ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

金田一少年の事件簿』のFile:11。単行本14~15巻に収録。

本作の筋立ては『金田一』では初めての「最初から犯人が分かっている」倒叙形式(刑事コロンボ古畑任三郎でお馴染み)であり、犯人が「真犯人」に操られ新たな犯罪を繰り返すというシナリオ仕立てになっている。後半のあるシーンでも倒叙形式が使われた。

久々に人気アイドルの速水玲香が登場するが、またもや雪山に閉じ込められて殺人に巻き込まれている。ドラマもアニメもメンバーが玲香のカラダを狙う発言をぼかすのに苦労していた。

ネタバレになるが、『速水玲香誘拐殺人事件』と並ぶ彼女の出生の秘密が明かされる事件となっている。

金田一が犯人と真犯人の両方に殺されかけているが、よく助かったものだ。


あらすじ編集

知らぬ者は無い人気アイドルの速水玲香が突如として失踪した。色めき立つ金田一一であったが、突然玲香の元から一通の手紙が届く。「青森県で父の経営する山荘に来てほしい」と書かれたその手紙を見て一は早速山荘へと向かう。

実は玲香は単に静養に来ていただけであり、一及びついでに付いてきた七瀬美雪は胸をなでおろす。玲香の父・速水雄一郎の経営する山荘にはタロットカードが飾られており、タロット山荘と呼ばれていた。

何はともあれ安堵の息をつく一たちであったが、突如としてカードは盗まれ、殺人劇の幕が下りてしまう…。


ドラマ編集

第2シーズンの第2話として放送され、の放送なので、雪に関するエピソードはすべてカットされた。


変更点は以下の通り。

  1. 一が玲香にマフラーを巻こうとする→玲香が一に背中のホックにひっかかった髪を取るように頼む
  2. 一が真犯人に口封じのために雪山に放置され、美雪から貰った化学繊維のセーターでピンチを切り抜ける→川の激流に放置され、ロケット花火でピンチを切り抜ける
  3. 真犯人が自暴自棄になって外に飛び出した玲香を助けて雪崩に巻き込まれる→自暴自棄になって外に飛び出した真犯人が、ロープウェイ乗り場から転落(周りに自殺を止められるが、自らの意志で手を離した)
  4. 事件解決編で部屋の間取りと動く人物をドールハウスのように俯瞰で見せるという、原作よりも凝った演出が使われ、その時の人物の動きが原作よりも細かくなっている。

アニメ編集

速水玲香初登場エピソード『雪夜叉伝説殺人事件』のすぐあとである40~42話が該当。

伊丹が取材した事件の1つが『飛騨からくり屋敷殺人事件』になっていて(おそらく『親子愛』『赤の他人』『首』繋がり)、原作にも登場した誤射事件の被害者が女子中学生から成人男性(絵のみの説明)に変わっている。

その次に放送されたのは『黒死蝶殺人事件』なのだが、(※ネタバレ注意)わざととしか思えない

黒死蝶の次に放送されたのは『速水玲香誘拐殺人事件』である。


登場人物編集

タロット山荘編集

  • 速水雄一郎:山荘のオーナー。50歳。整った顔立ちで落ち着きのあるオジサン。玲香の事を気にかけている優しいお父さん。片脚が少し不自由。
  • 諏訪正子:2か月ほど前からペンションで働いている力持ちなオバサン。43歳。玲香くらいの年の娘がいるらしい。アニメ版では「井上正子」。

芸能界編集


  • 伊丹五郎:ベテランの芸能リポーター。露悪的な所があり、オーナーの過去を訝しんでいる。
  • 北条アンヌ:伊丹の助手。若くて結構可愛いがやや男勝り。タロットに詳しく、アニメではタロットについて語るのは彼女。

編集

  • 結城英作:以前も登場した変人外科医。検死したりタロットについて話すが、アニメ・ドラマでは未登場。原作内での彼の行動は他の人物に役割が移されている。
  • 滝下間太郎:19歳。アイドルオタクの眼鏡デブ。芸能プロのパソ通をハッキングしてペンションまでやって来た見上げたキモオタ野郎。元ネタは浦見魔太郎。ドラマでは医大生の設定が追加され、検死を担当する。
  • 辻健二:26歳。スキー客だが、遭難して山荘に辿り着いたドジなニイチャン(しかも入浴中の玲香がいた大浴場の窓に張り付いたが、大雪で視界が狭かったため玲香を覗いていない)。関西弁で気のいい性格。ドラマではタロット占いのバイト経験があり、タロットの事を話すのは彼。

怪人「影の脅迫者」編集

山荘で殺人を犯した「表の犯人」を電話口で脅迫し、その事実を悟らせぬために殺人を命じた謎の人物(所謂「間接正犯」という奴)。用が済んだ「表の犯人」をすぐさま殺害し、何食わぬ顔で戻った。

「表の犯人」に殺された被害者をタロットカードに準えて死体を移動させており、以降の犯行も金田一らの目を欺くためタロットカードを模した殺し方を行ったが、それが命取りとなった

なお、タロットカードに見立てるために被害者の死体を風車に括りつけているが、よくよく考えると雪山で一人で被害者の死体を抱え、その状態でかなりの高さがある風車に登って被害者を落とさないように括りつけるという無理のありすぎる行動を取っていた事は後年「犯人たちの事件簿」で自分でツッコんでおり、「トリックって最後はフィジカル」という名言を生み出した。


また、気絶させた金田一を雪山に放置させることで始末しようとしたが、彼が生還したことに、「犯人たちの事件簿」では「ふ…不死身なの…?」と驚愕していた。


登場するタロットの意味編集

10「運命の輪編集

最初の被害者に準えたタロット。回る風車に見立て、スキー場の風力発電風車に死体が結び付けられた。

正位置の意味は「突然の変化」、逆位置は「別れ」。


16「編集

に打たれ崩れ落ちるバベルの塔を模したカード。2番目の被害者は風呂に入っている所にドライヤーを浴槽に投げ込まれ感電死させられた。

全ての大アルカナの中で「最悪の運勢」を表すカードであり、正位置は「悲劇」、逆位置は「無念」「誤解」とロクなものではない。

ちなみに最悪と勘違いされやすい「死神」は逆位置になると「誕生」「結婚」を意味する為、極端なカードになる。


13「吊られた男編集

第3の被害者である「表の犯人」の末路。このカードの紛らわしい名前とタロットのデザインが犯人のボロを露呈する結果となった。

逆位置は「徒労」だが、正位置は「自己犠牲」を表す。


9「隠者編集

金田一が真犯人の姿として選んだカード。

正位置は「慎重」、逆位置は「無計画」「邪推」「陰湿」を表す。言うまでもなく真犯人の性格そのものである。


関連項目編集

金田一少年の事件簿 自縄自縛 ょぅι゛ょ

金田一少年の事件簿外伝犯人たちの事件簿

電脳山荘殺人事件:ノベルス第3弾。同じく雪山の山荘が舞台で、ある防寒具が活躍する事件である。


金田一少年の殺人 → タロット山荘殺人事件 → 蝋人形城殺人事件

関連記事

親記事

金田一少年の事件簿の事件一覧 きんだいちしょうねんのじけんぼのじけんいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3058

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました