ピクシブ百科事典

ツタデンマ

つたでんま

ツタデンマとは、蔦と電話の能力を持つカセットゴウモルと並ぶ仮面ライダーV3と対決したデストロンの機械合成怪人に近いコンセプトのドグマ怪人の名称である

「これで仮面ライダーに邪魔されることもなく、ツタデンマの威力を発揮出来ますぞ‼」
CV/八代駿

概要

仮面ライダースーパー1』第20話「君の家に!ドグマの電話が今夜鳴る」に登場。
中央電話センターを通じて日本中の電話回線から発狂音波を流して大虐殺を実行する作戦『電話占領作戦』を使命とする電話の能力を持つ改造人間

カセットゴウモルと並ぶデストロン怪人のカテゴリーの1つである機械合成怪人に近いコンセプトのドグマ怪人で、上記の作戦実行の為に中央電話センターの局長東山からマスターキーを奪い取る為に、彼の1人のヒロコを執拗に付け狙う。

に付いている受話器武器として用いるほか、のダイヤルを回してここから火炎を放出してを焼き殺す『デンマ火炎』や人間を一瞬のうちに溶かしてしまう『殺人ガス』。そして聞いたものの脳髄を破壊してしまう『発狂音波』やドグマファイター召喚して攻撃する能力を持つ。
ちなみに怪人の体は一応電話としての機能も兼ね備えており、アジトに設置されている電話に電話を掛けて作戦の状況をメガール将軍へと報告したり、に電話を掛けてさり気なく沖一也の状況を聞き出そうとしていた。また、人間態の姿で暗躍することも可能。

スーパー1と激しい攻防戦を繰り広げるが、最後は『スーパーライダー月面キック』を受け、律儀にも最後の力を振り絞って自身の敗北と作戦の失敗をメガール将軍に報告して力尽き爆散した。

関連項目

ドグマ怪人 機械合成怪人 ドグマ王国  電話 仮面ライダースーパー1

関連記事

親記事

ドグマ怪人 どぐまかいじん

兄弟記事

コメント