ピクシブ百科事典

パトロクロス(銀河英雄伝説)

ぱとろくろす

『銀河英雄伝説』に登場する、自由惑星同盟軍の大型宇宙戦艦。艦隊旗艦専用として最初から設計されたアイアース級戦艦の1隻で、第2艦隊旗艦として就役。主人公ヤン・ウェンリーが、初めて艦隊指揮を執った印象深き艦でもある。
目次[非表示]

以下の記述における外観・デザインや性能などに関する設定は、OVA版に準拠したものである。特にデザイン面は漫画版では大きく異なる。原作小説と共通する項目は戦歴程度でしかないことに注意。

概要

 自由惑星同盟の大型宇宙戦艦の1隻で、数多く建造されたアイアース級の姉妹艦。所属は第2艦隊の旗艦で、パエッタ提督の座乗艦でもある。また主人公ヤン・ウェンリー准将時代に参謀(次席幕僚)として勤務していた艦でもあり、同時にヤンが生涯で初めて艦隊指揮を執った、ある意味で記念すべき戦艦でもある。後に疲弊した同盟軍にあって第1艦隊旗艦に転属となる。
 形状は同盟軍特有の縦長で長方体の艦体であり、艦首の武装ブロック、中央部の居住ブロック、艦尾の機関ブロック、の3つのブロックに分かれている。艦首と胴体中央が括れるスタイルは、アイアース級の特徴の一つでもあるが、当艦はネームシップであるアイアースと全く同じ艦体形状をしており、アイアース級シリーズでは完成系とされる設定もある。
 因みにあのラインハルト・フォン・ローエングラムの乗艦である新鋭艦ブリュンヒルトとの直接対決を演じた大型戦艦は、パトロクロスのみである。

経歴

 パトロクロスは、作品上では第4次ティアマト会戦の前哨戦たるレグニッツァ遭遇戦に参加したのが最初で、本戦であるティアマト会戦に参加。その後パエッタの強い再戦希望により、アスターテ会戦に参加するも、無残に大敗し本艦も中破程度の損傷を受けるが、ヤンが指揮を引き継いで全軍瓦解だけは避けられる。再び戦場に現れたのは大分後の事で、同盟軍が末期状態にあってのランテマリオ会戦。これを最後に、当艦の詳細は途絶えてしまっている。

設定

 パトロクロスは、メディアによって幾つかの諸説が存在する。

1、アキレウス級戦艦の6番艦であり、ランテマリオ会戦を最後に詳細不明。
2、パトロクロス級戦艦のネームシップであり、アスターテ会戦での損傷が酷い為廃艦処分となる。
3、アイアース級戦艦の1隻(艦番は不明)で、アキレウス級説同様にランテマリオ会戦後は詳細不明。

最新は3番のアイアース級説で、12000分の1スケールで販売された『コスモフリート・ファイル・コレクション』のらいとすたっふにより設定された。

性能


スペック

  • 全長:1,159m
  • 全幅:72m
  • 全高:m
  • 乗員:名
  • 主兵装
・艦首25㎝中性子ビーム砲×40門
・12㎝荷電粒子ビーム砲×40門
・レールガン×2門
・ミサイルランチャー×12基
  • 戦闘艇:24機

指揮管制

 元から艦隊旗艦としての使命を受けて建造された戦艦であるからして、指揮機能は充実したものである。特にアイアース級特有の艦体上下に備え付けられている巨大な6本のアンテナ(全ての艦がそうではない)や、フィン状のアンテナ類が、その指揮機能の高さを体現していると言えよう。少なくとも1万5000隻の艦艇を同時統率する事が可能と見られる。

攻撃能力

 25㎝中性子ビーム砲を40門備えるため、正面攻撃力は絶大なものである。また側面にも12㎝口径の荷電粒子ビーム砲が合計40門も並び、敵艦載機への対空防御能力の高さを示している。因みに劇中でパトロクロスのみが直接砲撃戦の成果を見せており、帝国軍戦艦「ワレンシュタイン」を一撃で粉砕した(小説版では既にワレンシュタインは損傷していた故に、簡単に撃破された)。
 またパトロクロスは、銀河英雄伝説のアニメ化に際して最初にデザインされた艦でもある為、武装設定も事細かく、レールガンやミサイルランチャーといった豊富な武装に恵まれている(ただし、劇中で使用した場面は無い)。

