっていない『ピンクダークの少年』とはどんな作品だったのか?」というテーマで作品募集が行われた。また、pixiv上でも有志により描かれた『ピンクダークの少年』の漫画が存在する。
受賞作品

ピンクダークの少年
GOOD LUCK BOY■5/15関西コミティア【サンプル】


また、ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトルのBGMの中には同名タイトルのBGM『ピンクダークの少年』が岸辺露伴のテーマ曲として使われている(通称:露伴のテーマ)。

脚注

  1. ジョジョ6部において世界は一巡してしまったが、ジョジョ6部においておそるべき達筆で時が加速した世界でも締め切りを遵守し続けたので、もしかしたら、時が加速した状態でもそのまま達筆で漫画を書き続け、そのまま一巡したかもしれない。
  2. 意外にも「岸辺露伴は動かない」などのスピンオフ作品において『ピンクダークの少年』に関する記述が少なく、大抵はそれ以外の読み切りに関するエピソードが多い。(未知との遭遇をテーマにしたものやグルメ漫画など)もしかしたら、『ピンクダークの少年』以外にも掛け持ちで連載している作品があるかもしれない。



関連イラスト

ピンクダークの少年とヘブンズドアー
無題




関連タグ

岸辺露伴 岸辺露伴は動かない ダイヤモンドは砕けない ジョジョの奇妙な冒険
漫画 TheBook 少年ジャンプ

関連記事

親記事

岸辺露伴 きしべろはん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ピンクダークの少年」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 616

コメント