ピクシブ百科事典

ジニアス黒田

じにあすくろだ

ジニアス黒田とは、『超力戦隊オーレンジャー』に登場するマッドサイエンティスト。

「私は人間より、君たちマシンの方が大好きなんだ」
演:市川勇

概要

人間でありながら、マシン帝国バラノイアに協力するマッドサイエンティスト。本名は黒田セイイチ。
世界的な物理工学の権威で、国立科学アカデミー幹部を務める優秀な科学者だったが、二年前に息子の黒田茂と共に失踪し、栃木県りんどう湖ファミリー牧場近くの家に移住していた。

初登場の第17話にてバーロ兵に成り済まして子供を誘拐し、パトロール中の三田裕司をおびき寄せると、彼からパワーブレスを強奪する。
その後、皇太子ブルドントを家に招き入れるとバラノイアが地球を征服した後、日本を自分に引き渡すという条件付きでパワーブレスを与えるという取引を持ちかけたが、ブルドントからの信用は得られず頃合いを見てバラバキュームを出撃させて裕司を吸収し、ブレスの強奪を試みたが失敗。パワーブレスはオーレンジャー達に奪い返されてしまった。

この時、茂が被害を受けたがその体は機械で動いていた。

実は黒田茂は二年前、交通事故で死亡しており今いる茂はコンピューターに移植された頭脳を元に作られたロボット人間だった。
第18話では「人間は車にぶつかった程度で死ぬ」「ロボットなら武器だって内蔵できる」「マシンは地球を支配するのにふさわしい」と恨み節を吐きながら茂を修理すると、バラノイアの月面基地に赴き自ら皇帝バッカスフンドと対面。仲間になりたいと語る。

「妻や子供は簡単に死んだ。そんな人間を作った神が憎い」
「地球上の人間すべてを滅ぼし、マシンが神に変わってこの地上を治めればいいのだ!解るかね?この憎しみのパワーが!ハハハハハハ!」

妻と子供を奪われた彼の強い憎しみにはさしものバッカスフンドも返す言葉がなく、黒田に改造手術を施す。
体内に茂を同化させ、乗り込んできたオーレンジャーを触手と茂をも利用して圧倒。
しかし茂は完全に同化されておらず、父に戦いを止めるよう懇願。それに動揺した黒田を見たバッカスフンドは黒田を見限り、蔦植物型のマシン獣バラアイビーであった触手部分を切り離して黒田を攻撃。致命傷を負った黒田はオーレンジャー達に茂を託し、瓦礫の下敷きとなった。

バラアイビーがオーレンジャーに倒されたのち、茂は死を悟って機能を停止したものの三浦参謀長が体から武器を切り離して生き返らせることを宣言。
その宣言通り茂は復活し、ファミリー牧場でオーレンジャー達と元気な姿を見せたのだった。

関連タグ

超力戦隊オーレンジャー

コメント