ピクシブ百科事典

謎解きはディナーのあとで

なぞときはでぃなーのあとで

『謎解きはディナーのあとで』とは、東川篤哉による日本の推理小説。表紙および公式サイトの作画は中村佑介が手掛けている。2011年の本屋大賞受賞作。
目次[非表示]

この程度の事で概要が必要とは、アホでいらっしゃいますか?

世界的なグループの令嬢であり新人刑事の宝生麗子が遭遇した難解な事件を、彼女の執事・影山が現場を見ずとも概要を聞いただけで事件を推理し、解決に導いていく作品。
本格ミステリーの体裁を取りつつ、影山が執事の立場でありながら麗子に毒舌・暴言を吐いたり、上司である風祭と麗子のやり取りなどユーモアをふんだんに取り入れた作風となっている。
小学館のPR誌『きらら』にて連載され、2010年9月に単行本が刊行された。
刊行後1年でも売り上げが伸び続け、2011年8月で累積売上は135万部を突破している。
同年11月10日には第2段、翌年10月には文庫本が出版、同年12月には第3段が刊行した。その第3段が2015年に文庫化した際は特典として名探偵コナンとのコラボレーションストーリーが掲載された。

2011年4月12日の本屋大賞授賞式にて特別劇場が放映され、宝生麗子を竹達彩奈、執事・影山を櫻井孝宏が演じた。(この二人は同作のTVCMでも同じ役を演じている)
また2011年6月より、動画サイトYouTubeにて第1話「殺人現場では靴をお脱ぎください」の特別朗読バージョンが公開されている。ナレーションは三宅健太

漫画雑誌『プチコミック』にて2011年5月号より川瀬あや作画で漫画化され、2011年10月火曜夜9時からはフジテレビで嵐(ジャニーズ)の櫻井翔、北川景子、椎名桔平主演でテレビドラマ化された。主演に櫻井が抜擢された理由としては上記の通り櫻井孝宏が声を当てたCMが放送された際、そこからどういう訳か『ドラマ版の影山は(嵐の)櫻井がやるらしい』と言う風評が広まってしまった事が挙げられている。ドラマ終了後はオリジナルストーリーで映画化もした。

ちなみに当の作者はインタビューにて『映像化するなら影山を向井理、風祭を狩野英孝、宝生麗子は美人の女性なら誰でもいい』と言っていた。
麗子しか合ってね~じゃん


あらすじがお見えにならないその目は節穴でございますか?

新人刑事の宝生麗子は宝生グループの御令嬢だが、仕事場ではその事を隠している。
ある日麗子は上司で同じく御曹司の風祭(こっちは隠していない)と共に不可解な殺人事件に遭遇する。捜査に息詰まっていた彼女が帰宅後、執事の影山に事件の概要を説明すると、即座に彼はこう言い放つ。
「この程度の真相がお判りにならないとは、お嬢様はアホでいらっしゃいますか?」


本作の登場人物の紹介?しばらくの間引っ込んでいて下さいますか?

宝生麗子(ほうしょうれいこ)

謎解きはディナーのあとで


警視庁国立署の新米刑事。世界的な企業グループ『宝生グループ』の総帥の一人娘にして
一流大学を優秀な成績で卒業した正真正銘の「お嬢様」
職場ではこのことを秘密にし、バーバリーのシンプルなパンツスーツを地味に着こなし、伊達眼鏡をかける(これは影山の影響)など刑事らしい堅実な印象を維持することに努めている。
しかし推理となると執事の影山にアホだの節穴だのと散々なまでに扱き下ろしにされてしまい、
その度に「クビよ!!クビクビッ!!!絶対にクビ!!!!!!」と叫んでいる。
ドラマでは隠しているにもかかわらず毎回終盤でお嬢様の格好のまま影山共々犯人の家に堂々と乗り込んでいる。が、上司の風祭には「ホウ・ショウレイ」という外国人と思われている。

影山(かげやま)


麗子に仕える執事兼専属運転手。年齢は30代半ば。宝生邸に雇われてわずか1ヶ月。名前は不明。
ダークスーツと銀縁眼鏡にスマートな体型が特徴。一見謹厳実直を絵に描いたような性格で常に
感情を表に出さないが、麗子に対して慇懃無礼な態度を取っている。もちろん執事らしくきちんと麗子を立てる事もあるのだが前述のとおり特に事件の事となると毒舌ぶりを発揮し、その度に麗子に屈辱を味合わせている。ドラマでは先代執事と入れ替わりに宝生邸にやって来たという設定に変更され、お嬢様である麗子を『お守りする』為にダンボールの中に隠れたり受験生に成りすましてアパートに潜り込んだり殺人現場である家の植木職人になっちゃったりしている。

風祭(かざまつり)
警視庁国立署の刑事。32歳。階級は警部で麗子の直属の上司。こちらも名前不明。
※ドラマでは『京一郎』という名前になっている
自動車会社『風祭モータース』創業者の御曹司であることを鼻にかけている成金主義者。
愛車であるシルバーメタリックのジャガーを乗り回して事件現場に駆け付ける。
部下の麗子を「お嬢さん」扱いするなどセクハラまがいの発言が嫌われているが全く気付いていない。
捜査の指揮を取ってはいるが部下の話に謙虚に耳を傾けず、さらに協調性と慎重さに欠ける。
ドラマでは自慢癖や傲慢振りに拍車がかかり、「はい はい はい・・・」が口癖。
毎回殺人現場に現れる『謎のご令嬢』を自分の部下とは知らずに一目惚れしてしまう。
彼を主役においた『風祭警部の事件簿』というスピンオフドラマが作られ、ノベライズ化もした。

参考の為に付記する事柄。『備考』そう呼んでおけば間違いはございません。

TV版キャストの主人公二人を演じた俳優は、それぞれ有名アニメの実写化において主演級の登場人物を務めた繋がりがある(櫻井翔⇒こちら、北川景子⇒こちら)。
その関係で当該キャラを絡ませたコラボイラストも多い…かと思いきや、絵師側にその発想が無かったのか、2013年10月現在でどう検索しても見つからないのが実情。
腕に覚えのある方、ぜひ挑戦してみてはどうだろうか。

記事と記事とは目に見えない関連タグで繋がっている。それが最も強い絆だということをお忘れなきよう。

小説 ミステリー
探偵歌劇ミルキィホームズTD:第8話サブタイトルのパロディに採用

pixivに投稿された作品 pixivで「謎解きはディナーのあとで」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289708

コメント