ピクシブ百科事典

カナリアネジラー

かなりあねじらー

カナリアネジラーとは、『電磁戦隊メガレンジャー』に登場するサイコネジラーの一体。
目次[非表示]

「せめてその声だけでも、トリカエッコ!」
CV:大塚明夫田中恵理

概要

カナリアの遺伝子を持つサイコネジラーの一体。
口からはレーザー光線を発射し、胸からは相手の持つ様々な能力を取り換えることのできる「トリカエッコビーム」を発射する。
地球のカナリアのような美しい鳴き声ではなくオヤジ声であることにコンプレックスを抱いており、美しい声を持つ人間の声を自分の声と入れ替えようと企んでいる。

活躍

デスネジロの中に今誰もいない事をいいことに天下を上げようとしたビビデビによって呼び寄せられた。
ビビデビからトリカエッコビームを授かると、トリカエッコビームでメガレンジャー達の武器を奪ってくるよう命じられたが、作戦そっちのけで自分好みの美しい声の持ち主を上空から探し回り、文化祭のステージでの歌の練習をしていた千里に目を付け追いかけまわした。
元々の戦闘力が低いのかメガレンジャー相手にレーザーをはじかれるなどして軽くあしらわれたためビビデビに撤退を命令されるも、せめて声だけでも手に入れるためにメガイエローの喉にトリカエッコビームを発射し、念願の千里の声を手に入れた。

その後再び現れ、トリカエッコビームで改めてメガレンジャー達の武器とバトルライザーを自分の持っていたモップや変な腕時計と取り換えてしまう。
そして彼らの武器で暴れ回ろうとしたが、武器の使用には音声認識が必要であるとメガレンジャー達にあおられ、バトルライザーで襲い掛かるもメガレッド用の武器であるため大した威力が出ず、メガレンジャー達に教えられた武器使用に必要な音声「インストール・メガレンジャー」を罠とも思わずに叫んだことでメガイエローの変身を許してしまい、メガスリングの攻撃に怯んだところにドリルスナイパーカスタムとマルチアタックライフルの攻撃で倒された。

直後にビビデビに巨大化ウイルスを注入され巨大化。
メガボイジャーを口から吐くビームで迎え撃ったが、ウイングメガボイジャーのウインガースパルタンを受け爆死した。

その後、千里の声は遅くとも2、3日後に元に戻ることになった。

関連タグ

サイコネジラー

コメント