ピクシブ百科事典

ノベルズ

のべるず

ノベルズ(novels)とは、新書サイズで刊行される小説のこと。メイン画像はノベルズのレーベルである講談社ノベルスのシンボルマーク。
目次[非表示]

概要

新書と同じサイズ(173mm×105mm)で刊行される小説のこと。
また、各出版社のノベルズレーベルから出版される書籍のこと。ノベルとも。
ライトノベル等との最大の違いはレーベルが確立しているのと同時にサイズまで特異なため類別がしやすい点にある。

ペンギン・ブックス等の海外のペーパーバックをモデルにして、国内では1950年代からこのタイプの刊行が開始されたとされる。
60年代に光文社カッパ・ノベルスが『砂の器』や『日本沈没』といったミステリーやSF分野でヒットを連発したことでノベルズを大衆文学の大きな一角として確立させる。
ハードカバー版より小型で持ち運びやすく廉価でもあり、また松本清張赤川次郎ら当時の新進気鋭の作家陣がそろい「攻めた」作品が次々に発表されたことで次第に社会人だけでなく当時の学生ら若者から高い支持を得るようになっていった。

転じて、特に指定がされない場合には「娯楽性が高い大衆小説」全般を示す場合もある。このため、ほとんどの場合は純文学ノンフィクションは含まない。

傾向

取り扱うジャンルは非常に広範囲に及ぶ。
トラベルミステリーもあれば、SFホラー系もあり、BLラブロマンスなどの耽美系、果ては今日のライトノベル的な作風(当時でいえばジュブナイル?)まで揃えており、文字通り何でもありである。

というか、ノベルズ発とされる謎ジャンルがかなり乱発されていて、後の類別に多大な混乱を与えている。
例として、ミステリーにおける新本格戦記小説における架空戦記ファンタジー関連における伝奇ロマンなどがあるが、これらは半ばノリと勢いで設定されたものもあるためか既存ジャンルから区分けするための明確な規定は事実上ほとんど無い
このため、一時期は「エンタメ作品の実験場」としての側面が強かった。

ノベルズの『何でもあり』っぷりを象徴するものにメフィスト賞がある。
これは講談社が主催している新人文学賞であるが、元々は1994年に京極夏彦が『姑獲鳥の夏』を持ち込んでいきなりノベルズ媒体でデビューを決めなんとヒット作となり、続いて1996年に森博嗣が『すべてがFになる』(旧題『冷たい密室と博士たち』)が同じく持ち込みからのノベルズでいきなりデビューしてヒット作となる。これによって、『すべてがFになる』を第1回受賞作、『姑獲鳥の夏』を第0回受賞作とする「メフィスト賞」が創設され、以降文芸誌「メフィスト」に持ち込まれる作品の中で編集者の目にかなったものが受賞してすべからずノベルズで出版➡作家デビューとなるのが慣例となる。
(※現在ではこの限りではない。後述。)
驚くべきはこの賞、ジャンルに関する規定が設けられておらず「エンタメ作品なら何でもいい」。また2014年に講談社BOX新人賞と統合されるまでは文字数にすら制限が無かった。
そのため、あまりの凄まじさに一時期はイロモノ視する批評家や読者が続出。具体的には京極や森に続いた作家が清涼院流水舞城王太郎佐藤友哉西尾維新古野まほろといったメンツだといえばとれほど濃いものであったか想像ができよう。


ただし、上記は高度経済成長~バブル景気といった時代的な要素を背景にした日本という社会が色々と絶頂期だった時の影響が出版業界にも多分にあった頃のはなしであり、現在ではそれほど無軌道ではない。



絶頂と衰退

特に80年代~90年代にかけてSFブームと架空戦記ブーム、さらに新本格ミステリーブームに乗ってこのジャンルでの名作を続々と出版したことでノベルズブームも到来。各出版社が次々にレーベルを立て、田中芳樹佐藤大輔綾辻行人夢枕獏といった著名作家を世に送り出していった。

しかし、90年代初頭より電撃文庫などのライトノベル専門レーベルが次々に創立・発展していき「攻めた」作品群としてのシェアは徐々にこちらに奪われてしまう。また、2000年代以降はインターネット環境の整備やガラケースマートフォンなどの携帯端末の普及により「余暇のお供」としての需要が書籍からこちらに移っていく。そして2010年代以降はWEB小説からのヒット作品が話題の中心になる。

こうした流れの中で各ノベルズレーベルは新規ユーザーの獲得に苦慮するようになり、現在では多数のレーベルが廃刊や休刊を余儀なくされていて、横山信義西村京太郎ら往年の作家による作品を徐々に高齢化する読者が支えているのが現状である。
かつて『銀河英雄伝説』や『レッドサン_ブラッククロス』を世に送り出した名門であるトクマ・ノベルズも『大正野球娘。』以降は話題作に恵まれず、唯一存在感を維持しているは『新本格魔法少女りすか』ら西尾維新の作品を多数抱える講談社ノベルスくらいとなっている。
その講談社ノベルスにしても近年はメフィスト賞受賞作(つまり新人作家)が刊行されることはなく他レーベルにながれてしまうケースが多い。


こんなことから、人によっては「市場としては消滅寸前」という評価を下す者もいる。

文庫市場との関係

ハードカバー版やコミックスと同じく、一度ノベルス媒体で出版して暫くした後に再販される際に文庫化されるケースが非常に多い(だいたい3~5年? 概ね出版経費の回収後といわれる)。名作を文庫媒体で初めて知ったが実はノベルス作品だったと後になって知り意外感を味わうのは読書家なら誰でも経験するものだろう。

ただし、前述のようにノベルス市場の大幅縮小に伴い、2010年代以降の出版業界は新たにノベルスとライトノベルの折衷版(※諸説あり)とされるライト文芸等の新ジャンルのレーベルを文庫媒体で創設し、旧ノベルス層とライトノベル層の統合を企図し始めている。
このため、旧来のノベルスで商業化➡数年後に文庫化され安定化という流れが崩れ、本来ならノベルス媒体で販売されたであろう作品がいきなり文庫版で流通されるケースが多くなり出している。


※注意

Pixivで単に「ノベルズ」と検索すると小説投稿サイト「ノクターンノベルズ」における挿絵…というかエ●画像ばかりが出てくるのでお気をつけください。

  • ただし、全盛期のノベルズ作品も攻めた作風としての反動で非常に濡れ場が多いことでも有名であり、未成年者の保護者からの評判は決して良くなかったという逸話もある。

関連タグ

表記揺れ:ノベルス
小説 大衆小説/大衆文学
ハードカバー…堅い板紙で綴じられた「きちんとした本」。値段がお高めなのがノベルズが支持された理由の一つ。
文庫/文庫本…ノベルズより小型でやや廉価。この形態をラノベレーベルのが採用したのがノベルズ衰退の理由の一つ。

関連記事

親記事

ほん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ノベルズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 191

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました