ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

六つ子たちが大喜利をしている画像に付けられる。
「笑点」と、「おそ松くん」第1作目はどちらも1966年放送開始という共通点があり、2016年に50周年を迎える。
【注】公式ではコラボしていません。

「松」には「ショウ」という読み方がある(例・松下村塾)。

「おそ松くん」「おそ松さん」放送時のメンバーについて

2回目の放送となった1988年、および「おそ松さん」第2クールが放送された2016年は、
どちらも笑点メンバーの交代が起こっている。

モノクロ版(1966年)


※当時真打は談志と円楽のみだった。

第2作目(1988年)

1988年3月を以って桂才賀が降板し、一時降板していた三遊亭好楽が復帰。
以降、2004年まで16年間不動のメンバーとなる。

「おそ松さん」(2015年~2016年)

2016年5月に放送50年を迎えたが、歌丸が司会者を勇退し、昇太が後を継いだ。
そして、昇太に代わり新たに林家三平が加入した。

各キャラの役割

笑点松


赤のままだと座布団運びになってしまうため、おそ松だけ色が変わっていることが多い。
役としては、山田役のチビ太をこき下ろす。

イメージカラーが同じ青系で、性格もキザキャラである。
おそ松とは「大月秩父戦争」をしている。

2016年5月まで司会者だったが、5代目円楽が休演するまでは解答者だった。
解答者としての場合、十四松と一松に挟まれる。


腹黒毒舌キャラとしてメンバー(特にチョロ松)を口撃している。
ちなみに、師匠である5代目円楽も解答者時代はだった。

底抜けに明るく周囲を振り回す。また、駄洒落も多い。

ピンクのキャラだが、他のメンバーが濃いため陰に隠れがち。
しかし、自分の回答ではカメラに向かってどや顔を決めている。

チョロ松を解答者にした場合、イヤミが司会者になっている。


関連イラスト


関連タグ

笑点 おそ松くん/おそ松さん

pixivに投稿された作品 pixivで「松点」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9653

コメント