ピクシブ百科事典

オロラーン

おろらーん

オロラーンとは、ザ☆ウルトラマンに登場するオペルニクス星人フェデリコの友達の怪獣の名称である。
目次[非表示]

データ

ザ☆ウルトラマン』第40話「怪獣を連れた少年」登場

  • 別名:ペット怪獣
  • 身長:103m
  • 体重:10万3千t
  • 出身:オペルニクス星

概要

オペルニクス星人フェデリコと幼い頃から一緒に家族同然に育ち、ペットとして飼われていたとても温厚な性格怪獣で、仲が良いフェデリコの頼みごとにしか応えない。

ピンク色のかみなり竜の様な姿をしており、柔軟なの持ち主で、体を丸めてボールのような形態になって飛行する事が出来る。

外敵には飛行形態の姿での体当たり攻撃や、や胴体を伸び縮見させて相手を締め付けたり、から吐き出す冷凍光線で撃退する。

ヘラー軍ロイガーに騙され地球へとやって来たフェデリコの指示で破壊活動を行うが、駆けつけたジョーニアスからの攻撃を受けると直ぐに戦意を喪失してしまうが、その直後にオロラーンを戦略兵器に仕立て上げようとするヘラー軍に連れ去られてしまい改造され生物兵器・改造オロラーンへと変貌してしまった。  

改造オロラーン

  • 身長:107m
  • 体重:11万2千t
  • 出身:オペルニクス星(ヘラー軍・タイターン基地)


ヘラー軍にとらえられたオロラーンが強化改造を施された姿。
脳改造を施されたためフェデリコの命令には従わなくなり、オレンジ色の体色や1対の長大なと鋭いが生え、背びれを有するという外見に変化しおり、改造された影響で性格も凶暴化し、改造前より強化した冷凍光線のほか、背中しっぽのトゲや鋭いを武器として敵を攻撃する。
ただし、以前のように体を球体にしての飛行能力や体の伸縮が出来なくなっている為、移動の際は宇宙船などの乗り物を使わなければならなくなってしまっている。

また、後頭部に取り付けられた制御装置は、これが外れると細胞分裂を引き起こして死亡、消滅してしまうという一種の安全装置となっている。

改造を施された後、地球侵略用兵器として地球へと送り込まれるとポイント3147のコンビナート地帯で破壊活動を開始する。

オロラーンを止めようと必死に叫ぶフェデリコの声に応える事無く地球防衛軍の戦闘機を次々に撃墜し、続いて駆けつけた科学警備隊のベーダ―ミーとを開始する交戦を開始する。

そこへ登場したジョーニアスとの戦闘に突入すると、最初は互角以上の戦いを繰り広げるが、フェデリコの遺言で弱点を知ったジョーニアスに放り投げられ剥き出しになった弱点の足の裏へ『プラニウム光線(Aタイプ)』を撃ち込まれ地面へと落下。

それと同時に制御装置が破壊されると、細胞分裂を起こし無数のの粒子となって消滅し、ヘラー軍の呪縛から解放されるとフェデリコの待つ世界へと旅立っていった…。

関連項目

オペルニクス星人フェデリコ ウルトラ怪獣 哀しき悪役 ザ☆ウルトラマン みんなのトラウマ

コメント