ピクシブ百科事典

電王アーマー

でんおうあーまー

『仮面ライダージオウ』に登場するアーマータイムの一つ。(メイン画像の左上がジオウ用と右上がゲイツ用)
目次[非表示]

アーマータイム!
ソードフォーム!
電王!

概要

ジクウドライバーの左側に電王ライドウォッチを装填したアーマータイムで召喚されるライダーアーマー
メイン使用者はジオウ。その名の通り仮面ライダー電王の能力を持つ。

現時点ではDXウォッチダイザーのパッケージとガンバライジングにのみ登場。
CGモデルで描かれており本編に登場するかは不明。

立体物は『装動仮面ライダージオウ RIDE3』にて発売予定、仕様はジオウ専用。

容姿

頭部や胸部はソードフォームを模しており、複眼にはカタカナで「デンオウ」と描かれている。
両肩の装甲はデンライナーゴウカを模している。

必殺技

他のアーマータイムと違い決め台詞由来の名称。

ジオウ

  • 俺のタイムブレーク


ゲイツ

  • 俺のタイムバースト


電王ライドウォッチ

ジオウ 電王アーマー


時の列車に乗って、イマジンと戦うライダーは・・・電王だ!

仮面ライダー電王の能力を持つライドウォッチ。
本編ではオーマジオウが第30話で掲示した「ジオウがまだ継承していない6つのライドウォッチ」の1つとして初登場。
後に第39話にて「必要ならやるよ」とモモタロスからソウゴに譲渡された。続く第40話ではソウゴが後に最低最悪の魔王になると知ったモモタロスに一時没収されてしまうが、アナザー電王の一件を経て桜井侑斗がソウゴを認めた事で、再びモモタロスの手から譲渡された。
そして電王ウォッチ継承後、遂に揃った19個のレジェンドライドウォッチがソウゴの手に集い融合。ジオウは最強の力を手にする事となった。

ちなみにモモタロスが電王ウォッチを持っていた事と、(近年では当たり前になりつつある)電王への単独変身をせずにゲイツやウォズに憑依してゲイツリバイブウォズギンガファイナリーに変身したことから、電王は特異点の存在により歴史改変の影響こそ受けないが、それ以外は他のライダーと同じくライドウォッチが誕生している間は変身できない可能性があり、実際に第40話ではモモタロスが電王に変身しようとしたが出来ずにウォズから「電王ウォッチを(ジオウに)渡しているから電王には変身できない」と言われた。
この為、電王は「歴史改変は受けないが、ライドウォッチが誕生すると変身出来なくなるのは他のレジェンドライダー達(ディケイド以外)と同じ」ということは確定かと思われる(その後、ジオウに呼んで貰った電王に憑依して戦っているが)。

余談

アーマー装着時の『電王!』の音声だが、ソードフォームの待機音の一部を取っている(このような原典の音声を使っているアーマーは他にオーズアーマーがある)。

関連項目

アーマータイム ライダーアーマー
電王

関連記事

親記事

アーマータイム あーまーたいむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「電王アーマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8529

コメント