ピクシブ百科事典

加越

かえつ

加賀国と越中国、越前国の略称、および列車愛称

湖西線開業により、それまで米原経由で運転されていた特急雷鳥が米原を経由しなくなり、新たに米原駅で新幹線と連絡する特急列車として1975年3月10日より運転を開始。
米原-金沢・富山間に6往復が設定され、485系7両編成食堂車なしのL特急だった。

夕焼けの東尋坊をデザインしたイラストマークが掲げられ、1978年10月のダイヤ改正では、在来線の列車としては当時最速になる表定速度が86.1km/hに達する列車も出た。

1982年の上越新幹線開業後富山発着列車は徐々に削減され、1991年には全列車が金沢発着に改められた。末期には臨時特急しらさぎが運転される際、米原から先のダイヤに組み込まれることもあった。

2003年7月に485系から683系に置換えられるといよいよ名古屋発着のしらさぎとの差が運転区間以外なくなり、同年10月1日にしらさぎへ統合されて廃止された。

列車名は福井県・石川県・富山県の旧国名である越前・加賀・越中を組み合わせたもの。

pixivに投稿された作品 pixivで「加越」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 192

コメント