ピクシブ百科事典

少年よ

それがきみのひびき

「少年よ」は、『仮面ライダー響鬼』のエンディングテーマ。
目次[非表示]

概要

作詞:藤林聖子 作曲:佐橋俊彦
歌:布施明



平成仮面ライダーシリーズ第6作『仮面ライダー響鬼』の一之巻から三十三之巻及び最終巻(48話)のEDテーマとして使用された。
平成ライダーでは基本的にアクションソングに統合されているが、本曲は『仮面ライダークウガ』の『青空になる』以来のエンディングテーマとなった。(『青空になる』も藤林が作詞し佐橋が作曲。『クウガ』とは、プロデューサーが高寺成徳で主役スーツアクターが高岩成二ではないという共通点がある。)

劇中では、歌唱した布施明も三十二之巻と三十三之巻に出演しており、三十三之巻の最後は歌に繋がるよう終わっている。

紅白歌合戦


「続いて白組は仮面ライダーの登場です。子供たちにブームを呼んでいる最新作『仮面ライダー響鬼』のテーマソング。布施明さんで『少年よ』。」

2005年大晦日に放送された第56回NHK紅白歌合戦では、布施明がこの曲で出場。
布施明が朗々と歌い上げる中、響鬼威吹鬼轟鬼魔化魍(現れたのはバケネコとウワン)と殺陣と繰り広げる。この殺陣はJAEの監修で披露され、響鬼のスーツアクターはTV版と同じく伊藤慎である。
そして歌の最後にヒビキ役の細川茂樹が現れ、こう告げた。
「ヒビキ、鍛えてます。全国の少年、来年もまた一緒に鍛えようぜ!じゃあな!」

この演出に、総合司会のみのもんたは年甲斐もなくはしゃいでいた。
細川茂樹は同年の大河ドラマ義経』に出演しており、朝8時に『響鬼』、夜8時に『義経』に出演していたことから、「日曜8時の男」と呼ばれていた。

ちなみに本番では音撃棒を持っていなかったが、伊藤氏曰く「『紅白』は生放送であるため、落とすと様にならないから。」という理由だという。

余談

サビの部分の英語「Hit the beat! Keep your beat!」の、theを除いた最初の3単語の頭の部分(ット・ザ・ート! ープ・ユア・ビート!)を繋ぎ合わせて読むと、「ヒビキ(響鬼)」になるという小ネタがある。

関連タグ

仮面ライダー響鬼
始まりの君へ:後期OP

北条響鬼 心が響いた鼓動信じてキュアライダーネタ

外部リンク

少年よ - Wikipedia
【紅白】NHK仮面ライダー響鬼・オンステージ(違)。 - 彩賀の徒然なるままに…

pixivに投稿された作品 pixivで「少年よ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 214055

コメント