ピクシブ百科事典

ファイヤバドン

ふぁいやばどん

ファイヤバドンとは、ザ☆ウルトラマンに登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:63m
  • 体重:2万4千t
  • 別名:溶岩怪獣
  • 出身地:太平洋沖の海底火山

概要

第6話「燃える深海への挑戦」に登場。
数億年前に地球上に棲息していたと言われている蝙蝠のような怪獣
海底火山マグマの中に潜み、数千度の高温や深海の水圧にも耐えきれる頑丈な体を持つ。
マッハ7のスピードで空を飛ぶこともできるが、マグマからエネルギーを得ている為地上では5分間しか活動できず、すぐにエネルギー確保のため地底に逃走する。そのため当初は姿が確認されていなかったが、ムツミ隊員が文献を調べた事で正体が発覚した。

火山弾や津波と共に出現し、口から吐き出す火炎で周囲を火の海へと変えると姿を消す。
次に海底火山の噴火と共に出現。周辺を通る船を襲撃しスーパーマードック号のビームを物ともせずに再び海底に逃げる。

そして水中に潜れるよう改造したスーパーマードック号に水中で発見され、腹部に特殊な銛を打ち込まれ、そこへウルトラマンジョーニアスに通電され倒された。

関連タグ

ザ☆ウルトラマン ウルトラ怪獣

コメント