防御能力

 防御する手法はもっぱらシールド頼みで、これを破られると大抵の場合は一撃で致命傷を負うパターンが多いものの、本艦が敵の艦砲で致命傷をった事は無い。かつてブリュンヒルトと間近で砲撃戦を行った事とがあるが、大した損害は被らなかった。同時に帝国軍戦艦「ケルンテン」との一騎打ちでは、近距離であるに関わらずビームを弾き逸らした(敵方も同様だが)。
 OVA版アスターテ会戦では、味方のスパルタニアンが超至近距離で撃墜・爆発したため、その余波を受けてしまう。劇場版では、砲撃によって損傷したと思われる描写に変更された。ともあれ中破程度の損害で済んだ模様。

航行能力

 同盟軍に一貫して言えることであるが、艦尾の長いスタビライザーの御蔭で高い機動力を有しており、アイアース級も例に漏れない。パトロクロスも同様で、劇場版では気流の乱れの激しい中で機敏に回頭運動をこなしている。

同型の宇宙戦艦

アイアース

 アキレウス級大型戦艦の1隻。宇宙艦隊司令長官ラザール・ロボス元帥の座乗艦。色がカーキ色であることを除けばパトロクロスとの差異は見られない。

リオ・グランデ

 アキレウス級大型戦艦の1隻。宇宙艦隊司令長官(ロボスの後任)アレクサンドル・ビュコック元帥の座乗艦。
 アキレウス級の中でも初期に製造された艦で、785年、790年、796年に機能拡充の大改装工事を受けている。
 就役以来、帝国軍との数多くの会戦で活躍し、マル・アデッタ星域会戦で轟沈するまでは激戦のなかでも無傷を誇った強運の艦であった。

ペルガモン

 アキレウス級大型戦艦の1隻。パトロクロスと同時期に竣工された姉妹艦で、ヴァンフリート会戦、第3次ティアマト会戦といった数多の戦場で活躍した。主な搭乗者はジャン・ロベール・ラップ少佐、ムーア中将。
 アスターテ会戦では第6艦隊旗艦として参戦するが、帝国軍の猛攻により轟沈。

エピメテウス

 同盟軍第11艦隊旗艦にして、同司令官ウィレム・ホーランド中将の座乗艦。
 機関部を強化・延長したことにより機動性が向上。これにより全長1230mの超大型戦艦として竣工した。
 第3次ティアマト会戦でホーランド指揮のもと、第11艦隊と共に帝国軍艦隊を蹂躙したが、攻撃限界点を迎えたところでラインハルト艦隊の斉射を受けて轟沈した。

パラミデュース

 アキレウス級大型戦艦10番艦(パトロクロス級の1隻)。アル・サレム中将率いる第9艦隊の旗艦。
 アルヴィース星系の戦闘でミッターマイヤーの艦隊に蹂躙されて多大な損傷を負った。

盤古(バン・グゥ)

 ウランフ中将率いる第10艦隊旗艦。艦体上下に武装ユニットを追加し、側面の攻撃能力を高めている。そのために艦首のくびれが大きく、艦橋がせり出しているように見える。
 惑星リューゲン軌道上でビッテンフェルト率いる黒色槍騎兵と交戦。第10艦隊の残存艦隊を逃がすために殿を買って出るも、熾烈な戦いの末に轟沈する。

ぺルーン

 第12艦隊旗艦にして、同司令官ボロディン中将の座乗艦。長距離砲を装備し、艦首のくびれがなく艦橋と一体化しているのが特徴である。
 アキレウス級の中でもとりわけ火力に秀でており、全周の75%を射界に納める事ができたと言われている。

シヴァ

ヤン艦隊の幕僚の1人であるエドウィン・フィッシャー中将の座乗艦。
アキレウス級系列の大型艦体の艦首に大きなサイコロ型の主砲ブロックをはめ込み、そこにアキレウス級2隻分の主砲を(かなり強引に)装備するという特異な形状をした艦であり、本来工作艦として設計されていながらヤン艦隊有数の火力艦となった特殊な戦艦である。

関連タグ

銀河英雄伝説 自由惑星同盟 自由惑星同盟軍艦艇 パエッタ ヤン・ウンェンリー 宇宙戦艦

pixivに投稿された作品 pixivで「パトロクロス(銀河英雄伝説)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154

コメント