ピクシブ百科事典

市川文靖

いちかわふみやす

私は作家だ。テレビで脚本(ホン)を書いている。サウンドノベル「街」の主人公の1人。
目次[非表示]

概要

演:ダンカン
CV:八奈見乗児(ラジオドラマ「第Qの男 ~QはquestionのQ~」)

チュンソフトサウンドノベル街-machi-/街~運命の交差点~」の登場人物。
シナリオ「シュレディンガーの手」の主人公である。
このシナリオは全編を通して市川の一人称視点で描かれており、様々な解釈ができる文学的作品。TIPも文学的、哲学的な内容が濃くなっている。
サイコホラー風味で、グロテスクな表現も存在。SS版以外では表現規制の関係上、一部の映像表現がカットされたり、ソフトに変更されている。

「シュレディンガーの手」あらすじ

脚本担当:長坂秀佳横山至

BODY

市川文靖は、苦悩していた。眠れば必ず悪夢に苛まれ、目覚めれば愚劣で低俗な“傑作”が何故か出来ている。“テレビ屋”は大金を支払ってソレを持ち帰り、低俗な「トレンディドラマ」を作っては、視聴率を稼ぐのだ。そして10月11日、自分自身を見失わないようにと書いた文学小説が燃やされ、“傑作”に書き換えられてしまう。その時、市川は何者かの悪意の痕跡を見つけ、“敵”の存在を知った。決意を固めた市川は局プロの木嵐袋郎の協力を得て、“傑作”ではない、「市川文靖の最高傑作」の執筆に入る。
しかし、市川と彼の最高傑作は見えない“敵”によって、散々に弄ばれる。市川は苦悩しながらも“敵”に戦いを挑み、足掻くが、“敵”はそんな市川を嘲笑う。
B・O・D・Y>と。

人物

靴屋は夢を見たのだろうか……

市川と晶子

38歳、男性。くたびれはてて覇気のないメガネの中年男で、少々のことでは表情を変えない。プライドが高く皮肉屋で、世の中を斜めから見下している。現在は南部ホテルの1313号室を長期間借り切って職場にしており、自宅にはほとんど帰らない。

父親は大臣まで務めた元大物代議士海塚正治郎。兄・文弘、弟・文丈とはいずれも母親が違う。市川の母親は海塚のの1人で、海塚を恨みながら死んだ。そのため市川自身も父親を憎み、絶縁状態にある。

職業はテレビドラマの脚本のプロットをつくる「プロットライター」で、“傑作”多数。「渡る世間おしん」や「何曜日のツナたちへ毎度おすそわけします」など数々のヒット作を世に出している。現在、彼のプロットは、テレビ太陽の局プロデューサー木嵐袋郎が独占している。
プロットライターとしてのペンネーム中島哲雄(なかしまてつお)」は愛する母の姓と、母方の祖父の名前を借りたもの。しかし、この名前はテレビ業界に“俗悪”の代名詞として知られている。

一方、本名の「市川文靖」名義では純文学作家として活動しているが、デビュー作「浅草奉行のとるねーど」で「多摩川頓歩賞」というマイナーな文学新人賞をとったきり鳴かず飛ばず。しかし一部には熱狂的なファンがおり、木嵐もその1人。

映像制作会社「象映社」のディレクターカバ沢猛やプロデューサー・ズル井、大物俳優デューク浜地や人気女優香月ミカレなど、俗悪にどっぷりと浸かりきった“テレビ屋”からは“金ヅル”として媚びへつらわれている。しかし、市川自身にとってそんな“テレビ屋”達、そしてそれに応えてしまう「中島哲雄センセイ」は、軽蔑の対象でしか無い。

前衛彫刻家末永晶子(すえながしょうこ)とは、かつて恋人同士だった。紆余曲折の末に関係そのものは解消しているのだが、市川は今でも晶子のことを心の拠り所にしており、晶子の方もマイペースで市川と付き合い続けている。

“中島哲雄の傑作”が生み出されるようになってから、市川は「靴屋の悪夢」を見るようになった。内容は“靴職人・市川が眠っている間に、粗悪な靴が次々出来上がっていく”という、童話「小人の靴屋」を元にしたもので、非常にグロテスク。この夢を見るようになってから、市川は文学作品が書けなくなった。代わりに、眠っている間に書いた記憶のない俗悪な“傑作”が出来上がるようになった。“傑作”は金になり、望まぬ形で売れっ子作家としての地位を得た。それゆえに、市川は苦悩に陥っている。

精神的にかなり衰弱しており、ちょっとした衝撃を受けただけで精神のバランスを崩してしまう危険な状態にある。そのため、気持ちをどん底から引き上げるためにバーボンを飲み、頭を覚醒させるために泥のように濃いコーヒーカフェインの錠剤を貪ってタバコセブンスター)を何本も吸い、悪夢を見ずに眠るために強力な睡眠薬を常用。薬や嗜好品に頼って現実から逃避することで、辛うじて毎日を生き延びている。

東京大学の出身で、在学中に尾形という友人から「シュレディンガーの猫」について教わったことがある。

長坂秀佳のセルフオマージュ

市川のシナリオは、「街」の脚本を書いている長坂秀佳の、脚本家としての視点がいかんなく表現されている。また、

など、作中にはセルフオマージュ的なネタが散見される。

428~封鎖された渋谷で~との関連

  • 「428」シナリオ担当の北島行徳は作中にも本人役で出演している。作中の北島は"寝ている間にシナリオを作り上げてしまう”という人物で、市川と境遇が似ている。
  • 同じく「428」に登場する架空の大学「東京電工大学」は人工知能プログラム「BODY」を開発したとされており、「シュレディンガーの手」の内容を匂わせるものになっている。


関連タグ

運命の交差点 428 高峰隆士 末永晶子 海塚正治郎
シュレディンガーの猫 長坂秀佳

関連記事

親記事

運命の交差点 うんめいのこうさてん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「市川文靖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 296

コメント